超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

ヨーロッパに住んでいる旅行好きです。バックパッカーやキャンプなどはしません(できません)・・・。公共交通機関ばかり利用してきた、これまでの個人旅行記録と旅のHow To。

【イスラエル旅行記】5:エルサレム城壁とオリーブ山ウォーキング

イスラエル旅行、観光3日目。ウォーキングの日です。前半は、城壁を歩き、オリーブ山に登りました。
 

目次

 

ヤッフォ門から歩く城壁ウォーキング

f:id:tabikichi:20190509035233j:plain

ヤッフォ門。英語だとジャッファゲート。ここからステパノ門まで城壁の上を歩けるというので、行ってみました。

f:id:tabikichi:20190513083106j:plain

城壁ウォーキングは有料です。

f:id:tabikichi:20190509035347j:plain
f:id:tabikichi:20190509035344j:plain

入口はこの茶色い看板。青い看板のところでチケットを買います。

ところで、このチケット売り場のおっさんが釣り銭はない、というので、わざわざ細かいお金に崩しにいかなきゃなりませんでした。

f:id:tabikichi:20190509035450j:plain

ここでコーヒーを飲んでちょうどのお金を用意。

もう一回行って、「お釣りがないから」と追い返されている観光客を横目に、チケットを購入。でもチラッとのぞき込んでみたら、手元のボックスに、お札も小銭も大量にありました。この街には「誠意」という意識が存在しないと思う。中近東ってみんなそんな感じかな。

気を取り直して、登る。

f:id:tabikichi:20190509035708j:plain

おおー!なかなか。

道はこんな感じ。城壁の外側から見ると高いけど、内側の住宅街からはそんなに高さはない。簡単に乗り移れそう。

f:id:tabikichi:20190509035752j:plain

しばらく歩いて、わりと大きな広場に着きました。

f:id:tabikichi:20190509040201j:plain

ここ、パンフレットによるとムスリム地区、ユダヤ人地区、クリスチャン地区の3つの地域を見渡せるところらしい。

比較してみました。

f:id:tabikichi:20190509053625j:plain

金色のがムスリム地区にある神殿の丘の岩のドーム、尖った塔の左に見えるドームがシナゴーグ、右に見えるドームが聖墳墓教会

ムスリム地区は屋根の上にゴミが放置してあったり、全体的に治安の悪そうな雰囲気です。

f:id:tabikichi:20190509042348j:plain

キリスト教地区の聖墳墓教会

f:id:tabikichi:20190509053219j:plain

引き続き城壁ウォーク再開です。楽しい。

f:id:tabikichi:20190509053525j:plain

・・・と思ったら、途中ムスリム地区から先、鉄柵に南京錠がかかっていました。えっお金払ったのに?!

f:id:tabikichi:20190509053853j:plain

ヘロデ門の辺りです。しょうがないのでムスリム地区に降りて、地上を歩いてステパノ門(ライオンゲート)を目指しました。

f:id:tabikichi:20190509054032j:plain

落書きとか多くて、やっぱりちょっと怖い。

f:id:tabikichi:20190509054153j:plain

 

オリーブ山方面、教会めぐりウォーキング

ステパノ門(ライオンゲート)から、オリーブ山の教会を回ります。このとき見て回った順路はこんな感じ。

f:id:tabikichi:20190509080759j:plain

じつはガイドブックで見た限り、見ごたえがあるようなすごい建造物はなさそうなオリーブ山。でも、とりあえずオリーブ山に登って旧市街を見てみたかったのです。

それに、イエス・キリストゆかりの施設・モニュメントを踏破していくことで、なんかアイテム集めをしてるみたいな、経験値貯めてってるみたいな気分になってきます。では行ってみよう。

聖アンナ教会

f:id:tabikichi:20190509083203j:plain

ステパノ門(ライオン門)のすぐ手前にある、聖母マリアが生まれた場所という教会。聖アンナとは聖母マリアのお母さんの名前です。生まれた場所は地下深い真っ暗な洞窟の奥にありました。

f:id:tabikichi:20190509083321j:plain
f:id:tabikichi:20190509083318j:plain

照明がないのでスマホのライトで撮った写真。床は水没してます。

ステパノ門(ライオンゲート)

f:id:tabikichi:20190509083501j:plain

ガイドブックにはステパノ門と書いてありますが、街の中の表示はもれなく「Lions Gate」と書かれている。表側にはライオンのレリーフ

門を出たらオリーブ山が見えます。

f:id:tabikichi:20190509084354j:plain

ゲッセマネの園、万国民の教会

キリストが捕らえられた場所。とのことです。

f:id:tabikichi:20190509084721j:plain

オリーブ園です。その隣に新しい教会。

f:id:tabikichi:20190509085519j:plain

キリストが最後の夜、処刑されることを思い苦悶し祈った場所に建てられた教会です。

色々禁止の看板。お花もダメなのか。

f:id:tabikichi:20190509085537j:plain

階段で登る

オリーブ山へは、急斜面の道路がありますが、車通りが激しく、歩道もありません。ので、横に入った階段を上ります。

f:id:tabikichi:20190509085651j:plain

けっこう長いです。登り切ったところに看板。

f:id:tabikichi:20190509085852j:plain

昇天教会

f:id:tabikichi:20190509085932j:plain

モスクとして使われていた、キリストの昇天教会。聖書にある、復活して40日後に昇天したという場所です。入場料がかかりました。

f:id:tabikichi:20190509090056j:plain

この床の岩は、キリストが昇天するときに踏み込んだという足跡。

聖堂の周りに、昔の教会の柱が残ってました。もともとは4世紀に建てられた教会なのだそうです。現在の形は、十字軍時代のもの。

f:id:tabikichi:20190509090155j:plain

他にも各宗派の祭壇があって、興味深い。

f:id:tabikichi:20190509090257j:plain
f:id:tabikichi:20190509090301j:plain

アルメニア正教の祭壇と、ギリシャ正教の祭壇。

f:id:tabikichi:20190509090330j:plain
f:id:tabikichi:20190509090333j:plain

コプト正教の祭壇と、シリア正教の祭壇。

f:id:tabikichi:20190509090406j:plain

素朴な礼拝堂の形が良いです。

主の祈りの教会

少し下ったところにあるきれいな場所。聖書の記述、イエスが弟子に請われて主の祈りを教えた、ということが由来となっているそうです。

f:id:tabikichi:20190509091128j:plain

聖書の言葉が各国語で書かれ、壁に貼られているという。日本語を探したけど見つかりませんでした。

f:id:tabikichi:20190509091211j:plain

あとでインターネットで検索してみると、大聖堂の主祭壇横にあったらしい。そもそも大聖堂を見つけられなかったことを思い出しました。

預言者の墓とユダヤ人墓地

f:id:tabikichi:20190509094759j:plain

ここから先は下り。エルサレム旧市街の眺めが良いです。

f:id:tabikichi:20190509094835j:plain
f:id:tabikichi:20190509094839j:plain

これはキリストゆかりではないけど、旧約聖書預言者の墓のようです。お金を取るらしいので、入口だけちら見。

さらに下ると、左手に墓地が見えてきます。

f:id:tabikichi:20190509095249j:plain

花も何もない、石が置かれただけの不思議な墓地。ユダヤ式の埋葬方法なのかな。

観光地ではないので一般の人は入れませんが、キッパをかぶったユダヤ人が一人、塀に腰かけてぼんやりしてたのが印象に残ってます。

主の泣かれた教会

f:id:tabikichi:20190509095528j:plain

キリストがエルサレムの将来を思って泣いた、という聖書の記述に基づき、20世紀に建てられた教会。新しいです。

f:id:tabikichi:20190509100356j:plain

でもここの良いところは、エルサレムの城壁や神殿の丘のビューポイントだというところ。

f:id:tabikichi:20190522190947j:plain

f:id:tabikichi:20190509100448j:plain

眺めが良いです。ユダヤ人墓地もよく見える。

f:id:tabikichi:20190509100513j:plain

観光客が休憩してました。

f:id:tabikichi:20190509100435j:plain

マリアの墓教会

f:id:tabikichi:20190509100823j:plain

ふもとまで降りてきて、最後に行ったのがここ。マリアの墓教会。アルメニアギリシャの国旗が立っていたので、アルメニア正教とギリシャ正教の共同管理の模様。

ここ、内部は写真撮影が禁止ですが、すごく良かったです!

f:id:tabikichi:20190509101212j:plain

入口だけ撮ったもの。入ったら階段で地下に下りていくという構造がカッコいい。

中にあるマリアの墓は古そうな石です。オリーブ山で見てきた教会、とりあえずゆかりの地を記念して建てました!というのとは違う、本気の信心を集めてきたっぽい雰囲気に痺れました。

エルサレムでは、各宗派が共同管理している教会ほど、その聖地の信憑性が高い気がします。

世界地図を読み直す:協力と均衡の地政学 (新潮選書)

(続く)

イスラエル旅行計画、出入国・移動体験記≫

  1. キリスト教の聖地だから行ってみたかった。イスラエルとパレスチナ自治区 
  2. テルアビブ空港、安息日の入出国体験記 
  3. エルサレムからベツレヘム、ジェリコへの行き方 
  4. エルサレムからティベリア、そこからナザレへの行き方 

イスラエル旅行記

  1. ベツレヘムでキリスト聖誕の地を観光 
  2. ベツレヘムで舌打ちされ、エルサレムでチップが足りないと言われるの巻 
  3. 荒野のオアシスの街、ジェリコ 
  4. カオス!エルサレム旧市街・・・癖の強い宗教人が集まる街 
  5. エルサレム城壁とオリーブ山ウォーキング ⇐今ココ
  6. ヴィア・ドロローサを辿る。聖地巡礼はアイテム集めのゲーム感覚
  7. 程よい田舎感。ティベリアから行くガリラヤ湖畔の教会
  8. 受胎告知の地、ナザレ観光とカフェ
  9. 聖墳墓教会と神殿の丘。異なる宗教の同一の聖地をまざまざと体感
  10. 安息日の新市街観光・イスラエル博物館と十字架の教会