超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

ヨーロッパに住んでいる旅行好きです。バックパッカーやキャンプなどはしません(できません)・・・。公共交通機関ばかり利用してきた、これまでの個人旅行記録と旅のHow To。

【スウェーデン旅行記】2日目前半:スウェーデン最古の街、シグトゥーナでルーンストーン巡り

スウェーデン旅行記。2日目の午前中はスウェーデン最古の街、シグトゥーナに行ってルーンストーン巡りをしてきました。すごく小さい街だけど、湖や木や自然がたくさんある小さな町の雰囲気は、憧れの「北欧の田舎」の雰囲気そのものでした。

(旅行計画) 

【スウェーデン】カルマル城を見たい。洗練された都会と大自然、金髪美男美女のイメージの国、スウェーデンに行こう(丸1日と9時間) - 超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

【スウェーデン】ストックホルム、カルマル、シグトゥーナの観光ルート(丸1日と9時間) - 超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

(前回の記事)

tabikichi.hatenadiary.com

目次

 

シグトゥーナへGo

 朝、ストックホルムからローカル電車に乗ってマーシタへ。そのままバス停に止まっている575番を見つけて、乗り込みました。

(参考)

tabikichi.hatenadiary.com

バスの車窓から。天気が良くて、幸せな北欧の景色が続きました。 f:id:tabikichi:20180122080748j:plain

f:id:tabikichi:20180122080802j:plain

f:id:tabikichi:20180122080815j:plain

f:id:tabikichi:20180122080913j:plain

 

ルーンストーンを探してうろうろ

シグトゥーナバス停に到着。

f:id:tabikichi:20180122080927j:plain

ちょっと歩くと市庁舎。日曜の朝市の準備中でした。

f:id:tabikichi:20180122080941j:plain

そのすぐ隣に、教会と教会廃墟があります。ここからルーンストーン探し始め。

f:id:tabikichi:20180122081055j:plain

教会廃墟の向こう側には今も使われている立派な教会が建ってます。日曜のミサ真っ最中でした。

f:id:tabikichi:20180122081110j:plain

早速地面に生えている石を発見。

f:id:tabikichi:20180122081249j:plain

ここには3つ、あるらしい。ルーンストーンに書かれているルーン文字について、スウェーデン語と英語で解説がありました。

f:id:tabikichi:20180122081124j:plain

お墓の中央に何か小屋があります。

f:id:tabikichi:20180122081309j:plain

この建物の壁の一部に使われていた石材がルーンストーンでした。

f:id:tabikichi:20180122081322j:plain

こっち側の壁にも発見。

f:id:tabikichi:20180122082126j:plain

 

この教会の敷地内にもう一つ、石を発見。

f:id:tabikichi:20180122082143j:plainこれらのルーンストーンは一見すると異教の祭りみたいにも見えますが、書かれていることはほとんどキリスト教徒に関連することだそうです。

《The guild-brethren of the Frisians had this stone set up in memory of their guild-brother.God help his soul.Torbjorn carved.》

f:id:tabikichi:20180122082203j:plain

 

次に移動します。

f:id:tabikichi:20180122082338j:plain

ありました。

     f:id:tabikichi:20180122082355j:plain

《Anund had the stone erected in memory of himself in his lifetime.》

f:id:tabikichi:20180122082413j:plain

 

シグトゥーナには塔や教会の廃墟がいくつか点在してます。

f:id:tabikichi:20180122083230j:plain

ここにもありました。

f:id:tabikichi:20180122083246j:plain

解説にも詳しく書かれていますが、亡くなったキリスト教徒のヴァイキング仲間たちのについて書かれてるみたいです。父親とだれだれの記憶に従って、この石を立てる、とかそんな感じ。十字架とヴァイキングっぽい蛇の模様の組合せが面白いです。

《Sven had the stone erected in memory of…his father and Frodi in memory of Ulv,herhusband.God help his soul.》

f:id:tabikichi:20180122083300j:plain

 

次です。

f:id:tabikichi:20180122083354j:plain

《Sven had this runes cut in memory of…was the name of the second,Assur the third, Germund the fourth…was their mother.》

f:id:tabikichi:20180122083410j:plain

 

道路の脇にいきなりあったりもしました。なんかあっさりしてますが・・・

f:id:tabikichi:20180122083807j:plain

別の角度から見るとルーン文字がびっしり。

f:id:tabikichi:20180122083835j:plain

《Ofeg had this stone erected in memory of his two sisters, Tora and Rodvi.》

f:id:tabikichi:20180122083822j:plain

 

さて、最後は人様のお庭にあります。

《The guild-brethren of the Frisians had these runes cut in memory of Albod.Slode's partner.Holy Christ help his soul.Torbjorn carved.》

f:id:tabikichi:20180122083957j:plain

遠くからズームで激写。

f:id:tabikichi:20180122084010j:plain

以上でルーンストーン巡り終了。天気も良くて楽しかった!

 

日曜のシグトゥーナは北欧の素敵な田舎そのもの

 

ぶらぶらバス停まで戻ります。人も多くなってきました。これはカフェの入り口の名物人形なのですって。

f:id:tabikichi:20180122085155j:plain

 

見るものといったらこのメインの通り一本しかないけど、湖と自然に囲まれた、なんかすごく素敵な街でした。憧れます。

f:id:tabikichi:20180122085210j:plain

 

 

 (続く)

 

Booking.com