超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

ヨーロッパに住んでいる旅行好きです。バックパッカーやキャンプなどはしません(できません)・・・。公共交通機関ばかり利用してきた、これまでの個人旅行記録と旅のHow To。

【オルヴィエート旅行記】雲海を見下ろす街で、裸体&裸体の礼拝堂に感動

クリスマス前の時期に行った、ウンブリア州の都市スポレートとオルヴィエートの旅行記です。最終日はオルヴィエートの大聖堂や古い教会を観光。

目次

 

オルヴィエートに到着

19時半頃、オルヴィエートに到着です。

f:id:tabikichi:20190118175615j:plain

オルヴィエート名物のケーブルカー。崖の上に着いたら、タイミングよくドゥオーモ広場行きのバスが待機してたので、それに乗って市街地まで行きました。ケーブルカーと同じ切符を見せれば乗れます。

夜ライトアップされている、オルヴィエートのドゥオーモ。

f:id:tabikichi:20190118175900j:plain

ホテルはここから歩いてすぐの、レプブリカ広場の奥。

f:id:tabikichi:20190118184020j:plain
f:id:tabikichi:20190118184029j:plain

歩いてどこにでも行けて便利でした!

www.booking.com


ディナー:La Paromba

ホテルにチェックインしたのが20時過ぎ。まだイタリア人の夕食時間帯です。日曜なので閉まっているお店も多いかと思い、ホテルの近くにあるレストランをグーグルマップで検索。

そしたら、日本人に人気の有名なレストラン「La Paromba」がホテルのすぐ近くでした。しかも日曜も開いているし、閉店時間も22時と余裕があります。(他のレストランは21時半閉店などが多かった。)

f:id:tabikichi:20190118184730j:plain

ということで早速入店。席は8割がた埋まってましたが、座れました。

f:id:tabikichi:20190118184844j:plain
f:id:tabikichi:20190118184846j:plain
f:id:tabikichi:20190118184853j:plain
f:id:tabikichi:20190118184904j:plain

ウンブリケッリという手打ち太麺パスタと、セコンドにトリュフオムレツと鳩の赤ワインソース。ウンブリケッリはうどんぐらいの太さ。イタリアのロングパスタに関する過去記事で、スポレートのストランゴッツィと同じ種類みたいにまとめちゃったけど、これ、トスカーナのピチという太麺そっくりです。 

オルヴィエートは白ワインがおいしいとガイドブックに書いてあったので、ハーフボトルで頼んでみました。飲みやすくて美味しい。

f:id:tabikichi:20190118191925j:plain

パスタもセコンドも美味しいし、サービスが暖かくて、居心地が良かったです。日本人に人気というのも納得のお店でした。

 

雲海が見える!天空の城感が半端ない

オルヴィエートの朝。この日は月曜なので、ほとんどの美術館・博物館がクローズしているので、お目当ての教会をゆっくり観光する予定です。14時台の鉄道でローマへ戻るので、午前中から活動開始。

f:id:tabikichi:20190118192159j:plain

オルヴィエートの街並み。昨日までいたスポレートとはやっぱり、微妙に雰囲気が異なります。オルヴィエートの方が都会っぽいかな。

f:id:tabikichi:20190118192334j:plain

ホテルから近かった、カーヴァの井戸。月曜休みです。この蓋付きのが井戸?

古いフレスコ画がたくさんあるというサン・ジョヴェナーレ教会を目指して歩きます。

f:id:tabikichi:20190118192610j:plain

入口っぽいものは発見しましたが、正面ファサードを見たかったのでぐるっと回り込んでみると。

f:id:tabikichi:20190118192644j:plain

すごーい!!

f:id:tabikichi:20190118192721j:plain

どれだけ高いところにいるのか?天空の城感、半端ないです!真っ白。

雲のかかってないところの景色も、普通に見栄えが良い・・・

f:id:tabikichi:20190118192932j:plain

雲海から顔を出す孤高の家。

f:id:tabikichi:20190118193021j:plain

しばらく非現実感を堪能しました。 

 

サン・ジョヴェナーレ教会

f:id:tabikichi:20190118210307j:plain

雲海を見下ろすように建つ教会。

f:id:tabikichi:20190118215234j:plain

内部の壁には古いフレスコ画が残っています。

f:id:tabikichi:20190118215317j:plain

f:id:tabikichi:20190118215336j:plain
f:id:tabikichi:20190118215340j:plain
f:id:tabikichi:20190118215434j:plain
f:id:tabikichi:20190118215737j:plain

絵のタッチが様々なので、いろんなアーティストが様々な年代に描いたものだと思います。味があって面白い。

最後の晩餐。f:id:tabikichi:20190118215820j:plain

キリストが枠の向こう側から身を乗り出して説教をしている・・・ちょっと漫画的な描き方が面白い。f:id:tabikichi:20190118215850j:plain

磔にされるキリストと、嘆くマリアの顔アップ。f:id:tabikichi:20190118220017j:plain

f:id:tabikichi:20190118220055j:plain

古いフレスコ画をじっくり鑑賞できる、おすすめ教会です。

 

その他の教会など

サン・ジョヴェナーレ教会を出てから、大聖堂までの道までに見た教会や宮殿いろいろです。

サンタゴスティーノ教会
f:id:tabikichi:20190118223354j:plain
f:id:tabikichi:20190118223357j:plain

内部は教会ではなく、彫刻が置いてあるそうですが・・・月曜で閉まってました。

サンタンドレア教会

f:id:tabikichi:20190118223638j:plain

隣の塔が文句なしにかっこよい教会。

f:id:tabikichi:20190118223641j:plain
f:id:tabikichi:20190118223647j:plain

地下にエトルリア時代だか、ローマ時代だかの遺構があるらしいのですが・・・それっぽい階段や入口を見つけられず。もしかして有料だったのかな。

天井の丸窓から差し込む太陽がスポットライトみたいになってました。

f:id:tabikichi:20190118223717j:plain

ポポロ広場のポポロ宮

f:id:tabikichi:20190118223938j:plain

どっしりとカッコいい宮殿。ポポロ宮殿をグーグルマップで見ると、英訳されてPeople Palaceという、なんか公民館みたいな名称になってます。日本語に訳すと「人民宮殿」かな。

サンタンジェロ教会
f:id:tabikichi:20190118224249j:plain
f:id:tabikichi:20190118224252j:plain

正面のメダイヨンっぽい装飾が可愛いです。入ってみたらすごく白い、新しい教会でした。

 

オルヴィエートの大聖堂

f:id:tabikichi:20190119043829j:plain

オルヴィエートの大聖堂に来ました。大きい!

f:id:tabikichi:20190119043924j:plain

f:id:tabikichi:20190119043929j:plain
f:id:tabikichi:20190119043933j:plain

正面ファサードと、下の方の両脇にあるレリーフ旧約聖書と、最後の審判です。

f:id:tabikichi:20190119044058j:plain

内部です。

f:id:tabikichi:20190119073920j:plain
f:id:tabikichi:20190119073943j:plain

主祭壇と、コルポラーレ礼拝堂。

サン・ブリツィオ礼拝堂

ルカ・シニョレッリの壁画で覆われたサン・ブリツィオ礼拝堂は、主祭壇の右横にありました。

四方の壁と天井が、これでもかっていう数の人間の肉体で覆われています・・・

f:id:tabikichi:20190119044934j:plain

f:id:tabikichi:20190119050500j:plain

f:id:tabikichi:20190119050518j:plain

f:id:tabikichi:20190119050535j:plain

裸体&裸体。肉&肉!!

f:id:tabikichi:20190119050550j:plain

思わず溜息の出る色彩、そして裸体尽くし。

描かれているテーマは「世界の終わり」で、最後の審判、天国、地獄、死者の復活、そして偽キリストのシーンです。

個人的に「死者の復活」は、ひとっ風呂浴びた後みたいな清々しさがあって好きです。裸だし。

f:id:tabikichi:20190119071914j:plain 

シニョレッリの偽キリスト

f:id:tabikichi:20190119061725j:plain

美術史の本を読んで、ルカ・シニョレッリが描いた「偽キリスト」がサヴォナローラであるという考察が面白くて、それを肉眼で確かめにきました。

「偽キリスト」というのは他ではあまり描かれないシーンなのだそう。なんでそれをわざわざ選んだのか、それを理解するための背景がいくつか挙げられています。

シニョレッリにとって、サヴォナローラメディチ家法皇の共通の敵だったという見解です。サヴォナローラの記憶もまだ生々しい時期に、偽キリストをサヴォナローラの諷刺として描いたものだということです。

f:id:tabikichi:20190119055745j:plain

後ろから悪魔にささやかれ、それを衆人に説教しているのが偽キリスト。サヴォナローラが語っていたのは神ではなく、悪魔の声だった、と言いたいのでしょう。

f:id:tabikichi:20190119064709j:plain

右手前の偽キリストの台座の前には、積み上げられるコインや何か器具類。その左にはユダヤ人の高利貸しからお金を取り上げる人物。サヴォナローラは人々に「富をすベて放棄し、神にささげよ」と言ったらしいので、それを描いたものです。

また、腰に手を当てて人々を監視するかのようなタイツ姿の男性がいます。

これと同じ服装の人物が複数出てきますが、これもサヴォナローラが行っていたことを皮肉っているのだそう。

実際、サヴォナローラは自分の腹心の部下たちを街に放ち、フィレンツェ住民を監視させ、罪人を取り立てたりしてたらしい。

でもちゃんと画面左上のほうで、偽キリストの最後が描かれています。天使に打たれて頭から地上に落ちるさまが描かれています。

f:id:tabikichi:20190119070624j:plain

へえ~っていう感じ。シニョレッリもきっとこれを描いたときが、一番テンション上がったに違いない。

 

国立考古学博物館

お昼までまだ時間があったので、大聖堂の後ろにあった博物館に入ってみました。

f:id:tabikichi:20190119075721j:plain

ドゥオモ付属美術館やほかの美術館・博物館は、月曜ということで軒並み閉まってますが、ここは開いてました。

f:id:tabikichi:20190119075740j:plain
f:id:tabikichi:20190119075742j:plain
f:id:tabikichi:20190119075831j:plain
f:id:tabikichi:20190119075835j:plain

オルヴィエートはエトルリア時代の遺跡とか地下洞窟とかがたくさんあるので、冬ではなく夏の天気の良い日に、涼しい地下探検とかやったら楽しそう、と思います。

 

ランチ:Antico Bucchero

f:id:tabikichi:20190119082420j:plain

ランチ場所を探してうろうろしてた時、12時ちょうどくらいでも開店していたお店です。なかなか美味しいお店でした。

f:id:tabikichi:20190119082525j:plain

f:id:tabikichi:20190119082435j:plain
f:id:tabikichi:20190119082426j:plain
f:id:tabikichi:20190119082506j:plain
f:id:tabikichi:20190119082456j:plain

 

オルヴィエート観光終了

f:id:tabikichi:20190119092450j:plain
f:id:tabikichi:20190119092905j:plain

これでスポレートとオルヴィエート旅行は終了です。

f:id:tabikichi:20190119092515j:plain

フニコラーレの駅の隣に要塞跡地みたいな公園がありました。

f:id:tabikichi:20190119092531j:plain

やっぱ高いところの街。ジョギングしている人とかいました。

オルヴィエートの駅の看板。「O」の中に謎の顔シールが貼られてました。

f:id:tabikichi:20190119092641j:plain

スポレートもオルヴィエートもすごく楽しい、街歩きしがいのある街でした。オルヴィエートはもうちょっとあったかい季節に来てみたかったかな。2泊3日で両方見れて、充実の旅行でした。