超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

ヨーロッパに住んでいる旅行好きです。バックパッカーやキャンプなどはしません(できません)・・・。公共交通機関ばかり利用してきた、これまでの個人旅行記録と旅のHow To。

【パレルモ旅行記】1:半日でたどる、魅惑のパレルモ旧市街と世界遺産の教会めぐり

2泊3日のパレルモ旅行記です。1日目は14時半頃からスタートして旧市街の世界遺産を観光。

(旅行計画はこちら)

【パレルモ】シチリアに行きたい!歴史が生み出した、文化混淆様式の建築群を見に行く。(丸2日と6時間) - 超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

【パレルモ】世界遺産を見る。2泊3日に収めるパレルモとその近郊の回り方(丸2日と6時間) - 超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

 

目次

 

シチリアに上陸

f:id:tabikichi:20181208050232j:plain

シチリア島に着きました!空港からはこのバスでパレルモへ向かうのです。

パレルモ

f:id:tabikichi:20181208050303j:plain

パレルモは大都会でした。アパートメントは看板が出てなくてわかりづらかったですが、ここの2階です。オーナーに連絡して、しばらく待つ。

f:id:tabikichi:20181208051502j:plain

バルコニーから。

f:id:tabikichi:20181208051611j:plain

 

プレトーリア広場

f:id:tabikichi:20181208050407j:plain

アパートメントの鍵を受け取って、ランチを済ませたら、さっそく観光開始。すでに14時半を過ぎてました。まず最初に見たのがプレトーリア広場です。

f:id:tabikichi:20181208051807j:plain

2~3年前に、どこかのファッションブランドがここでショーを行ったらしい。

f:id:tabikichi:20181208052152j:plain

中央が高くなっていてそこから四方に階段が出ていたり、これでもかとちりばめられる彫刻。おまけに水も出ていて、演出効果も抜群。ステージとしてはこれ以上ないほど申し分ないところです。

f:id:tabikichi:20181208052205j:plain

水が涼し気。

f:id:tabikichi:20181208052500j:plain

 

サン・カタルド教会

f:id:tabikichi:20181208054704j:plain

続いてすぐ近くのサン・カタルド教会です。12世紀のノルマン時代の建築だそうです。ここは昼休み後、15時から開いてます。左にちらっと見えるのがマルトラーナ教会。こちらは15時30分から。

事前に画像などで見ていたけれど、赤い丸いドームがすごく不思議。

この赤いの、材質は何なんでしょうか。色はどうやって出している?まさか12世紀からずっとこの色を保っている?!さすがに塗り直したり、してますよね・・・

材質を確かめたく間近でじっくり観察、というわけにも行かず、いまだにモヤモヤしたままです。ガイドツアーだと聞いたらすぐ教えてもらえるのかな。

f:id:tabikichi:20181208054825j:plain

後陣部。シンプルです。

中もすごくシンプル。赤い丸屋根の内側は他の壁の部分と同じ石材で覆われてました。

f:id:tabikichi:20181208055037j:plain

床モザイク。

f:id:tabikichi:20181208055258j:plain

 

クアトロカンティ

すぐ近くがクアトロカンティです。建物の角をそぎ落として美しく飾りつけしたみたいな、そんな交差点です。

f:id:tabikichi:20181212014544j:plain

写真を撮る観光客がたくさんいて、歩行者天国かと思いきやそうではないので、曲がってくる車に気を付ける必要あり。

 

マクエダ通り

まだマルトラーナ教会が開く時間ではないので、マクエダ通りを少し歩きました。

f:id:tabikichi:20181212014802j:plain

建物の壁の剥げかけた感じが南イタリアっぽい。

f:id:tabikichi:20181212014851j:plain
f:id:tabikichi:20181212014855j:plain

大通りは整然としてますが、ふと横を見ると田舎っぽい道が伸びてます。

マルトラーナ教会

マルトラーナ教会まで戻ってきました。15:30を5分ほど過ぎても開かないので、ドアの前には観光客の人だかり。そのうちドイツ人っぽい(イメージですが)男性がドアをどんどん叩いて、ようやく開きました。 

f:id:tabikichi:20181212214642j:plain

中は素晴らしいモザイク。何度も改修されているみたいですが、モザイクだけ見るとほんとにビザンティンです。

f:id:tabikichi:20181212214757j:plain

なお、ビザンティン建築関係でいつも参照している愛読参考書によると、ここで見るべきは手前の壁に描かれた、ルッジェーロ二世とアンミラリオ海軍提督の姿です。

f:id:tabikichi:20181212214916j:plain
f:id:tabikichi:20181212214912j:plain

聖母マリアに跪く提督と、キリストから王冠を授けられるルッジェーロ二世。

この2つのモザイクは、今は取り壊されてしまったナルテックスにあったものだろう、とのこと。寄進者の姿を描くのはビザンティン教会でよく見る方式です。そして神から戴冠されるのは、王権を示すわかりやすい図です。

ちなみに提督のこの変な恰好、修復がまずくてこうなったそうです。

f:id:tabikichi:20181212223447j:plain

マントの格子模様をつくるテッセラ、並びがガタガタです。もともと描かれたのを見てみたかったな。

あと、上の方に受胎告知。

f:id:tabikichi:20181212224152j:plain
f:id:tabikichi:20181212224200j:plain

マリア様が何かの作業中に驚いていらっしゃる様子。

この聖堂はアラブ様式もノルマン様式も影を潜め、かなりビザンティンを全面に出した教会とのこと。

例えばモザイクに描かれている文字はすべてギリシア語です。戴冠されるルッジェーロ二世の衣服もビザンティン風衣服なのだそうです。


ノルマン王宮・パラティーナ礼拝堂は翌日に持ち越し

16時頃に訪問したところ、

・今日の午後はパラティーナ礼拝堂と王宮はクローズしている。
・今から見られるのは特別企画展だけだ。
・明日は8:30から12:00までなら見学可能。それより後は特別企画展のみ。

ですって!!

我々だけでなく詰め寄る観光客に、何度も同じ英語セリフを繰り返す係員。19時まで開いてるって、調べてきたというのに。。。この事態です。

翌日は8:30の電車でチェファルーに行く予定だったけど、朝1番にここにきて、見学後、9:38の電車で行くことにしました。

ノルマン王宮の近くにあるPorta Nuova。

f:id:tabikichi:20181212230941j:plain

彫刻の人物像が独特で面白かったです。

f:id:tabikichi:20181212231017j:plain

ターバンで髭のおっさんがイヤーンって言って胸を隠しているみたいに見える。

f:id:tabikichi:20181212231054j:plain

かなりズームしてみたけど、やっぱり表情もイヤーンって感じでした。

 

サン・ジョバンニ・デッリ・エレミティ教会 

f:id:tabikichi:20181213025522j:plain

気を取り直して残りの世界遺産を観光します。 

f:id:tabikichi:20181213025345j:plain

アラブの宦官の帽子を模したという赤い丸屋根が見えてきます。・・・いい感じに廃墟です。

f:id:tabikichi:20181213025444j:plain

内部はがらんとしててほんとに廃墟。

f:id:tabikichi:20181213030027j:plain

装飾っぽいものはこれだけ。

f:id:tabikichi:20181213030534j:plain

この教会は中庭が素敵でした。

f:id:tabikichi:20181213030618j:plain

回廊の廃墟です。

f:id:tabikichi:20181213032005j:plain

雰囲気が良くて何枚も同じ写真を撮ってしまった場所でした。ただしここは蚊が多い!受付の人も蚊取り線香炊いてました。


パレルモ大聖堂

f:id:tabikichi:20181213065341j:plain

最後はパレルモ大聖堂に来ました。

f:id:tabikichi:20181213065438j:plain

ここは19時まで入れます。が、いくつかのセクションに分かれていて、屋根の上への入場は17時でおしまいとのこと。ちょうど17時頃行ったので、屋根の上はあきらめ、その他を見学することにしました。

まずは宝物庫。

f:id:tabikichi:20181213065748j:plain
f:id:tabikichi:20181213065756j:plain

そして地下クリプタ。

f:id:tabikichi:20181213065844j:plain

f:id:tabikichi:20181213065850j:plain
f:id:tabikichi:20181213065901j:plain

レリーフや彫刻のある石棺がたくさんありました。

大聖堂内部はいたって普通です。

f:id:tabikichi:20181213070018j:plain

後ろの方にあるのが、この大聖堂の必見ポイントでもある、皇帝の墓。

f:id:tabikichi:20181213075520j:plain

でもやっぱりこの大聖堂の一番の見どころは建物だと思います。まさにアラブ・ノルマン様式。ゴシックに混じるアラブな雰囲気が、エキゾチックで素敵です。

f:id:tabikichi:20181213075605j:plain

この辺の奥に見えるタイル模様がアラブっぽい。

f:id:tabikichi:20181213075621j:plain

すごくパレルモっぽい印象的な建物でした。

f:id:tabikichi:20181213075715j:plain

(続く)

パレルモ旅行計画≫

  1. シチリアに行きたい!歴史が生み出した、文化混淆様式の建築群を見に行く。
  2. 世界遺産を見る。2泊3日に収めるパレルモとその近郊の回り方 

パレルモ旅行記

  1. 半日でたどる、魅惑のパレルモ旧市街と世界遺産の教会めぐり ⇐今ココ
  2. 1日モザイク漬け。パレルモのパラティーナ礼拝堂、チェファルーとモンレアーレの大聖堂
  3. 日曜のパレルモでのんびり美術館を観光
  4. 食べ物編。美味しかったレストラン、病みつきファストフード、のんびりできるカフェ