超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

ヨーロッパに住んでいる旅行好きです。バックパッカーやキャンプなどはしません(できません)・・・。公共交通機関ばかり利用してきた、これまでの個人旅行記録と旅のHow To。

【歌劇場★パリ旅行記】オペラ・ガルニエを中心に、徒歩でうろうろ

2019年5月。パリオペラ座に、バレエを観に行ったときの、1泊2日旅行記です。

 

目次

 

ホテル 

パリのオペラ座は大都会パリのど真ん中。周りにはホテルがたくさんあります。オペラ座に歩いて行ける距離で、手頃な値段のホテルを探して、こちらに宿泊しました。

f:id:tabikichi:20190606220540j:plain

狭いけどペットボトルの水が置いてあって、湯沸かし器と冷蔵庫付きのなかなか過ごしやすい部屋でした。洗面所もきれい。

www.booking.com

 

公演前の過ごし方

公演日当日の15時すぎ、パリ中心部に到着です。ホテルはオペラ座の裏の方にありました。裏からみたオペラ座

f:id:tabikichi:20190606220606j:plain

あいにくの天気です。あんまり時間がないのと、ランチというにはけっこう遅いので、ちょっと歩いて、何か食べるものを買いに行くことにしました。 

美味しいパンを食べたくて。

ホテルから歩いて行ける距離にある評判のパン屋さんを調べて、行ってみました。

f:id:tabikichi:20190606220645j:plain

日本にも出ているらしい。今食べる分と、夜食分のパンを買います。

この通り、食料品の商店街みたいになっていて、思わずいろんなお店でお買い物。フロマジュリーでチーズを2種類お買い上げ。安かった。

f:id:tabikichi:20190606220729j:plain

シャルキュトリーでお肉のテリーヌを2種類購入。これも安かった。

f:id:tabikichi:20190606220809j:plain

八百屋、魚屋もあって、酒屋もちゃんとありました。ワインはボトル1本開ける自信がなくて、買うのやめました。ホテルの冷蔵庫にあるかな、と思って。(ワインはなくて、シャンパンが入ってた。)

ホテル食
f:id:tabikichi:20190606221126j:plain
f:id:tabikichi:20190606221129j:plain

お昼はパン!美味しかった~。

なお、チーズやテリーヌなどはオペラ後の夜食で食べました。冷蔵庫の中がすごい肉の匂いになってしまった。

f:id:tabikichi:20190607064845j:plain
f:id:tabikichi:20190607064847j:plain

 

お昼寝

慌ただしく昼寝。

tabikichi.hatenadiary.com

 

オペラ・バレエ イオランタ&くるみ割り人形

この日見たのは、チャイコフスキーのオペラとバレエを一つにした作品です。オペラのイオランタはチャイコフスキーが書いたロシア語のオペラ。最初にオペラの上演があり、それをくるみ割り人形の最初のシーンで、主人公がみんなと見ていた、という風にバレエにつながっていきました。

f:id:tabikichi:20190606223414j:plain

とにかく豪華な劇場が素敵でした!椅子も素敵。

f:id:tabikichi:20190606223438j:plain

イオランタは初めて見たオペラですが、なかなか面白かったです。ロシア語なのでたまに「ニエット」とか「スパシーバ」とか聞き取れると、ちょっと楽しい。

f:id:tabikichi:20190606223921j:plain

・・・ただ、バレエのくるみ割り人形、今まで見たことのあるくるみ割り人形とは振り付けも演出もかなり違っていてびっくりしました。まず、くるみ割り人形が出てこない。

それなのに場面が変わって、色んな妖精とかが出てくるシーンに切り替わるのですが・・・背景は映像を多用していて、振付もロボットみたいなカクカクした動きをたくさん取り入れていて、あまり美しくなかった。踊ってる人は楽しいのかな。

今日のこの演目に限った話じゃないけど、誰もが知るようなオペラやバレエの有名作品を、新しい解釈&演出で上演してるものはよくあります。芸術的にはなんかすごいのかもしれないけど、クラシカルな世界観を楽しみたいと思う自分にとっては、どうしても衣装代とか舞台装置をケチっただけに感じてしまう。

新しい演出のバレエの場合、このくるみ割り人形もそうだったけど、ダンサーに声を出させることが多いように思う。叫ぶとか、笑うとかいう表現はまだいいけど、泣く、嘆く演技をダンサーにさせるってどうなの・・・そこは踊りで表現してほしいのに。以上素人の感想でした。

f:id:tabikichi:20190606224052j:plain

ちなみに、クリスマス時期に上演されるミラノスカラ座の「くるみ割り人形」は、ゴージャスで手抜きのない衣装・ダンスに丁寧な背景と、スカラ座バレエ学校の子どもたちの愛くるしさ満点の舞台なので、くるみ割り人形を楽しむならこっちがおすすめです。

 

公演日翌日

カフェドゥラペ(Café de la Paix)

オペラ座の目の前にある、有名なカフェでランチにしました。

f:id:tabikichi:20190612014156j:plain

12時ちょっと過ぎのタイミングで入ったのですが、ガラガラでした。でも、出るころにはほぼ満席だったので、早めに入店してよかったです。

オニオングラタンスープと、ミルフィーユ。

f:id:tabikichi:20190612014347j:plain
f:id:tabikichi:20190612014350j:plain

フランスっぽいメニューにしました。どちらも美味しいです。特にミルフィーユはさすが!パンとお菓子の美味しい国って感じでした。

デロール(DAYROLLE)

セーヌ川を渡って、しばらく行ったところにある、動物、植物、鉱石標本などのお店、デロールに行きました。

https://en.wikipedia.org/wiki/Deyrolle

中が写真撮影禁止なのですが、外側の写真も撮るのを忘れました。

動物標本が何体も所狭しと並んでいる、全展示品購入可能の博物館みたいなところです。

特に昆虫標本は薄い引き出しに何段も集まっていて、全部見切れませんでした。買わなかったけど、エコバッグとかグッズも色々あって、物欲もそれなりに刺激してくる、素敵な空間です。行ってみたかったので、行けてよかった。

f:id:tabikichi:20190612015210j:plain

 

美味しいものを買って帰ろう

最後はまたセーヌ川を渡り、オペラ座付近に戻ってきました。最後に寄ったのは、日本人がやっているフロマジュリー。

f:id:tabikichi:20190612015339j:plain

前日、適当な商店街の適当なフロマジュリーで買ったチーズがわりとけっこう美味しかったので、じゃあ、美味しいと有名なお店で買ったらどうなる?!と思い、行ってみました。

店主が日本人の方なので、詳しい説明や保存の仕方など、いろいろ聞けてありがたかったです。こちらで購入したロックフォールが本当に美味しくて、悶絶しました。 

 

オペラ・ガルニエ旅行マップ

 

歌劇場★パリオペラ座(Palais Garnier 、パレ・ガルニエ)

f:id:tabikichi:20190530072502j:plain

パリオペラ座は、セーヌ川の北側、パリの中心地にある劇場で、パレ・ガルニエ、ガルニエ宮とも呼ばれている劇場です。

1875年の建築で、ガルニエというのは設計者の名前をとったもの。パリ国立オペラオペラ座バレエ団の公演場所のひとつです。

内部の装飾はネオ・バロック様式といわれ、彫刻や装飾がふんだんに施された、豪華な劇場です。毎日行われている館内の見学は、パリの人気観光のひとつで、週末には行列ができるほど。

実際にチケットを取って、行って観てきた感想です。

 


1.場所

パリオペラ座は、セーヌ川の北側、パリ9区にあり、有名な百貨店、ギャラリー・ラファイエットのすぐ近くにあります。メトロならオペラ駅が最寄り駅。シャルル・ド・ゴール空港からパリ市内への直通バス、ロワジービュスの終点も、ここオペラ座です。

 

2.チケット購入

パリオペラ座のホームページをチェック。英語に切り替え可能です。

https://www.operadeparis.fr/en

演目とスケジュールは、上部の Programme and Tickets から確認できます。

下に出てくるワードで、フィルターをかけられます。ガルニエ宮で公演を見たいときには、右から2番目の「PALAIS GARNIER」を選べばOKです。(「Opéra BASTILLE」はオペラ・バスチーユという、かなり近代的な外観の劇場です。)

f:id:tabikichi:20190530061101j:plain
フィルター後、バレエやオペラの演目と、それぞれの上演期間が表示されます。

f:id:tabikichi:20190522060252j:plain

購入可能なチケットの場合、下の方に黒い帯が出て、「BOOK」と表示があります。「DISCOVER」は、現時点で空きチケットがない場合のようです。

f:id:tabikichi:20190522060452j:plain

シーズンが先だったり、まだチケットが買えない場合は、下の方の白い枠の中に、チケット売り出し日時が表示されます。

 

購入可能なチケットを購入する

観たい演目の下にある、黒い帯の「BOOK」をクリック。演目の説明や、出演者などの情報が出てきます。スクロールしていくと、公演スケジュールが表示されるので、行きたい日にちの「BOOK」をクリック。

f:id:tabikichi:20190522062200j:plain

このタイミングで会員登録が必要。会員登録が終わると、座席表が出てきます。

f:id:tabikichi:20190522063350j:plain

その下に、購入可能なカテゴリが出てくるので、購入枚数を選んで「Add to Cart」をクリック。カテゴリは、Optima、cat.1、cat.2、cat.3、・・・の順に、良い席(高い席)となってます。なお、座席番号は選べません。

f:id:tabikichi:20190522063536j:plain

また、余っている座席が多い場合は、カテゴリの中でも、座るエリアを選べるようになっています。

f:id:tabikichi:20190522081454j:plain

Automaticは自動割り振り。1st Circle Front Boxeは、座席表で言うと1階部分、正面にある「1res Loges de Face(プルミエ ロージュ ドゥ ファス)」のところ。2nd Circle Side Boxeは、左右のどっちかは不明ですが、2階部分、「2es Loges de Côté(ドゥーズィエム ロージュ ドゥ コテ)」のところ。Balcony、Orchestraはそれぞれ「Balcon(バルコン)」、「Orchestre(オーケストル)」のところになります。(詳しい座席は下の「3座席」を見てください。)なお、やっぱり座席番号は選べません。

座席のカテゴリと好きな場所を選んで進むと、このように自動的に割り振られた座席番号が表示されます。

f:id:tabikichi:20190522063828j:plain

左側の写真をクリックすると、ステージビューを確認できます。下の「Book」をクリックして、次へ。デリバリー方法が選べます。4ユーロで、自宅配送も可能。印刷していくチケットだと、お金はかかりません。

f:id:tabikichi:20190522064107j:plain

「Continue」で決済手続きです。内容がよくわかりませんが、保険を付けますか?というウィンドウが出てきます。Add Insurance か、No Thankyou のどちらかをクリックして、クレジットカード決済へ。

売り切れチケットのアラートを登録する

売り切れているチケットの場合でも、「CREATE AN ALERT」というのが付いている場合、アラートを登録しておくと、チケットに空きが出たときに連絡が来ます。

f:id:tabikichi:20190522071008j:plain

ここをクリックしたところで、会員登録が必要です。 すでに会員登録している場合は、クリックすると「DEACTIVATE THE ALERT」となり、確認メールが送付されます。

 

Subscriptionで優先予約する(4公演以上)

チケットの売り出し日前に、座席カテゴリと枚数をあらかじめ予約しておけるシステムです。

https://www.operadeparis.fr/en/ticketing/subscriptions

優先予約は4公演以上でないと利用できないため、どっちかというと業者向けかもしれませんが、「次のシーズンはオペラ座に4回以上通う!」という場合は個人でも利用できます。(ただし、選んだ全ての公演で同じカテゴリのチケットしか予約できません。)

f:id:tabikichi:20190522074558j:plain

こんな風に、バレエ4公演とか、オペラ2公演+バレエ2公演とか、パッケージが色々ありました。

 

3.座席

購入手続きまで行かずに歌劇場内の座席を見る場合は、Visit and Explore → On-Site Services → Useful information → Seating Plan and Prices で確認できます。

Seating plans and prices - Practical informations - Opéra national de Paris

f:id:tabikichi:20190522075705j:plain

左上のボックスで、「Palais Garnier」を選択。ステージから見た座席表です。座席番号は表示されず、カテゴリーのみの座席マップです。

Loge de Face、つまり正面のボックス席では、最前列が1番高いOptima、2列目がCat.1、3列目がCat.2、というように分かれています。Loge de Côté、つまりサイドのボックス席でも、最前列と奥の座席ではカテゴリが違います。
 

座席用語

Orchestre 平土間席
Balcon バルコニー席
Baignoires 地上階サイドのボックス席
Loges de Face 正面ボックス席
Loges de Côté サイドボックス席
Amphithéâtre 最上階席
Stalles 両脇席
 

実際の座席

f:id:tabikichi:20190530064927j:plain

ステージ側から見上げてみた写真です。

手前に並んでいるのがOrchestre(オーケストル)、その少し上がBalcon(バルコン) です。その奥に見える、赤いボックス席が1er Loge de Face(プルミエ ロージュ ドゥ ファス)、1階正面ボックス席。その上に2階、3階、最上階のAmphithéâtre(アンフィテアトル)のところまで見えます。

f:id:tabikichi:20190530065300j:plain

少し低めのところを撮ったものです。Orchestreの奥に見えるのがBaignoires(ベニョワール)、地上階サイドボックス席です。

この日は2階席のLoge de Face、正面ボックス席にいました。横を見るとこのような感じ。f:id:tabikichi:20190530065442j:plain

Loges de Côté (ロージュ ドゥ コテ)は4階までは見えるのですが、5階は見えませんでした。 

 

4.字幕

字幕は幕が上がったところにあったので、上演中の字幕の様子は撮れませんでした。

f:id:tabikichi:20190530072616j:plain

終演後のカーテンコールの様子。

f:id:tabikichi:20190530072710j:plain

ここの上部黒い部分の真ん中に、フランス語字幕と英語字幕が上下で表示されてました。英語字幕は文字色がオレンジ色っぽくて、見にくかったです。

 

5.チケットとパンフレット

f:id:tabikichi:20190530065759j:plain
f:id:tabikichi:20190530070319j:plain

チケットとパンフレットです。パンフレットはホワイエやロビーに立っている係の人から、現金で買いました。 

 

6.クローク 

Loge(ロージュ。ボックス席)には中にコート掛けがあるので利用しませんでしたが、こんな風なクロークが右と左の両サイドにありました。ハンガーマークが分かりやすい。

f:id:tabikichi:20190530070149j:plain

 

7.休憩時間

オペラガルニエの豪華な吹き抜け空間を背に、バーカウンターが出てました。

f:id:tabikichi:20190530071016j:plain

オペラ通り側には、思わず声が出るようなゴージャスな空間がありました。

f:id:tabikichi:20190530071122j:plain

 

8.その他

Loge de Faceでは3つのドアの向こう側が一つの空間になってました。開演時間が近づくと、係の人が順にドアの鍵を開けていくのですが、このとき、3つのドアのうち端の1つしか開けないので、どのドアから入ったら自分の座席があるのか?初めてだと非常にわかりにくい。

f:id:tabikichi:20190530073103j:plain

でも係の人にチケットを見せると、そこのドアから入れ、あのドアから入れ、というように教えてもらえます。

劇場に入る前にセキュリティチェックがありました。

f:id:tabikichi:20190530073147j:plain

 

♪♪他の歌劇場はこちら♪♪ 

【ヨーロッパの歌劇場】-ヨーロッパの歌劇場 カテゴリーの記事一覧 - 超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

♪♪パリオペラ座の近くのホテルを探す。♪♪ 

Booking.com

 

【カリアリ旅行記】2:サルデーニャ島は、山の幸が美味しかった。カリアリ旅行記後半

サルデーニャ島の州都カリアリ、食べて歩くだけの旅行記の2日目です。

目次

 

眠い午前中は観光に向かう 

2日目の朝。相変わらず景色が素敵。

f:id:tabikichi:20190704055019j:plain

いい天気です!

f:id:tabikichi:20190706230013j:plain

アパートメントから歩いてすぐの、考古学博物館に向かって歩きます。

f:id:tabikichi:20190706230100j:plain

壁と壁に挟まれたみたいな門から、内部へ入城。

f:id:tabikichi:20190706230103j:plain


考古学博物館

f:id:tabikichi:20190706231248j:plain

最初っから、あまり観光するつもりではなかったカリアリ旅行。ですが、時間がたっぷりあるので、午前中に考古学博物館だけ行ってみることにしました。 

f:id:tabikichi:20190706231431j:plain

f:id:tabikichi:20190706231436j:plain

f:id:tabikichi:20190706231446j:plain
f:id:tabikichi:20190706231449j:plain

なんか可愛げのある、サルデーニャ島の発掘品。

サルデーニャって書いてある石板が展示されてました。

f:id:tabikichi:20190706231606j:plain

考古学博物館を出た後は、ベンチでしばし休憩。・・・というか、気持ちよかったのでちょっと寝ました。

f:id:tabikichi:20190706231714j:plain

そのあと、だらだら丘を降りていきます。

f:id:tabikichi:20190706231758j:plain

 

ドゥオモ、路地、テラッツァ・ウンベルト

f:id:tabikichi:20190706233310j:plain

見晴らしの良いポイントから見るカリアリ

建物は南イタリアっぽいカラフルさと、少しくたびれた感じが雰囲気あります。

f:id:tabikichi:20190706233341j:plain

例えばこんなかんじ。

f:id:tabikichi:20190706233450j:plain

窓が埋められて、手すりだけ残ってました。

f:id:tabikichi:20190706233511j:plain

これは市庁舎?っぽい。

f:id:tabikichi:20190706233534j:plain

何かイベントがある日だったみたいで、マーチングバンドみたいな演奏者が楽器を持ってうろうろしてました。

その隣に見えてきたのが、ドゥオモ。

f:id:tabikichi:20190706233628j:plain

ファサード、素敵です!

f:id:tabikichi:20190706233656j:plain

少し後ろに下がったところから見上げるドゥオモも、街に溶け込んでてまた素敵。

f:id:tabikichi:20190706233809j:plain

このあたりは路地の雰囲気もすごくいい感じのところでした。

f:id:tabikichi:20190706233903j:plain

f:id:tabikichi:20190706233907j:plain

f:id:tabikichi:20190706233909j:plain

路地を辿って、海が見えてくるまで。

通りを抜けると、テラッツァ・ウンベルトの展望台に出ます。広い!

f:id:tabikichi:20190706233953j:plain

手すりから覗いたところ。

f:id:tabikichi:20190709223320j:plain

ここ、昨日アパートメントに向かう途中に見た、壮麗な建築物の上の広場でした。

見下ろすと道路、街、向こうに海。

f:id:tabikichi:20190709223413j:plain

反対側もすごく広い。

f:id:tabikichi:20190709223452j:plain

このあたりのイタリアっぽい景色。

f:id:tabikichi:20190710003010j:plain

f:id:tabikichi:20190710003016j:plain

f:id:tabikichi:20190710003028j:plain 

サルデーニャの家庭料理は山の幸がうまかった

そろそろお昼です。この日は日曜日なので、街の中はけっこう閑散としてました。

f:id:tabikichi:20190710003202j:plain

閉まってるお店も多い中、大人数で賑わうレストランを見つけたのが、ここ。

f:id:tabikichi:20190710003257j:plain

中は地元住民?親戚一同でしょうか、大勢でテーブルを囲んで座ってます。子供もいる。

f:id:tabikichi:20190710003350j:plain

メニューには単品料理の値段が書いてなくて、前菜・パスタ・デザートでいくら、前菜・パスタ・メインとデザートでいくら、というような値段が書いてました。どのコースもハウスワインが付いてます。海系のメニューがあったかどうか、忘れてしまいました。

f:id:tabikichi:20190710003752j:plain
f:id:tabikichi:20190710003755j:plain

前菜。左は豆と羊の腸の煮込み。右はカタツムリです。

タツムリは最初どうやって食べるのかわかりませんでしたが、隣のテーブルを見ると、殻をフォークで抑え、テーブルにあるつまようじで身を取り出す、ということをやってました。なんなら手とつまようじでもいいみたい。

この2皿は、すっごく美味しかったです!普段食べたい。

f:id:tabikichi:20190710004055j:plain

パスタは細長いプレートに二人分乗ってきました。詰め物パスタ、クルルジョネスとつぶつぶのフラゴラ。フラゴラの具はまたしてもカタツムリを選びました。手前の詰め物パスタ、中身はペコリーノ・ロマーノとすりおろしたジャガイモでした。これらもとっても美味しかったです。

f:id:tabikichi:20190710004408j:plain

そしてデザート。これも、すっごく美味しかった!

手前のミニケーキみたいなのは温めてあって。ポットの中身は甘い系のリキュール。クッキーも、はちみつを使ってるっぽくて、素朴だけど完璧なスイーツ。

食事も含めてかなり感動の美味しさでした。

島ってことで魚を食べなければ!と思ってたところがあったけど、チーズとかカタツムリとか羊とか、山の幸の方が美味しかったのはちょっとした発見でした。

 

最後までのんびり

f:id:tabikichi:20190710005023j:plain

相変わらず紫がきれいな並木道。

f:id:tabikichi:20190710005158j:plain

港沿いの通りでは、子供のバレーボール祭りみたいなのが開かれてました。

f:id:tabikichi:20190710005216j:plain

カフェトリノで休憩。ちなみに、隣にはカフェローマがあります。

f:id:tabikichi:20190710013038j:plain

港沿いをフラフラしたら空港へ。

f:id:tabikichi:20190713200619j:plain

f:id:tabikichi:20190713200623j:plain

食べて歩いて、昼寝するくらいしかしなかったけど、楽しかったです。市場に行けなかったのがちょっとだけ心残りでした。