超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

ヨーロッパに住んでいる旅行好きです。バックパッカーやキャンプなどはしません(できません)・・・。公共交通機関ばかり利用してきた、これまでの個人旅行記録と旅のHow To。

【イストラ半島旅行記】2:モザイクに大満足。ポレチュのエウフラシウス大聖堂

ポレチュのエウフラシウス大聖堂をたっぷり堪能した旅行記です。

目次

 

ポレチュ観光

天気がぱっとしないけど、雨が上がってくれただけでラッキーです。間違えてロヴィニで降りたりしたけど、なんとかポレチュに到着。

f:id:tabikichi:20190528231924j:plain

ロヴィニよりも人が多くて、古い建物が観光地っぽい!

f:id:tabikichi:20190528231954j:plain

このメインストリートを右手に折れると、エウフラシウス大聖堂の入口が見えてきます。金色のモザイクがあるからわかりやすいです。

f:id:tabikichi:20190528232101j:plain

 

エウフラシウス聖堂の司教建造物群

やっと到着~。今回の旅行はこれが目当て。このために、イストラ半島旅行に来たのです!

f:id:tabikichi:20190528232250j:plain

チケットはこちら。の案内看板の下に、この聖堂とその他の建物の見取り図がありました。

f:id:tabikichi:20190528232450j:plain

見るべきところは1から10まであり、モザイクの聖堂は一番最後。購入したチケットにも番号と場所の名前が書いてあるので、とても観光しやすいところでした。

1.Atrium(アトリウム)

一番最初に見るのは、中庭。

f:id:tabikichi:20190528232813j:plain

三角形の鐘楼が見えます。

f:id:tabikichi:20190528232836j:plain

柱とか、古そう。

柱頭彫刻の透かし彫りの感じが、ラヴェンナ様式?っぽい。

f:id:tabikichi:20190528233320j:plain

反対側を見ると、聖堂外壁のモザイクが見えました。

f:id:tabikichi:20190528233358j:plain

かなり色鮮やかです。これも古いものかな。

f:id:tabikichi:20190528233421j:plain

f:id:tabikichi:20190528233432j:plain
f:id:tabikichi:20190528233435j:plain

モザイクを見ると、テッセラの一片一片が見えるまで拡大したくなる。

2.Baptistery(洗礼堂)

f:id:tabikichi:20190528235432j:plain

天井は高いけど、装飾はなくなってしまっている洗礼堂。床には古代の洗礼槽の跡がありました。

f:id:tabikichi:20190528235456j:plain

モザイク装飾の残りとか、レリーフのかけらみたいなものを見つけた。

f:id:tabikichi:20190528235810j:plain
f:id:tabikichi:20190528235812j:plain

 

3.Bell tower(鐘楼)

次は階段を上って鐘楼へ。

f:id:tabikichi:20190528235912j:plain

登りたくない人は飛ばしてもいいと思います。けっこう疲れた。

シリカを見下ろす。

f:id:tabikichi:20190528235942j:plain

反対側の景色もいいです。

f:id:tabikichi:20190529000040j:plain

4.Bichop's palace / Museum(司教宮殿/博物館)

司教宮殿に移動します。このへんにトイレがありました。

f:id:tabikichi:20190529000156j:plain

博物館は、そんなに面白いものはないので、さらっと。

f:id:tabikichi:20190529000236j:plain
f:id:tabikichi:20190529000240j:plain

 

5.Lapidary / Lapidarium(ラピダリウム)

床モザイクや彫刻などが展示されているところ。

f:id:tabikichi:20190529000423j:plain

ここの目玉はなんといっても、キリスト教のシンボル、魚のモザイク。

f:id:tabikichi:20190529000516j:plain

魚は4世紀の、そのとなりは6世紀のものだそうです。

f:id:tabikichi:20190529000545j:plain

魚・・・猛々しい。

f:id:tabikichi:20190529000605j:plain

古代から初期キリスト教のシンボルとして描かれてきた魚ですが、さすが港町。明らかに淡水魚ではなく、海水魚の顔をしてます。

f:id:tabikichi:20190529000912j:plain

モザイクを見ると、拡大したくなるので・・・

他にも美しい床モザイクや石の彫刻なんかがあって、面白かったです。

f:id:tabikichi:20190529001208j:plain
f:id:tabikichi:20190529001211j:plain

 

6.Archeological site(遺跡)

f:id:tabikichi:20190529003937j:plain

そのまま外にでて、野ざらしの床モザイクを見ます。

f:id:tabikichi:20190529004002j:plain

さっき飾られてたのと同じモチーフが見える。

f:id:tabikichi:20190529004029j:plain

7.View point(眺めがいいところ)

海が見えるところです。

f:id:tabikichi:20190529004059j:plain

レンタル自転車で走るの、気持ちよさそう。

8.Old sacristy(古代の祈祷堂)

再び屋内へ。遺跡っぽい岩の中に、モザイクが見える。

f:id:tabikichi:20190529004228j:plain

 

9.Cella trichora(三葉型の礼拝堂)

f:id:tabikichi:20190529004350j:plain

安置されている石棺は司教?のものらしいです。床には6世紀のモザイク。

10.Basilica(バシリカ

最後です。

f:id:tabikichi:20190529004652j:plain

聖堂の一番奥が豪華なモザイクで彩られています。やっぱり間近で見ると迫力が違う。

12使徒とキリスト、アプスには聖母子を中心に、まわりに聖人。

f:id:tabikichi:20190529004739j:plain

エウフラシウスは左側の一番端っこ。

f:id:tabikichi:20190529005006j:plain

手前に四角い豪華な天蓋があって、それも豪華なモザイク装飾です。

f:id:tabikichi:20190529004856j:plain

正面には受胎告知が描かれていました。

f:id:tabikichi:20190529004926j:plain

f:id:tabikichi:20190529004932j:plain

きらびやか~。格式ばった動作が古き良きビザンティンって感じがして好きです。

そのほか、両脇にもかなり損傷の激しいモザイク装飾がありました。向かって左。

f:id:tabikichi:20190529005107j:plain

向かって右。

f:id:tabikichi:20190529005110j:plain

大満足です!ビザンティン時代の豪華なモザイクを堪能しました。

f:id:tabikichi:20190529005158j:plain

聖堂だけじゃなくて、いろいろな建物が残っているところも良かったです。世界遺産になるのも納得。

 

旧市街を街歩き

ポレチュの旧市街をうろうろ。

f:id:tabikichi:20190529012630j:plain
f:id:tabikichi:20190529012632j:plain

雰囲気ある建物。

f:id:tabikichi:20190529013010j:plain

ヴェネツィア時代の邸宅。窓がとてもヴェネツィア風。

アドリア海は水がきれい。

f:id:tabikichi:20190529012736j:plain

海辺はリゾートって感じでした。

f:id:tabikichi:20190529012808j:plain

街の中にあるローマ時代の遺跡。

f:id:tabikichi:20190529012834j:plain

ランチ(といっても15時くらい)は少し開けたところにあるレストランでたべました。イタリア料理。

f:id:tabikichi:20190529012922j:plain

f:id:tabikichi:20190529012924j:plain
f:id:tabikichi:20190529012927j:plain

けっこう美味しかったです。

f:id:tabikichi:20190529013048j:plain

歴史ある塔っぽいものは、カフェになってました。

f:id:tabikichi:20190529013122j:plain

天気が良かったらもっと素敵な街に違いないです。あっちの島も気になりました。

 

プーラまで帰ろう

さて、これで旅もほとんど終わり。プーラまで行く帰りのバスは、夜8時。とてもじゃないけど時間を持て余すので、タクシーで帰ります。

水上タクシーを見つけた!

f:id:tabikichi:20190529014315j:plain

けど、さすがにプーラまで海を行ってくれるというものではないらしい。残念。

バスターミナル近くのタクシー乗り場で交渉し、80ユーロで行ってもらいました。(ちなみにクロアチアのお金はクーナって単位ですが、街なかでは普通にユーロが使えます。)

タクシー運転手から、旧道を通るでいいか、と言われ、よくわからないけどOKしたら、とても風光明媚な場所を通りました。

写真があれですが、これ、リムフィヨルドという地名で、その名のとおりフィヨルドなんです。

f:id:tabikichi:20190529014452j:plain

この下深くに、水があるんですよ。

f:id:tabikichi:20190529014535j:plain

あっあれです。

f:id:tabikichi:20190529014602j:plain

走ってる車内から撮るのはこれが限界・・・

f:id:tabikichi:20190529014633j:plain

すごくダイナミックで濃い緑が美しいところでした!車で旅行する人にはぜひとも寄ってみてもらいたいです。船ツアーとかもあるみたい。

ほぼ1日だけのイストラ半島滞在だったけど、プーラもロヴィニもポレチュも、のどかだけど見ごたえがある、魅力的な街でした。またいつか、ゆっくり旅したいところです。