超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

ヨーロッパに住んでいる旅行好きです。バックパッカーやキャンプなどはしません(できません)・・・。公共交通機関ばかり利用してきた、これまでの個人旅行記録と旅のHow To。

【パレルモ旅行記】食べ物編。美味しかったレストラン、病みつきファストフード、のんびりできるカフェ

パレルモ旅行記食べ物編。 

 

目次

 

シチリアは食べ物が衝撃的においしい

2泊3日のパレルモとその近郊の街の旅行中に、たくさん美味しいものを食べました。今まで訪れたイタリアの中でも、間違いなくナンバーワンに美味しい街でした。食べ物目当てにまた行きたいくらいです。

ローマやミラノなどの大都会でも、よく見るとシチリア伝統お菓子屋さんとか、シチリアファストフードを出すお店がありますが、そのわけもわかります。だって美味しいんだもの。

ということで、美味しかったレストランやファストフードなどをご紹介。

 

美味しかったレストラン

事前に調べて、賑わってたり、口コミの多いところを選んで行きました。

Casa Del Brodo

f:id:tabikichi:20181216111136j:plain

ヴィットーリオ・エマヌエーレ通り沿いにあるレストランです。アパートメントからすぐ近くだったので、初日のお昼に行きました。 

f:id:tabikichi:20181216111228j:plain

シチリア風サーディンパスタは、鰹節みたいな乾燥した魚粉がかかってました。美味しい!

f:id:tabikichi:20181216111304j:plain

トルテッリはスープがしみじみ美味しかったです。夜中とかに食べたくなる味。

f:id:tabikichi:20181216111340j:plain

牛タンをスープで煮たものに緑のソースをつけて食べる。このソースがさっぱりレモンのさわやかな風味で、何か魚卵っぽいものと混ぜてあってすごく美味しかった。シチリアの伝統的なソースだ、と言ってました。

 

Garraffo

f:id:tabikichi:20181216112032j:plain

マリーナ広場に面して、レストランが密集しているエリアにあるレストラン。ひときわ混雑してたので、行ってみました。ここもアパートメントにすごく近いところです。

f:id:tabikichi:20181216112239j:plain
f:id:tabikichi:20181216112248j:plain

昼に続いてサーディンパスタ。もう一つはボンゴレ。美味しかった。

f:id:tabikichi:20181216112338j:plain
f:id:tabikichi:20181216112342j:plain

タコのグリルとカジキのステーキ。タコはなかなか美味しかったです。カジキはあっさり。すぐ食べ終わってしまいました。

f:id:tabikichi:20181216112447j:plain

調理しているところが外から見えます。

Mercede

f:id:tabikichi:20181216113241j:plain

ここは新市街にあって、アパートメントからは遠かったのですが、複数の日本人のブログで紹介されていておいしそうだったので、事前に予約して行きました。

f:id:tabikichi:20181216113438j:plain

生ガキ。

f:id:tabikichi:20181216113302j:plain

タコとセロリのサラダ。完璧なタコです。今まで食べた中で、ジェノヴァで食べたのと1,2を争うくらい美味しいタコでした。

f:id:tabikichi:20181216113321j:plain

絶品うにパスタ。これはもう一度食べたいです。

f:id:tabikichi:20181216113324j:plain

絶品ロブスターとトマトのパスタ。だしがすごい出てました。

f:id:tabikichi:20181216113445j:plain

ウルフフィッシュ(オオカミウオってやつ?)のアクアパッツァ。改めて画像を見るとけっこうグロですけど、白身の魚にスープが染みて、最後まで美味しかったです。すぐ満席になってたので、予約しておいて良かった!

 

病みつきファストフード

レストランに入らないで適当に済ませたいとき、食べ歩きに便利なファストフード。でもそんな適当なものが本当に美味しい街でした。

 

Peccati di Gola

f:id:tabikichi:20181216115052j:plain

チェファルーの路地裏にある小さいパン屋です。

ここで食べたアランチーニ(ライスコロッケ)が今までのベストアランチーニです。

アランチーニというのは、ライスにモッツァレラやハムなどを混ぜた大きなおにぎりに、衣をつけて揚げたもの。

聞くだけで美味しそうな、ナポリシチリア由来のファストフードです。

f:id:tabikichi:20181216115125j:plain

メジャーだし、そんなに難しいものでもないと思うのですが、これをイタリア人ではない人が作ると、悲惨な食べ物が出来上がります。

自分がこれを初めて食べたのは、なぜかフランスの屋台だったのですが、あまりの美味しくなさに半分も食べ切れなかったということがありました。

それ以来アランチーニは(見た目おいしそうだけど)危険・・・と、うっかり手を出さないようアラーム込みで遠巻きに眺めてきました。でも、ここ本場シチリアに来てアランチーニを試してみて良かったです!

美味しいアランチーニはお米がリゾットみたいな出来で、ふわっとしてて、脂っぽくなくてさくさく食べられるんですよね。

イタリア国内でも、レストランの前菜とかで、もっとミニサイズの冷えたようなのを出すところがありますが、あれもあんまり美味しくないです。やっぱりオレンジくらいのサイズで、ほかほかのものを食べなければ。

 

Franco u Vastiddaru

f:id:tabikichi:20181216120831j:plain

こちらも有名店です。マリーナ広場の近くにあります。昼も夜も大混雑でした。大鍋で煮込まれてるモツをパンに挟んだ、モツバーガー。

f:id:tabikichi:20181216120933j:plain

パルミジャーノチーズをかけてくれます。美味しくてお腹いっぱいになりますが、臓物系が好きな人向け。

 

ジェラート
f:id:tabikichi:20181216122014j:plain
f:id:tabikichi:20181216122223j:plain
f:id:tabikichi:20181216122021j:plain
f:id:tabikichi:20181216122232j:plain
f:id:tabikichi:20181216122029j:plain
f:id:tabikichi:20181216122242j:plain

ピスタチオのジェラート、中身がアイスのカノッリ、リコッタチーズのジェラートにドライフルーツが入ってるやつをブリオッシュに挟んだもの。場所はそれぞれ、パレルモ、チェファルー、モンレアーレのジェラテリア

 

のんびりカフェ

カフェには2店舗入りました。

Cioccolateria Lorenzo

f:id:tabikichi:20181216144924j:plain

シチリア州立美術館の近くにあるカフェです。店内にも席がありますが、お店の外の席が涼しくて気持ち良い。

f:id:tabikichi:20181216145009j:plain

テーブル席から日よけを見上げるとこんな感じ。

f:id:tabikichi:20181216145045j:plain

手作りらしいケーキとコーヒーを楽しめます。美術館に行く前に、朝ごはんを兼ねてここでのんびりしてました。

f:id:tabikichi:20181216145200j:plain


Antico Caffe Spinnato

f:id:tabikichi:20181216145532j:plain

ガイドブックにも載っている新市街の老舗カフェ。暑くて炭酸ドリンクを飲んだだけですが、やたらと広いです。日曜も開いてます。