超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

ヨーロッパに住んでいる旅行好きです。バックパッカーやキャンプなどはしません(できません)・・・。公共交通機関ばかり利用してきた、これまでの個人旅行記録と旅のHow To。

【イスラエル】エルサレムからベツレヘム、ジェリコへの行き方

f:id:tabikichi:20190521220532j:plain

2019年4月。9日間のイスラエル旅行に行ってきました。その中で、エルサレムからパレスチナ自治区へのバス移動をまとめました。エルサレムからベツレヘム、それと、エルサレムからジェリコです。それぞれ日帰りです。

 

目次

 

エルサレムからベツレヘムへは21番バス

エルサレムからベツレヘムへは、安息日の土曜日に行きました。ガイドブックにも書いてある、アラブバス21番を利用しました。

ガイドブックによると他の番号のバスでも行けますが、その場合はパレスチナ自治区のチェックポイントの手前で下ろされます。徒歩でチェックポイントを通過後、ベツレヘムの観光中心地までけっこうな距離を歩くか、タクシーに乗らないとならないようです。

21番バスは、ベツレヘム観光地の最寄りに到着するので、観光地までの距離も短く、いちばん簡単っぽい。

ベツレヘム行きのバスステーション

ホテルの人に聞いたら、朝8時に出発すると思う、とのことだったので、7時半にバスステーションに行きました。

バスステーションはここ。ダマスカス門の近くです。

着いたらちょうどバスがいて、すぐに出発しました。7時40分くらい。ラッキーでした。

f:id:tabikichi:20190429090552j:plain

ベツレヘムのタクシーは悪評高い

ところで、事前にベツレヘム旅行記を読み漁ったところ、タクシーの評判が軒並み最悪でした。行き先までに余計な場所を回られたとか、ぼったくりとか、しつこい客引きとか、客引きを断ったら暴言を吐かれたとか、とにかく最悪なタクシー体験ばかりでした。

これを見て、 ベツレヘムでは絶対にタクシーに乗らないように心がけていきました。タクシーを見たら詐欺師と思え。の意識です。

 

21番バス到着地点

21番バスのベツレヘム終点はこの辺り。(下の方)

f:id:tabikichi:20190429083915j:plain

こんなお店の手前で止まります。

f:id:tabikichi:20190429084004j:plain

もう、バスが到着する前からタクシー運転手がうじゃうじゃ待ち構えていて、ノーって言ってんのにしばらく付いてこられました。

 

ベツレヘムからエルサレムは231番バス

帰りは同じ21番バスに乗るつもりで、降りたところの道路向かいにあるバス停っぽい囲いの傍らで待ってました。しかし、30分くらい待ってても、全然バスが来ません。

しばらくして、親切なアラブ人がエルサレム行きのバスは反対側だ、と声をかけてくれました。確かに反対車線、つまり行きの21番バスか止まったのと同じ車線、そのかなり向こうの方に、ずっと止まったままの大型バスがあったのです。番号は231番でした。

f:id:tabikichi:20190429084043j:plain

これは降りた後に撮った写真

この231番バスでは途中検問がありました。座席に座ったまま、パスポートと入国許可証を見せるだけで終わりました。

 

エルサレムからジェリコへは263番バス、そのあと乗り合いタクシー

別の日、エルサレムからジェリコに行きました。ベツレヘムに行ったときと同じバス乗り場に行ったら、ここじゃない、向こうのバスステーションで263番に乗れ、と言われました。

ダマスカス門の近くに、バスステーションは2つある

ベツレヘム行きのバスが出たバスステーションを通りすぎて、ダマスカス門のちょい向こう側、道路に面してる市場が見えますが、その裏側にもう一つのバスステーションがあります。

ジェリコに行きたい、と告げて263番に乗ると、エイザリーヤでタクシーに乗り換えろ、ということでした。

f:id:tabikichi:20190429084225j:plain

市場の裏側

 

263番バス到着地 

下ろされたのは多分ここです。

黄色いタクシーに乗ってジェリコに行け、と運転手。たくさんの黄色いワンボックスカーがひしめいているので、声をかけてくる運転手に、ジェリコ!って言い続けてたら、ジェリコ行きの乗り合いタクシーに乗れました。

乗り合いタクシーの終点は、ジェリコのインフォメーションセンターの前です。

 

ジェリコからエルサレムはタクシーと263番バス

ジェリコからの帰りは、タクシーで、エルサレム行きのバスに乗れるところで下ろしてもらいました。

エルサレム行き263番バス乗り場 

下ろしてもらった場所は、行きで降りた場所とは違いましたが、こんなところです。

f:id:tabikichi:20190429085943j:plain

鍵のオブジェ

ここで、行きと同じ263番バスに乗りました。交通量がすごくて途方に暮れてましたが、タクシー運転手があれだ、あのバス!とバスを停めてくれました。

f:id:tabikichi:20190429090138j:plain

263番のバス

エルサレムで出発したのと同じバスステーションで降りられます。このバスルートも、途中検問がありました。

 

ガザの美容室(字幕版)

(続く)

 

イスラエル旅行計画、出入国・移動体験記≫

  1. キリスト教の聖地だから行ってみたかった。イスラエルとパレスチナ自治区 
  2. テルアビブ空港、安息日の入出国体験記 
  3. エルサレムからベツレヘム、ジェリコへの行き方 ⇐今ココ
  4. エルサレムからティベリア、そこからナザレへの行き方

イスラエル旅行記

  1. ベツレヘムでキリスト聖誕の地を観光
  2. ベツレヘムで舌打ちされ、エルサレムでチップが足りないと言われるの巻
  3. 荒野のオアシスの街、ジェリコ
  4. カオス!エルサレム旧市街・・・癖の強い宗教人が集まる街
  5. エルサレム城壁とオリーブ山ウォーキング
  6. ヴィア・ドロローサを辿る。聖地巡礼はアイテム集めのゲーム感覚
  7. 程よい田舎感。ティベリアから行くガリラヤ湖畔の教会
  8. 受胎告知の地、ナザレ観光とカフェ
  9. 聖墳墓教会と神殿の丘。異なる宗教の同一の聖地をまざまざと体感
  10. 安息日の新市街観光・イスラエル博物館と十字架の教会