超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

ヨーロッパに住んでいる旅行好きです。バックパッカーやキャンプなどはしません(できません)・・・。公共交通機関ばかり利用してきた、これまでの個人旅行記録と旅のHow To。

【アルタとカストリア旅行記】5:カストリア続き。パナギア・マヴリオティッサ修道院とカラフルなファー使いが素敵な邸宅博物館を訪問

アルタとカストリア旅行記、4日目の続き。湖沿いを歩いていくパナギア・マヴリオティッサ修道院と、カストリアフォークアミュージアムを訪問します。

 

目次

 

パナギア・マヴリオティッサ修道院

カストリアの街なかのビザンティン教会を見た後は、湖沿いをてくてく歩いて、パナギア・マヴリオティッサ修道院を目指します。

最後の教会を見たときの住宅街(左)と、湖沿いの並木道(右)。

f:id:tabikichi:20181031223201j:plain
f:id:tabikichi:20181031223243j:plain

並木道を歩いているときに見た、湖。

f:id:tabikichi:20181031224827j:plain

湖沿いの並木道ですが、歩道が整備されているのは一部だけ。かつ、車もけっこうな頻度でスピード出したまま通るので、散歩道のつもりでふらふら歩いてると、轢かれるか、湖に落ちます。

カストリアのマップ。

f:id:tabikichi:20181102213911j:plain

半島の先の方はこんもりした山になっていて、人は住んでません。パナギア・マヴリオティッサ修道院はその山を向こう側にあります。

住宅街から50分近く歩いて、着きました。けっこう広い敷地で、お土産屋や事務所などもあって、カメラを持った観光客や家族連れもちらほらいました。

f:id:tabikichi:20181031224243j:plain

近づくと、外壁にフレスコが残っているのがわかります。

f:id:tabikichi:20181031231257j:plain

建物の外壁のフレスコ。

f:id:tabikichi:20181031225159j:plain

入口のある方の外壁。こっちは一面くまなく残っていて見事です。

f:id:tabikichi:20181031225329j:plain

下の方の絵。

f:id:tabikichi:20181031225504j:plain

何のテーマだろう。棺に入った遺体に矢を打ち込む?棺の中がオイルサーディンの缶詰のよう。

内部がこれまた一面のフレスコ画

f:id:tabikichi:20181031225715j:plain

最後の晩餐っぽい。

f:id:tabikichi:20181031225849j:plain

反対側の壁にあった最後の審判の地獄の図。これが一番立派で、目を引きました。

f:id:tabikichi:20181031230629j:plain

天使に連れてこられる疫病っぽい人。

f:id:tabikichi:20181031230716j:plain

顔半分の人、刺される人。

f:id:tabikichi:20181031230748j:plain

吊り下げられる人。

f:id:tabikichi:20181031230840j:plain

炎で焼かれる人たち。表情が大袈裟じゃないところが余計に恐い。

f:id:tabikichi:20181102094258j:plain

吊り下げられてる人たち、天秤を加えてるのは何でしょう。

f:id:tabikichi:20181102094353j:plain

本によるとこれらの絵は11世紀~13世紀末と言われているようです。

見ごたえのあるフレスコで大満足の修道院でした。 

f:id:tabikichi:20181101012631j:plain

湖沿いの道路にいた鳥。この姿勢のまま動かない・・・。日光浴?

f:id:tabikichi:20181101012710j:plain

 

インテリアが素敵。フォークロアミュージアム

f:id:tabikichi:20181101082033j:plain

のんびり歩いて市街地まで戻ったら、カストリアのフォークロアミュージアムへ行ってみました。

16世紀~17世紀の建物で、1972年に博物館として公開。いつのものかは分かんないのですが、オリジナルの家具がそのまま残っているのだそうです。建物はカストリアマンションと呼ばれる伝統住宅のひとつ。

中に入ると女性の学芸員さんが、英語で一部屋一部屋説明しながら見せてくれます。

f:id:tabikichi:20181102054103j:plain

この家はけっこう大きくて、たくさん部屋があって面白かったです。グラウンドフロアはワインセラーや食物貯蔵庫。

階段を上がって1階は2部屋。この部屋は毛皮工房みたいになってました。

f:id:tabikichi:20181102054233j:plain

天井と天井付近の絵がこれまた素敵。

f:id:tabikichi:20181102084413j:plain
f:id:tabikichi:20181102084403j:plain

その隣は立派な応接室でした。ステンドグラスが素敵。 

f:id:tabikichi:20181102054259j:plain

階段を上って2階です。

f:id:tabikichi:20181102084551j:plain

奥のリビングルーム

f:id:tabikichi:20181102054426j:plain

上の換気扇みたいな扉を通して、隣の小さい部屋でリビングの会話を聞けるようになっているのだそうです。

2階には寝室も二つあります。夫婦用。

f:id:tabikichi:20181102054514j:plain

子供用。

f:id:tabikichi:20181102054511j:plain

カストリアは15世紀頃から毛皮取引で有名な街です。毛皮の要所だけあって、色鮮やかなファーがそこかしこに使われてました。なお、カストリアの冬の寒さは厳しいらしい。

中庭にはボート。庭から見上げるとバルコニーもあります。案内してくれた学芸員さんは美しいでしょう、と自慢げ。確かにこの木製の曲がった梁みたいなのとバルコニーの手すりがすごく良いです。

f:id:tabikichi:20181102054729j:plain
f:id:tabikichi:20181102054735j:plain

庭にはキッチンもありました。

f:id:tabikichi:20181102054845j:plain

全体的になんかトルコっぽい印象でした。でも毛皮がたくさん使われているのがカストリアの伝統なのかな。

f:id:tabikichi:20181102055223j:plain

かつての領主や市長などが住んでいた家らしい。すごく面白かった。

f:id:tabikichi:20181102055335j:plain

博物館を出たところにいた、猫たち。

f:id:tabikichi:20181102055938j:plain
f:id:tabikichi:20181102060027j:plain

 

遊歩道 

f:id:tabikichi:20181102090803j:plain

博物館を出て湖沿いに降りてきました。

この日は天気も良くて散歩日和です。カストリアって街は、教会は面白いし景色は良いしで、良いところです。観光客も多い。

f:id:tabikichi:20181102091012j:plain

遊歩道を堂々と横切るアヒル

f:id:tabikichi:20181102090843j:plain

嘴が鋭くてけっこう凶悪な顔してます。

f:id:tabikichi:20181102091440j:plain

お昼。ギロピタ。

f:id:tabikichi:20181102091135j:plain

f:id:tabikichi:20181102091143j:plain
f:id:tabikichi:20181102092020j:plain

荷物を預けていたアパートメントに戻り、1階のカフェでしばし休憩。オーナーの奥さん(おそらく)が来て、カストリアは気に入った?と言うので、全力でイエスと答えました。

 

おまけ テッサロニキ

アルタとカストリアを満喫して、ただ帰るためだけにテッサロニキに宿泊。

f:id:tabikichi:20181102092324j:plain

さすがに飽きてきたギロリアン生活はここらで打ち止めにして、以前のテッサロニキ旅行で美味しかった覚えのあるシーフードレストランに行き、久しぶりに豪遊。(と言っても二人で35ユーロくらい。)

f:id:tabikichi:20181102092444j:plain

f:id:tabikichi:20181102092503j:plain
f:id:tabikichi:20181102092455j:plain

美味しかった~ 肉ばっか食べてきたので、魚介の料理は感動もひとしおでした。

≪アルタとカストリア旅行計画≫

  1. ギリシャ北西部の街へ、ビザンティン教会建築を見に行く 
  2. ギリシャの教会めぐりの旅・アルタとカストリア。行き方と観光ルート 

≪アルタとカストリア旅行記

  1. 四角い!アルタのパナギア・パリゴリティッサ修道院 
  2. アルタ続き。アギア・テオドラ教会とアルタの街 
  3. ちょっとだけイオアニナ、そして風光明媚なカストリアへ 
  4. カストリアはビザンティン教会の街。個性派揃いの教会めぐりツアー 
  5. カストリア続き。パナギア・マヴリオティッサ修道院とカラフルなファー使いが素敵な邸宅博物館を訪問 ⇐今ココ