超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

ヨーロッパに住んでいる旅行好きです。バックパッカーやキャンプなどはしません(できません)・・・。公共交通機関ばかり利用してきた、これまでの個人旅行記録と旅のHow To。

【パレルモ旅行記】半日でたどる、魅惑のパレルモ旧市街と世界遺産の教会めぐり

2泊3日のパレルモ旅行記です。1日目は14時半頃からスタートして旧市街の世界遺産を観光。

 

目次

 

シチリアに上陸

f:id:tabikichi:20181208050232j:plain

シチリア島に着きました!空港からはこのバスでパレルモへ向かうのです。

パレルモ

f:id:tabikichi:20181208050303j:plain

パレルモは大都会でした。アパートメントは看板が出てなくてわかりづらかったですが、ここの2階です。オーナーに連絡して、しばらく待つ。

f:id:tabikichi:20181208051502j:plain

バルコニーから。

f:id:tabikichi:20181208051611j:plain

 

プレトーリア広場

f:id:tabikichi:20181208050407j:plain

アパートメントの鍵を受け取って、ランチを済ませたら、さっそく観光開始。すでに14時半を過ぎてました。まず最初に見たのがプレトーリア広場です。

f:id:tabikichi:20181208051807j:plain

2~3年前に、どこかのファッションブランドがここでショーを行ったらしい。

f:id:tabikichi:20181208052152j:plain

中央が高くなっていてそこから四方に階段が出ていたり、これでもかとちりばめられる彫刻。おまけに水も出ていて、演出効果も抜群。ステージとしてはこれ以上ないほど申し分ないところです。

f:id:tabikichi:20181208052205j:plain

水が涼し気。

f:id:tabikichi:20181208052500j:plain

 

サン・カタルド教会

f:id:tabikichi:20181208054704j:plain

続いてすぐ近くのサン・カタルド教会です。12世紀のノルマン時代の建築だそうです。ここは昼休み後、15時から開いてます。左にちらっと見えるのがマルトラーナ教会。こちらは15時30分から。

事前に画像などで見ていたけれど、赤い丸いドームがすごく不思議。

この赤いの、材質は何なんでしょうか。色はどうやって出している?まさか12世紀からずっとこの色を保っている?!さすがに塗り直したり、してますよね・・・

材質を確かめたく間近でじっくり観察、というわけにも行かず、いまだにモヤモヤしたままです。ガイドツアーだと聞いたらすぐ教えてもらえるのかな。

f:id:tabikichi:20181208054825j:plain

後陣部。シンプルです。

中もすごくシンプル。赤い丸屋根の内側は他の壁の部分と同じ石材で覆われてました。

f:id:tabikichi:20181208055037j:plain

床モザイク。

f:id:tabikichi:20181208055258j:plain

 

クアトロカンティ

すぐ近くがクアトロカンティです。建物の角をそぎ落として美しく飾りつけしたみたいな、そんな交差点です。

f:id:tabikichi:20181212014544j:plain

写真を撮る観光客がたくさんいて、歩行者天国かと思いきやそうではないので、曲がってくる車に気を付ける必要あり。

 

マクエダ通り

まだマルトラーナ教会が開く時間ではないので、マクエダ通りを少し歩きました。

f:id:tabikichi:20181212014802j:plain

建物の壁の剥げかけた感じが南イタリアっぽい。

f:id:tabikichi:20181212014851j:plain
f:id:tabikichi:20181212014855j:plain

大通りは整然としてますが、ふと横を見ると田舎っぽい道が伸びてます。

マルトラーナ教会

マルトラーナ教会まで戻ってきました。15:30を5分ほど過ぎても開かないので、ドアの前には観光客の人だかり。そのうちドイツ人っぽい(イメージですが)男性がドアをどんどん叩いて、ようやく開きました。 

f:id:tabikichi:20181212214642j:plain

中は素晴らしいモザイク。何度も改修されているみたいですが、モザイクだけ見るとほんとにビザンティンです。

f:id:tabikichi:20181212214757j:plain

なお、ビザンティン建築関係でいつも参照している愛読参考書によると、ここで見るべきは手前の壁に描かれた、ルッジェーロ二世とアンミラリオ海軍提督の姿です。

f:id:tabikichi:20181212214916j:plain
f:id:tabikichi:20181212214912j:plain

聖母マリアに跪く提督と、キリストから王冠を授けられるルッジェーロ二世。

この2つのモザイクは、今は取り壊されてしまったナルテックスにあったものだろう、とのこと。寄進者の姿を描くのはビザンティン教会でよく見る方式です。そして神から戴冠されるのは、王権を示すわかりやすい図です。

ちなみに提督のこの変な恰好、修復がまずくてこうなったそうです。

f:id:tabikichi:20181212223447j:plain

マントの格子模様をつくるテッセラ、並びがガタガタです。もともと描かれたのを見てみたかったな。

あと、上の方に受胎告知。

f:id:tabikichi:20181212224152j:plain
f:id:tabikichi:20181212224200j:plain

マリア様が何かの作業中に驚いていらっしゃる様子。

この聖堂はアラブ様式もノルマン様式も影を潜め、かなりビザンティンを全面に出した教会とのこと。

例えばモザイクに描かれている文字はすべてギリシア語です。戴冠されるルッジェーロ二世の衣服もビザンティン風衣服なのだそうです。


ノルマン王宮・パラティーナ礼拝堂は翌日に持ち越し

16時頃に訪問したところ、

・今日の午後はパラティーナ礼拝堂と王宮はクローズしている。
・今から見られるのは特別企画展だけだ。
・明日は8:30から12:00までなら見学可能。それより後は特別企画展のみ。

ですって!!

我々だけでなく詰め寄る観光客に、何度も同じ英語セリフを繰り返す係員。19時まで開いてるって、調べてきたというのに。。。この事態です。

翌日は8:30の電車でチェファルーに行く予定だったけど、朝1番にここにきて、見学後、9:38の電車で行くことにしました。

ノルマン王宮の近くにあるPorta Nuova。

f:id:tabikichi:20181212230941j:plain

彫刻の人物像が独特で面白かったです。

f:id:tabikichi:20181212231017j:plain

ターバンで髭のおっさんがイヤーンって言って胸を隠しているみたいに見える。

f:id:tabikichi:20181212231054j:plain

かなりズームしてみたけど、やっぱり表情もイヤーンって感じでした。

 

サン・ジョバンニ・デッリ・エレミティ教会 

f:id:tabikichi:20181213025522j:plain

気を取り直して残りの世界遺産を観光します。 

f:id:tabikichi:20181213025345j:plain

アラブの宦官の帽子を模したという赤い丸屋根が見えてきます。・・・いい感じに廃墟です。

f:id:tabikichi:20181213025444j:plain

内部はがらんとしててほんとに廃墟。

f:id:tabikichi:20181213030027j:plain

装飾っぽいものはこれだけ。

f:id:tabikichi:20181213030534j:plain

この教会は中庭が素敵でした。

f:id:tabikichi:20181213030618j:plain

回廊の廃墟です。

f:id:tabikichi:20181213032005j:plain

雰囲気が良くて何枚も同じ写真を撮ってしまった場所でした。ただしここは蚊が多い!受付の人も蚊取り線香炊いてました。


パレルモ大聖堂

f:id:tabikichi:20181213065341j:plain

最後はパレルモ大聖堂に来ました。

f:id:tabikichi:20181213065438j:plain

ここは19時まで入れます。が、いくつかのセクションに分かれていて、屋根の上への入場は17時でおしまいとのこと。ちょうど17時頃行ったので、屋根の上はあきらめ、その他を見学することにしました。

まずは宝物庫。

f:id:tabikichi:20181213065748j:plain
f:id:tabikichi:20181213065756j:plain

そして地下クリプタ。

f:id:tabikichi:20181213065844j:plain

f:id:tabikichi:20181213065850j:plain
f:id:tabikichi:20181213065901j:plain

レリーフや彫刻のある石棺がたくさんありました。

大聖堂内部はいたって普通です。

f:id:tabikichi:20181213070018j:plain

後ろの方にあるのが、この大聖堂の必見ポイントでもある、皇帝の墓。

f:id:tabikichi:20181213075520j:plain

でもやっぱりこの大聖堂の一番の見どころは建物だと思います。まさにアラブ・ノルマン様式。ゴシックに混じるアラブな雰囲気が、エキゾチックで素敵です。

f:id:tabikichi:20181213075605j:plain

この辺の奥に見えるタイル模様がアラブっぽい。

f:id:tabikichi:20181213075621j:plain

すごくパレルモっぽい印象的な建物でした。

f:id:tabikichi:20181213075715j:plain

(続く)

 

【パレルモ】世界遺産を見る。2泊3日に収めるパレルモとその近郊の回り方(丸2日と6時間)

f:id:tabikichi:20181207223736j:plain

2018年6月。憧れのシチリア島と大都市パレルモ。ここと近郊の街に残る、世界遺産のアラブ・ノルマン様式建築群を見たくて、2泊3日で行くことにしました。

 

目次

 

シチリア州パレルモの観光時間と宿泊地

パレルモへは以下の航空券を予約しました。

1日目(金)11:10 パレルモ空港着
3日目(日)19:30 パレルモ空港発

パレルモ市内を17時に出発するとして、観光できる自由時間は、丸2日と6時間くらいです。

ホテルは、なるべく安く、観光地にも駅にも近そうなところということで、ヴィットリオ・エマヌエーレ通り沿いのアパートメントを予約しました。

www.booking.com

 

世界遺産、その他見てみたいところのオープン時間

世界遺産のアラブ・ノルマン様式建築群は全部で9件。このうち、パレルモ市内の端っこの方にあるジーザ宮殿とアンミラリオ橋は、今回の旅行では訪問しないことにしました。

ということで、訪問する世界遺産パレルモ市内5か所と、チェファルーとモンレアーレの大聖堂の合計7か所です。

金・土・日の3日間の中で効率よく観光するために、それぞれの営業時間を調べました。がっつり昼休みを取るところも多いので油断なりません。

 

世界遺産建築群のオープン時間

●ノルマン王宮とパラティーナ礼拝堂
【月曜~土曜】8:15-17:45
【日・祝日】8:15-13:00
Palazzo dei Normanni e Cappella Palatina di Palermo

●サン・ジョバンニ・デッリ・エレミティ教会
【日・祝・月曜】9:00-13:30
【火曜~土曜】9:00-19:00
San Giovanni degli Eremiti | www.palermoviva.it

パレルモ大聖堂
【月曜~土曜】7:00-19:00
【日曜】8:00-13:00、16:00-19:00
Orari e modalità di visita della Cattedrale

●マルトラーナ教会
【月曜~土曜】9:30-13:00、15:30-17:30
【日曜・祝日】9:00-10:30
La chiesa di S. Maria dell’Ammiraglio di Palermo, detta la Martorana, aderisce al Circuito d’Arte Sacra | Museo Diocesano di Palermo

●サン・カタルド教会
【毎日】9:30-12:30、15:00-18:00
S. Cataldo | Museo Diocesano di Palermo

●チェファルーの大聖堂とキオストロ
大聖堂
【11月~3月】8:30-13:00、15:30-17:00
【4月~10月】8:30-18:30
キオストロ
【11月~3月】
平日のみ10:00-13:00
土曜は事前予約があった場合のみ可、日・祝は休み
【4月~10月】
月曜~土曜:10:00-18:00
日曜・祝日:10:00-13:00、15:00-18:00
Cattedrale di Cefalù » welcome

●モンレアーレの大聖堂とキオストロ
【11月~3月】
月曜~土曜:8:30-12:30、14:30-16:30
日曜・祝日:8:00-9:30、14:30-16:30
【4月~10月】
月曜~土曜:8:30-12:45、14:00-16:45
日曜・祝日:8:00-9:15、14:30-16:45
Orari di visita - Duomo di Monreale

パレルモ市内にある5つの世界遺産については、1日目(金)の午後に全部見ることにしました。

昼休憩を取る教会を訪問順位の後ろの方にもっていく予定です。

チェファルーとモンレアーレは、2日目(土)の午前と午後を使って、それぞれ行ってみたいと思います。

 

その他のパレルモ観光地のオープン時間 

●州立美術館
【火曜~金曜】9:00-18:00
【土日・祝日】9:00-13:00
Regione Siciliana Assessorato Beni Culturali

●ジェズ教会
【月曜~金曜】6:30-13:00
【土曜】6:30-17:00
Gesù a Casa Professa | Museo Diocesano di Palermo

●キアラモンテ宮
【火曜~日曜】10:00-19:00
http://www.musei.unipa.it/carceri.html

●カプチン派修道院
【3月末~10月末】
毎日:9:30-13:00、15:00-18:00
【10月末~3月末】
月曜~土曜: 9:30-13:00、15:00-18:00
日曜:9:30-13:00
Opening hours - Capuchin Catacombs of Palermo

ジェズ教会は行ける時間が土曜しかなさそうなので、2日目(土)にもし行けたら行ってみます。

美術館、キアラモンテ宮、カプチン派修道院は3日目(日)の17時までにゆっくり見学します。

 

パレルモからチェファルーへの行き方

パレルモからチェファルーへまでは、イタリア国鉄で1時間かそれくらい。トレニタリアのサイトで検索できます。

Acquista il biglietto con le nostre offerte - Trenitalia

Daの欄に「Palermo Centrale」、Aの欄に「Cefalu」と入れて検索すればOK。けっこう本数あります。ただし週末の午後は、チェファルー→パレルモの帰りの電車の本数がすごく少ないです。

そこで、チェファルーは2日目(土)の午前中に行って帰ってくることにしました。

電車のチケットはウェブから予約できますが、時間がどうなるかわからないので、その場で切符を買うことにします。

 

パレルモからモンレアーレへの行き方

モンレアーレはパレルモからバスで1時間ほどです。行き方は、調べたところ2種類のバスが出ていました。

AMATの389番という市バスと、ASTという長距離バスです。

AMAT社のバスはノルマン王宮の前のインディペンデンツァ広場から、AST社のバスはパレルモ駅の前のジュリオチェザーレ広場から出ています。

f:id:tabikichi:20181207095643j:plain

それぞれの拡大地図はこちらです。AMAT社の389番はここ、ノルマン王宮の前にあるインディペンデンツァ広場です。

f:id:tabikichi:20181207095832j:plain

時刻表はこちら。

http://amat.pa.it/percorsi-e-orari/

Scegliere la lineaの横の欄から389を選んで、Tipo Servizio の横からFeriale(平日)とFestivo(日曜祝日)のどちらかにチェックしてから、Cercaをクリックすると出ます。


パレルモ駅前から出るAST社のバス停の場所はこちら。駅の前にあるジュリオチェザーレ広場の脇でした。

f:id:tabikichi:20181207095734j:plain

時刻表はこのサイトで検索できました。

http://www.aziendasicilianatrasporti.it:8080/

Partenzaの欄でPalermoを選んで、Arrivoの欄でMonrealeを選んでから、検索したい日時と時間を入れてCercaをクリックすると、一番近い時間のバス時刻が出てきます。

6月の土曜で検索したときは、パレルモ→モンレアーレのバスは10時台から昼休みを除いてほぼ30分毎にありました。反対方向も、同じくらいです。また、日曜は運行していないようでした。

 

丸2日と6時間で回る、パレルモ、チェファルー、モンレアーレの観光ルート

訪問予定の世界遺産を2つ減らして、2泊3日のうちにチェファルーとモンレアーレも行くことにした欲張りスケジュール。想定した観光ルートは以下のようになりました。

1日目(金)パレルモ市内の世界遺産 

f:id:tabikichi:20181207220422j:plain

アパートメントにチェックインし、近くでランチを取ったら、まず一気にノルマン王宮まで歩きます。

この④ノルマン王宮と、⑤サン・ジョヴァンニ・デッリ・エレミティ教会、⑥パレルモ大聖堂は昼休みなく見学を受け付けているので、何時に行っても大丈夫。

そのあと、元来た道を戻って、⑦サン・カタルド教会(午後は15時から)、お隣の⑧マルトラーナ教会(午後は15時30分から)を見学。時間があまったらマクエダ通り沿いの宮殿など見てみたいです。

 

2日目(土)チェファルーとモンレアーレへ遠征 

f:id:tabikichi:20181207223253j:plain

2日目(土)は午前中チェファルー、戻ってきて午後からモンレアーレです。

①電車:パレルモ駅8:33発、チェファルー駅9:17着
②電車:チェファルー駅12:39発、パレルモ駅13:29着
③バス:AST社モンレアーレ行きバス14:00発

チェファルーでランチを取ります。モンレアーレへは、パレルモの駅前から出発するAST社の14時発のバスで。帰りはどっちのバスか決めてませんが、時間の合う方で帰る予定です。

 

3日目(日)パレルモ旧市街の世界遺産以外を見る

f:id:tabikichi:20181207222306j:plain

3日目はまず美術館、そしてキアラモンテ宮を見学。カプチン派修道院は、13時から15時まで昼休みなので、行くとしたら15時のタイミングに合わせて行ってみようと思います。

 

(続く)

 

【パレルモ】シチリアに行きたい!歴史が生み出した、文化混淆様式の建築群を見に行く。(丸2日と6時間)

f:id:tabikichi:20181201064151j:plain

2018年6月。憧れのシチリア島と大都市パレルモ。ここと近郊の街に残る、世界遺産のアラブ・ノルマン様式建築群を見たくて、2泊3日で行くことにしました。

 

目次

 

シチリアに行きたい!

イタリアの中でも人気の観光地、シチリアに行ってみたい。どうせ行くなら夏に行きたい!

f:id:tabikichi:20181201064614j:plain

そして美味しいシーフードを食べて、リゾートと下町の雰囲気を味わいたい。 

・・・と、なんとなくのイメージでシチリア行きたーい、と思っていたわけですが、パレルモにある、ビザンティン風の黄金モザイクで彩られた教会などが、世界遺産に登録されているとのこと。

f:id:tabikichi:20181201103221j:plain

シチリアの州都パレルモは、ビザンチン(正教)→アラブ(イスラム教)→ノルマン(カトリック)の順に支配された場所。

最後のノルマン王朝時代に建てられた王宮や教会は、ノルマン様式で統一されたものではなく、過去から引き継がれていたそれぞれの文化を尊重し、混ざり合いながら、魅力的な混淆様式の建築となって現在に残っているのだそう。

ビザンティン教会好きとしても、ビザンティン風に金ぴかのモザイクを多用した教会などは見ておきたいところ。

f:id:tabikichi:20181201103042j:plain

ということで、世界遺産のアラブ・ノルマン様式建築群、中でもビザンティン風教会を目当てに、パレルモと近郊の街に行くことにしました!

 

パレルモと近郊の世界遺産:アラブ・ノルマン様式建築群

まずはやっぱり世界遺産のアラブ・ノルマン様式建築群を見てみたい。2015年に世界遺産に登録されたばかりです。

 

ノルマン王宮とパラティーナ礼拝堂

世界遺産その1、ノルマン王宮と王室礼拝堂(Palazzo Reale・Cappella Palatina)です。

 

f:id:tabikichi:20181201075438j:plainPalazzo Reale - Fondazione Federico Secondo

パラティーナ礼拝堂は王宮の中にある、イスラム風の装飾とビザンティン風モザイクで覆われた豪華な部屋。下の写真だと天井がイスラム風。

f:id:tabikichi:20181201075930j:plainPalazzo Reale e Cappella Palatina - UNESCO Arabo-Normanna


サン・ジョバンニ・デッリ・エレミティ教会

f:id:tabikichi:20181201080243j:plainChiesa di San Giovanni degli Eremiti - UNESCO Arabo-Normanna

世界遺産その2。サン・ジョヴァンニ・デッリ・エレミティ教会。(Chiesa di San Giovanni degli Eremiti。)赤いドームがイスラム風の教会。中庭が美しいです。


マルトラーナ教会

f:id:tabikichi:20181201081003j:plainChiesa di Santa Maria dell’Ammiraglio (detta chiesa della Martorana)

世界遺産その3です。マルトラーナ教会(Chiesa della Martorana)
と言われますが、正式名称はChiesa di Santa Maria dell’Ammiraglio(サンタ・マリア・デッラッミラリオ教会)というらしい。ルッジェーロ二世、アンミラリオ海軍提督がモザイクで描かれています。


サン・カタルド教会

f:id:tabikichi:20181201081445j:plainChiesa di San Cataldo - UNESCO Arabo-Normanna

世界遺産その4、サン・カタルド教会(Chiesa di San Cataldo)です。ここはその3のマルトラーナ教会と隣り同士で建っています。外見の雰囲気が異なる建物が並んでるのが面白い。

f:id:tabikichi:20181201081722j:plain

 

パレルモ大聖堂

f:id:tabikichi:20181201083524j:plainCattedrale di Palermo, la storia

世界遺産その5、パレルモ大聖堂(Cattedrale di Palermo)。時代とともに教会→モスク→教会とトラバーユしてきた大聖堂は、ノルマン風のゴシックとイスラム風の折衷様式が美しいです。
 

ジーザ宮殿

f:id:tabikichi:20181201084927j:plainPalazzo della Zisa - UNESCO Arabo-Normanna

世界遺産その6、ジーザ宮殿(Castello della Zisa)です。ルッジェーロ二世の息子の別邸として、イスラム風に建てられた宮殿。室内の噴水の様子がまさにイスラム的。

f:id:tabikichi:20181201085432p:plainhttp://www.cittametropolitana.pa.it/turismo/tesori_d_arte_a_palermo/00007746_Palermo__Castello_della_Zisa__Sito_Unesco___Aperto_al_pubblico_.html


アンミラリオ橋

f:id:tabikichi:20181201090432j:plainPonte dell'Ammiraglio - Fondazione Federico Secondo

世界遺産その7です。アンミラリオ橋(Ponte dell’Ammiraglio)。これはノルマン時代の建築技術の高さを示すものとして有名なのだそうです。アーチの先端をとがらせることによって、非常に高い負荷にも耐えられるようになっているのだそう。


チェファルーの大聖堂とキオストロ

f:id:tabikichi:20181201091014j:plainCattedrale di Cefalù - UNESCO Arabo-Normanna

世界遺産その8はパレルモから電車で1時間のところにある、チェファルーの大聖堂と回廊(Complesso Monumentale di Cefalù)です。ビザンティン風モザイクがきらびやか。

f:id:tabikichi:20181201091052j:plain


モンレアーレの大聖堂とキオストロ

f:id:tabikichi:20181201091621j:plainCattedrale di Monreale - UNESCO Arabo-Normanna

最後の世界遺産は、パレルモの隣町モンレアーレの大聖堂(Complesso Monumentale di Monreale)です。パラティーナ礼拝堂よりも豪華できらびやか。ここもビザンティン風の黄金モザイクと、イスラム風の装飾の折衷様式です。中庭の回廊も有名。

f:id:tabikichi:20181201091826j:plainCattedrale di Monreale - UNESCO Arabo-Normanna


その他、パレルモとその周辺で気になる観光地

パレルモの街並み、教会、宮殿シリーズです。

クアトロカンティ

f:id:tabikichi:20181201233631j:plain

シチリアン・バロックな装飾の施された十字路。

 

プレトーリア広場

f:id:tabikichi:20181201234013j:plain

クアトロカンティからほど近いところにある広場。これでもか!と彫刻のある噴水が素敵です。

 

ジェズ教会

f:id:tabikichi:20181201222140j:plainThe Church of the Gesù (Chiesa del Gesù) - Wonders of Sicily

f:id:tabikichi:20181201222235j:plainThe Church of the Gesù (Chiesa del Gesù) - Wonders of Sicily

シチリアン・バロックの内装が素晴らしい教会。名前のとおりイエズス会の教会です。

 

サンタ・マリア・カテーナ教会

f:id:tabikichi:20181201215801j:plainChiesa Santa Maria della Catena | Palermo’s Top Sites

独特のファサードが気になった教会。カテーナとは鎖という意味だそう。伝説では、14世紀末ごろ無実の罪で捕らわれた囚人が聖母マリアに祈ったところ、鎖が外れたことから、このような教会が建てられたのだたとか。

f:id:tabikichi:20181201234205j:plainChurches in Sicily - Wonders of Sicily

 

マクエダ通りの宮殿

マクエダ通り沿いにある、バロックなお屋敷を二つ発見。

まず一つ目、Palazzo Comitini。

f:id:tabikichi:20181201213154p:plainhttp://www.cittametropolitana.pa.it/turismo/tesori_d_arte_a_palermo/00015233_COMITINI_PALACE.html

もう一つがPalazzo Sant'Eliaです。

f:id:tabikichi:20181201214603j:plainLe nostre sedi - Fondazione

豪華な内装やマヨルカ焼きタイルの部屋など、見どころが多そうです。

 

キアラモンテ宮

f:id:tabikichi:20181201234902p:plainhttp://www.cittametropolitana.pa.it/turismo/tesori_d_arte_a_palermo/00007763_Palazzo_Steri___Chiaramonte.html

14世紀に、ノルマン人のキアラモンテ一族により建てられた宮殿です。この一族が没落した後は、スペインの異端審問所として使われたところ。このときに牢獄として使用された部屋の落書きが有名です。ガイドツアーで見学できます。

f:id:tabikichi:20181201235647p:plainhttp://www.cittametropolitana.pa.it/turismo/tesori_d_arte_a_palermo/00007763_Palazzo_Steri___Chiaramonte.html



シチリア州立美術館

f:id:tabikichi:20181202000909j:plainMWNF - Museum With No Frontiers

シチリアの美術館。メッシーナの受胎告知と、死の凱旋というフレスコ画が有名です。

f:id:tabikichi:20181202001209p:plainhttp://www.provincia.palermo.it/turismo/tesori_d_arte_a_palermo/00007912_Palazzo_Abbatellis___Galleria_Regionale_della_Sicilia.html

 

シチリア州立考古学博物館

f:id:tabikichi:20181202001756j:plainMuseo Archeologico Antonino Salinas di Palermo: comunicazione a 5 stelle

かつての修道院だった建物を利用した考古学博物館。シチリアで発掘された神殿遺跡や紀元前の彫刻を展示。中庭の雰囲気が素敵です。

 

ヴィラ・パラゴニア(Villa Palagonia)

f:id:tabikichi:20181201220641j:plainvillas of bagheria | Visit Sicily official page

パレルモから15~16キロくらいのところにあるバゲリーアという街にあるお屋敷。18世紀にイギリスで流行したグランド・ツアー(貴族の子供がヨーロッパの歴史を学びにイタリアやフランスに旅行すること)の目的地にもなったそうです。

この街にはほかにもいくつか壮麗な館があるので、館めぐりも面白そう。

ヴィラ・ヴァルグァルネッラ(Villa Valguarnera)

f:id:tabikichi:20181201221454j:plainvillas of bagheria | Visit Sicily official page

ヴィラ・カトリカ(Villa Cattolica)

f:id:tabikichi:20181201221745j:plainVilla Cattolica, sede del ''Museo Renato Guttuso'' | Guida Sicilia

ここは美術館になっているみたいです。

 

カプチン派修道院カタコンベ

f:id:tabikichi:20181202014819j:plain

Death in Sicily - Wonders of Sicily

少女のミイラが有名なカプチン派の修道院

 

ざっと挙げただけでもこれだけの見どころ。これらの他にも、バロック装飾の教会なんかでちょっと見てみたいかな、というところまで含めるとすごい数になります。でも旅行日程は2泊3日。パレルモ市街地だけではなく、近郊の街にも足を伸ばすことを考えると、とても全部は見切れそうにありません。

f:id:tabikichi:20181202081852j:plain

そこで今回は世界遺産、中でも特にビザンティン風のモザイク装飾を見ることを主眼に置いて観光することにしました。

そうなると、モンレアーレとチェファルーの大聖堂は絶対に外せません。ということで、行き先はパレルモ、チェファルー、モンレアーレの3カ所です。

パレルモ市内は、世界遺産と行きやすい場所にあるいくつかの美術館や宮殿をめぐることにしました。市内の観光地はこのような感じです。

f:id:tabikichi:20181202084312j:plain

行き方や詳しい観光ルートは次の記事で。

 

(続く)