超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

ヨーロッパに住んでいる旅行好きです。バックパッカーやキャンプなどはしません(できません)・・・。公共交通機関ばかり利用してきた、これまでの個人旅行記録と旅のHow To。

【アルタとカストリア旅行記】4:カストリアはビザンティン教会の街。個性派揃いの教会めぐりツアー

アルタとカストリア旅行記、4日目はこの旅行の本命、カストリアのビザンティン教会ツアーです。

 

目次

 

カストリアのビザンティン教会群

カストリアには60以上のビザンティン、ポストビザンティンの教会が散らばっています。外を見るのは自由ですが、中を見るには鍵を持ったビザンティン博物館の係員に案内してもらう必要があります。

f:id:tabikichi:20181028220418j:plain

ということで開館時間にビザンティン博物館に来ました。

中はこんな感じ。イコンの展示が主です。

f:id:tabikichi:20181028221302j:plain

見終わったあと、チケットデスクに、ビザンティン教会を見たいことと、前日にアパートメントのオーナーから聞いた名前の人がいないか聞いてみました。その名前の男性は不在で、別の学芸員(たぶん・・・)の男性が案内してくれることになりました。案内できる人は何人かいるみたいです。

挨拶を済ませたあと、自分は全部は英語では説明できないと前置きがありましたが、別にこっちも英語ネイティブじゃないので無問題です。

この学芸員さんに見たい教会をピックアップしたメモを見せると、この6つね、オーケーオーケー、という感じでツアーが出発しました。

 

パナギア・クーベリディキ聖堂

f:id:tabikichi:20181028222432j:plain

まず一つ目。博物館のすぐ近くの広場にありました。

f:id:tabikichi:20181028222224j:plain

クーベリディキというのは、この教会の特徴的なドラム型のドームのことを指すようです。トルコ語でドラムのことをクーベということから、この名前になったらしい。

f:id:tabikichi:20181028222327j:plain

正面の外壁にもフレスコ画がありました。

f:id:tabikichi:20181028222407j:plain

中です!

f:id:tabikichi:20181028222555j:plain

古いフレスコ画が残っていました。

f:id:tabikichi:20181028222641j:plain

そして天井に印象的な図を発見。三位一体を表したものらしい。キリストが赤子のようです。

f:id:tabikichi:20181028222717j:plain

事前に読んだ本によると、東方教会では三位一体の絵って珍しいんだそうです。西側との交流がさかんになったとき、影響を受けたのではないかとのこと。

確かに他では見たことない。色もきれいだし、すごく印象的でした。

f:id:tabikichi:20181029021654j:plain

 

アギオス・ニコラオス・カスニツィ聖堂

f:id:tabikichi:20181029061319j:plain

次は数分歩いたところにある、アギオス・ニコラオス・カスニツィ聖堂。ドームなしの小さな教会です。

f:id:tabikichi:20181029061229j:plain

学芸員さんが、教会を献上しているのがカスニツィだと教えてくれました。地元の貴族の名前だそうです。

f:id:tabikichi:20181029061411j:plain
f:id:tabikichi:20181029061418j:plain

お金を持っている個人が小さな教会を建てるというのが、ビザンティン教会ではよくあるそうです。

入口から見たところ。写真を撮るために身を引いてくれた学芸員さん。

f:id:tabikichi:20181029061749j:plain

この後ろ、入り口の内壁にフレスコ画がのこっていました。聖母マリアの死のシーンが印象的です。

f:id:tabikichi:20181029061905j:plain

 

タクシアルヒス聖堂

f:id:tabikichi:20181029063831j:plain

TAXIARCHIS、とは「秩序の長」という意味で、大天使ミカエルにささげられた聖堂なのだそうです。

f:id:tabikichi:20181029063933j:plain
f:id:tabikichi:20181029063936j:plain

f:id:tabikichi:20181029063959j:plain

シリカ型で、入り口は横にありました。

f:id:tabikichi:20181029064046j:plain

ここも外壁にフレスコ画があります。

f:id:tabikichi:20181029064210j:plain

これが大天使ミカエル。勇ましいです。

f:id:tabikichi:20181029064237j:plain

中です。

f:id:tabikichi:20181029064331j:plain
f:id:tabikichi:20181029064526j:plain

フレスコ画はこのような感じ。こちらも聖母マリアの死のシーンが目立つところにありました。

f:id:tabikichi:20181029064442j:plain

側廊部分から見たところ。

f:id:tabikichi:20181029072431j:plain


アギオス・アタナシオス・ムザキ聖堂

f:id:tabikichi:20181029071123j:plain

次はムザキ聖堂です。壁がセメントで塗り固めたみたいになっていて、言われないと教会だとはわからないかもしれない。

f:id:tabikichi:20181029071149j:plain

ムザキというのはアルバニア人の名前で、トルコ支配時代とセルビア支配時代の間の一時期、カストリアを治めていた一族だそうです。

f:id:tabikichi:20181029071856j:plain

ここは建物の外観に反して、フレスコ画の素晴らしい聖堂でした。

f:id:tabikichi:20181029072355j:plain

入口内側の壁です。

f:id:tabikichi:20181029072533j:plain

後光が宝石のカットみたいに反射しているキリスト。

f:id:tabikichi:20181029072614j:plain

14世紀末のフレスコ画だそうです。

f:id:tabikichi:20181029072651j:plain

細かいところも面白くて見飽きないフレスコでした。表情も良いです。

f:id:tabikichi:20181029072840j:plain

キリストの洗礼。ヨルダン川の水流が激しそう。

f:id:tabikichi:20181029072851j:plain

 

アギオス・ステファノス聖堂

f:id:tabikichi:20181029082407j:plain

次はアギオス・ステファノス聖堂です。

f:id:tabikichi:20181029082503j:plain

ここはこれまでの聖堂に比べると比較的大きいです。入口のある角度から見たところ。

f:id:tabikichi:20181029201814j:plain

中です。主身廊の天井に、目立つフレスコ画がありました。本によると、幼年、老人、壮年のキリストを描いたものらしい。これも他では見たことないテーマです。

f:id:tabikichi:20181029201852j:plain

この天井はすごく高いです。壁を見上げたところ。天井にちょっと見えている頭が、先ほどの天井画の、幼年のキリスト。

f:id:tabikichi:20181029202055j:plain

この教会にはロフトがありました。手すりも何もない狭い階段です。登ってみると良いよ、足元は気をつけて、と学芸員さん。

f:id:tabikichi:20181029202206j:plain

登ったところ。学芸員さんによると、ここは女性の席なんだそうです。えー何それユダヤ教みたい。

f:id:tabikichi:20181029202407j:plain

ロフトの小窓からは、高いところのフレスコ画がよく見えます。主祭壇は遠い。

f:id:tabikichi:20181029202508j:plain

小窓の内側には厳格な顔をした聖母マリア。すごい、厳しそう。

f:id:tabikichi:20181029202658j:plain

ここはロフト構造とか、3世代のキリストとか、他では見たことのないものが見られて、とても満足度の高い教会でした。

 

アギイ・アナルギリ聖堂

f:id:tabikichi:20181029205617j:plain

最後の教会、アギイ・アナルギリ聖堂です。

f:id:tabikichi:20181029205713j:plain

ここも入口にフレスコ。

f:id:tabikichi:20181029205738j:plain

中です!なかなか広くて見ごたえのある教会でした。

f:id:tabikichi:20181029213733j:plain

ナルテックスの壁の馬(ペガサス?)がなんか可愛かったです。

f:id:tabikichi:20181030071037j:plain

学芸員さんが、壁の剥がれたところを教えてくれました。フレスコ画の上から新しい壁が塗られて、さらにフレスコで装飾されているところ。2回上塗りされているようです。

f:id:tabikichi:20181030071104j:plain

マリア様にこの教会をささげる寄進者の姿。光が少なくてあんまり写真がきれいじゃないですが、ひげを生やした男性ぽい。

f:id:tabikichi:20181030071548j:plain

そしてその後ろは妻でしょうか・・・この人の表情ははっきり分かって、なんか面白かった。

f:id:tabikichi:20181030071237j:plain
f:id:tabikichi:20181030071240j:plain

内部を他の角度から見たところ。

f:id:tabikichi:20181030071347j:plain

この絵がすごくきれいでした。やっぱこう、マリアとかキリストの死のシーンは民衆に人気なのかなと思います。嘆く顔もいろいろな教会で表情豊かで面白い。

f:id:tabikichi:20181030071444j:plain

窓の下、ペンテコステかな。

f:id:tabikichi:20181030071500j:plain

 

これで6軒のビザンティン教会めぐりは終了。学芸員の男性にお礼を言って、別れました。すごく面白かったです!大満足。

f:id:tabikichi:20181029205657j:plain

この後湖沿いをぐるっと回って、パナギア・マヴリオティッサ修道院を目指します。 

 

(続く)

≪アルタとカストリア旅行計画≫

  1. ギリシャ北西部の街へ、ビザンティン教会建築を見に行く 
  2. ギリシャの教会めぐりの旅・アルタとカストリア。行き方と観光ルート 

≪アルタとカストリア旅行記

  1. 四角い!アルタのパナギア・パリゴリティッサ修道院 
  2. アルタ続き。アギア・テオドラ教会とアルタの街 
  3. ちょっとだけイオアニナ、そして風光明媚なカストリアへ 
  4. カストリアはビザンティン教会の街。個性派揃いの教会めぐりツアー ⇐今ココ
  5. カストリア続き。パナギア・マヴリオティッサ修道院とカラフルなファー使いが素敵な邸宅博物館を訪問