超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

ヨーロッパに住んでいる旅行好きです。バックパッカーやキャンプなどはしません(できません)・・・。公共交通機関ばかり利用してきた、これまでの個人旅行記録と旅のHow To。

【マドリードとグラナダ】マドリードの美術館とアルハンブラ宮殿に行くスペイン旅行(5日間)

2018年11月。ずっと行こうと思っていたアルハンブラ宮殿に行くことにしました。ついでにマドリードの美術館巡りも追加して、5日間で行ってくることにしました。

 

目次

 

スペインに行こう

スペイン。スペインの有名観光地と言えば、バルセロナグラナダマドリードです。このうちバルセロナだけは昔行ったことがありました。その時から、行こう、行きたい!と思って行けていなかった観光地がグラナダアルハンブラ宮殿です。

f:id:tabikichi:20181218045357j:plain

ずっと計画だけは立てていて、アルハンブラ宮殿をじっくり観光するなら半日、最低3時間あれば何とかなる。グラナダの旧市街も合わせれば、丸1日あればけっこう堪能できるはず。つまり1泊2日で行ける、と踏んでいました。

今回、連休を生かして、アルハンブラ宮殿目当てにグラナダ2日間、美術館目当てにマドリード2日間、移動日に1日の5日間で行ってみることにしました。

 

グラナダの他にも。スペインの主な観光地

マドリード

f:id:tabikichi:20181218043607j:plain

首都です。今回の旅行ではここへ。プラド美術館ピカソゲルニカ、それから王宮があります。

 

バルセロナ

f:id:tabikichi:20181218043626j:plain

たぶんスペインで最も人気の旅行地ではないでしょうか。ガウディ建築で彩られた芸術の街が魅力的。でも個人的に一番良かったのは、カタルーニャ美術館です。

 

グラナダ

f:id:tabikichi:20181218043648j:plain

今回の行き先もう一つがこちら。アルハンブラ宮殿はあまりにも有名。

 

サンティアゴ・デ・コンポステーラ

f:id:tabikichi:20181218045159j:plain

スペイン北部の巡礼地です。

 

ミハス

f:id:tabikichi:20181218043757j:plain

スペインの白い村として有名。暖かい季節に行きたいです。

 

サン・セバスチャン

f:id:tabikichi:20181218044318j:plain

美食で有名なバスク地方のリゾート都市。この小さな街の港沿いにミシュランの星付きレストランが30件弱あるらしい。

 

 

マドリードでしたいこと

やっぱり美術館

f:id:tabikichi:20181218044537j:plain

今回マドリードの主目的はこれ。最も有名なところはプラド美術館です。ゴヤ、ベラスケス、エル・グレコなどのスペインの巨匠、その他にフランドル派の良い画家の作品がそろっています。プラド美術館のほかにも、ティッセン・ボルネミッサ美術館やソフィア王妃芸術センターなど、有名絵画を擁する美術館が集まっています。絵画漬けの1日、考えただけで楽しみ。


王宮と修道院

f:id:tabikichi:20181218044657j:plain

スペイン王室の王宮と、近くには王立修道院があります。


バルとタパス食べ歩き

f:id:tabikichi:20181218044949j:plain

スペインと言えばバル。マドリードでもタパス文化が普通にあるみたいなので、行ってみたいです。

 

グラナダでしたいこと

アルハンブラ宮殿

f:id:tabikichi:20181218045813j:plain

グラナダといえば、のアルハンブラ宮殿です。正門のチケット売り場でもチケットが買えるみたいですが、万が一を考えてネットで予約してから行きました。

予約方法は次の記事で。


アルバイシン地区をうろうろ

f:id:tabikichi:20181218050017j:plain

グラナダの旧市街、アルバイシン地区です。丘の上の街で、曲がりくねった道だらけ。街歩きが楽しそうな場所です。

 

バルとタパス(グラナダ風)

f:id:tabikichi:20181218044825j:plain

グラナダのバルでは、カウンターでドリンクを頼むと、タパスが1品無料で出てくるらしい。

 

ロッコ料理&モロッカンティー

f:id:tabikichi:20181218052355j:plain

グラナダは今でもアラブ文化が根付いていて、異国情緒を楽しめる街。あちこちにモロッコ料理のお店や、モロッコ風のミントティーを出すカフェがあるみたいです。これはぜひとも試してみたいところ。

 

マドリードグラナダの観光時間と宿泊地

行きはマドリード、帰りはグラナダ空港から帰ることにしました。マドリードからグラナダへは電車とバスで移動します。

1日目(金)09:00 マドリード空港着
3日目(日)14:35 マドリード発(鉄道&バス)
      18:25 グラナダ
5日目(火)17:30 グラナダ空港発

移動時間も含めてですが、観光できる自由時間は5日間。マドリードで丸2日と午前中、グラナダで丸1日と最終日15時くらいまで、です。

 

マドリードのホテルは美術館に行きやすいところで、かつ、グラナダへの移動も考え、駅にも歩いて行けそうな距離のホテルを予約しました。

www.booking.com

グラナダはたまたまセールになっていたRoom Mateグループのホテルを予約。このグループのホテルは以前バルセロナで利用したことがあって、けっこう良かったので。

www.booking.com

 

観光ルートやチケットの予約方法など、次の記事に続きます。

(続く)

CREA Due Traveller「最愛スペイン」

 

雑感:抹茶ラテを目指して。ミラノのスタバはグッズが可愛いアミューズメントゾーン・・・だけど注文が難しい

f:id:tabikichi:20190212084919j:plain

2019年1月。ミラノに行ったら、イタリアで初のスタバというのが出来てました。じつは2018年の秋ごろにオープンしてたらしいですね。ちょっと今更感ありますが、行ってきた感想です。

目次

 

お店はいまだ入場制限あり

f:id:tabikichi:20190212085322j:plain

ミラノで一番目立つ、ドゥオモ広場の端っこから歩いて5分ほど。コルドゥシオ広場の郵便局だったビルにオープンしたスタバは、オープンから3カ月ほど経ってると思いますが、いまだに混雑。みんながカフェに入りたくなる夕方は、入場制限がかかり、列が出来てました。

 

スタバであってスタバではない、オシャレ内装

f:id:tabikichi:20190212085800j:plain

内部はこんな感じ。真鍮っぽいゴールドをベースにした内装でした。真ん中の方にローステリーっていうんでしょうか。コーヒー豆のロースト機械みたいなのがどでんと置かれていて、工場みたいです。

f:id:tabikichi:20190212085923j:plain

スタバのセイレーンってこんなんでしたっけ。

f:id:tabikichi:20190212085951j:plain

 

 

カウンターがたくさん

内部には、それぞれ売っているもの別?に、カウンターが分かれてます。

f:id:tabikichi:20190212090111j:plain

ミラノに行くと大抵食べに行く、ベーカリープリンチが入ってました。ここのパンは美味しいのです。

ここはスイーツっぽいものとドリンクのカウンターのようです。

f:id:tabikichi:20190212090619j:plain

こっちはコーヒー豆売り場っぽい。

f:id:tabikichi:20190212090637j:plain

奥の2階はバーカウンターでした。

f:id:tabikichi:20190212090656j:plain

 

スタバグッズが可愛い

f:id:tabikichi:20190212090734j:plain

フロアの至るところに、小物類などが乗った棚が置かれていて、それがどれも可愛くてセンスが良くて、じっくり見てしまいました。上はコーヒーを淹れるいろんな器具。

下の写真の真ん中にあるセイレーンポスターは限定100枚、70~75ユーロだったと思います。

f:id:tabikichi:20190212090902j:plain

服もあります。

f:id:tabikichi:20190212090945j:plain

マグカップ類はいろんな形やサイズで種類がたくさんあって、大量の品揃えでした。

f:id:tabikichi:20190212091022j:plain

f:id:tabikichi:20190212091026j:plain

ピンバッジはスタバグッズなのだろうか・・?その下に、この建物の絵が描いてあるマグカップ

f:id:tabikichi:20190212092747j:plain

キーホルダー、というのもありました。

f:id:tabikichi:20190212092853j:plain


抹茶ラテへの道

さて、一通りグッズを見た後で、何か飲みたいと思い、一番行列が出来ているカウンターの近くに行ってみました。

店員さんがメニューを手渡してくれ、そこに「Matcha Latte」を発見。これ飲みたい!

抹茶ラテってここで飲めますか?と聞いたら、イエスともノーとも答えず、このカウンターではこれこれのコーヒーを注文できる、パンとかフードを食べたいならここじゃない、というようなことを言い出し、要領を得ない回答・・・英語だから余計によくわからない。

で、わからなかったので、他のカウンターで抹茶ラテっぽいものを頼んでる人がいないか見てみたのですが、それっぽいものを持ってる人はいません。

なんか人込みの中を右往左往しただけで、また、最初の列に戻ってきました。

違う店員さんに抹茶ラテ注文できますか?と聞くと、イエス、という答えだったので、とりあえず列に並んでカウンターに座ります。

f:id:tabikichi:20190212093248j:plain

カウンターの中のお姉さんはみんな美人でした。メニューを広げられ、ここのカウンターではこれらのどれかを注文しなければならない、ぽいことを言う。

f:id:tabikichi:20190212093334j:plain

・・・フライト&エクスペリエンスって何ですか??

抹茶ラテが飲みたい、というと、追加で注文はできる、とのこと。

よくわからないけれど、このカウンターに座った以上は、このメニューにあるコーヒーを注文しなければならないようでした。本当にそういうルールなのかはわかりません!

このメニューの一番上にあるOrigin Flightというのと抹茶ラテを頼みました。

f:id:tabikichi:20190212093639j:plain

おしゃれ過ぎて、一見してコーヒーのメニューとわからない。見ても何のことだがさっぱりなので、とりあえず一番上を注文してみたところ、やってきたのはこれです。

f:id:tabikichi:20190212093855j:plain

そういえば左右に座っているお客さんもこういうのを飲んでます。ここのスタバでローストした、種類の違うコーヒーを飲み比べてくださいっていう商品のようです。

少し遅れて、抹茶ラテ到着。

f:id:tabikichi:20190212094233j:plain

抹茶ラテは美味しかったです!

コーヒーは、スタバのコーヒーって感じの味でした。

ちなみにイタリアのカフェでほとんどの人が注文する、ブリオッシュとエスプレッソ。このセットを頼みたいときはどこのカウンターに行くのが正解なんでしょうか。

抹茶ラテだけ頼みたいときは結局どうすれば良かったのかも、謎のまま。

他のお客さんはいろいろなカウンターで買ったものを、店内の席に持っていって食べたり飲んだりしてるみたいでした。

f:id:tabikichi:20190212100519j:plain

注文が難しかったけど、店内はゴージャスで飽きないところでした!

カフェで休憩する場所、というより新しい遊び場って感じがぴったり。観光ついでに行ってみたら楽しいかもしれません。

f:id:tabikichi:20190212100811j:plain

 

【アレッツォ旅行記】2:聖十字架伝説ほか、ピエロ・デッラ・フランチェスカのフレスコ画を見る

ピエロ・デッラ・フランチェスカとロレンツォ・ロットの絵画を見に、ウルビーノ→レカナーティ→ロレート→アンコーナボローニャを経由して最後にアレッツォに行く旅行。4日目最終日、アレッツォ旅行記の続きです。

目次

 

ヴァザーリの家

サン・フランチェスコ教会で共通チケットを買っていたので、サン・ドメニコ教会から近くにあるヴァザーリの家に行ってみました。

f:id:tabikichi:20190126044025j:plain
f:id:tabikichi:20190126044030j:plain

ヴァザーリについては「芸術家列伝」を書いた人、ということしか知らないです。本人も画家で、作品を見たことはありますがあんまり記憶に残らない絵だったような。

ウルビーノで見たラファエロの家とついつい比べてしまいますが、一軒家ではなくアパートだから?地味であんまり良い住まいという感じではないです。

f:id:tabikichi:20190126044052j:plain

ただし天井は豪華。

ラファエロの家の方は、一軒家というところも良かったし、家具や調度品もそれっぽく展示されていて、まさに家!という感じで面白かったです。

が、こっちはけっこう修復されてるみたいで、ギャラリーみたいな空間になってました。

ヴァザーリファンなら色々と興味深いのかも。

f:id:tabikichi:20190126044058j:plain

面白かったのはこの部屋の壁です。

 f:id:tabikichi:20190126044249j:plain

奥の壁、右側を拡大。

f:id:tabikichi:20190126050941j:plain

もう一部屋向こうにあるみたいな絵が描いてあるのです。狭さに嫌気がさした本人が描いたのかしら。

 

サン・フランチェスコ教会の聖十字架伝説

f:id:tabikichi:20190128224723j:plain

いよいよアレッツォハイライト。予約していた15時に、サンフランチェスコ教会に戻りました。

f:id:tabikichi:20190126075354j:plain

フレスコ画は主祭壇の奥の空間に描かれていて、見学者はすぐ近くまで入れます。

f:id:tabikichi:20190126075505j:plain

けっこう高いところにあったりして、写真の撮りにくいものも多かったけど、良かったです!

受胎告知。

f:id:tabikichi:20190126075556j:plain

アダムの死のシーン。

f:id:tabikichi:20190128223858j:plain

真ん中が死にかけの老人アダムだそう。

f:id:tabikichi:20190128223918j:plain

十字架だった木に祈りを捧げるシバの女王

f:id:tabikichi:20190126075614j:plain

このシーンの絵が一番良かったです。

f:id:tabikichi:20190126075542j:plain

f:id:tabikichi:20190126075650j:plainソロモンとシバの女王の会見のシーンです。

下は聖十字架に触れて生き返る人。派手な衣装の人が、世界で最初の聖遺物ハンター、コンスタンティヌス帝の母ヘレナです。

f:id:tabikichi:20190128211130j:plain

生き返るシーンを拡大して撮りたかったけど、ブレブレ。

f:id:tabikichi:20190128211238j:plain

ここは人数制限しているだけあって、かなり間近で見られるのが良かったです。

f:id:tabikichi:20190126080044j:plain

聖書の物語じゃなくて、聖十字架の伝説を描いているところもめずらしい。

 

アレッツォの大聖堂

f:id:tabikichi:20190128215337j:plain

アレッツォの大聖堂は、お昼ごろに一回行ったら、昼休みで閉まってました。

f:id:tabikichi:20190128224848j:plain
f:id:tabikichi:20190128224315j:plain

サン・フランチェスコ教会の聖十字架伝説を見た後、最後のピエロ・デッラ・フランチェスカを見に、再び大聖堂へ来ました。

f:id:tabikichi:20190128224350j:plain
f:id:tabikichi:20190128215449j:plain

観光客がたくさん。天井が綺麗でした。

f:id:tabikichi:20190128215523j:plain

この大聖堂のどこかに、ピエロ・デッラ・フランチェスカの描いた「マグダラのマリア」のフレスコ画があるというので、歩き回って探す。

・・・すぐ見つかりました。主祭壇の近くの、左の方の壁にありました。 f:id:tabikichi:20190128215704j:plain

柱のだまし絵的なものを背景にして、赤と緑の衣装を着たマグダラのマリアが立っています。

この絵、すごく好きです!

今回ウルビーノとアレッツォにて、色々なピエロ・デッラ・フランチェスカの絵を見てきましたが、その中で一番のお気に入りになりました。

衣装の色が良い。

f:id:tabikichi:20190128215907j:plain

表情もいいです。

大聖堂の他の装飾の一部みたいに、唐突にこの人物だけ描かれていて、それもまた面白いです。

f:id:tabikichi:20190128220507j:plain

大満足の大聖堂でした。

夕方に結婚式が行われるらしく、大聖堂の横にクラシックカーが横付けされてました。可愛い。

f:id:tabikichi:20190128225958j:plain

 

ディナー:Antica Fonte

充実のアレッツォ観光を終わらせて、旧市街を出た住宅街の中にあるレストランでディナーにしました。

f:id:tabikichi:20190128220827j:plain

パスタが美味しい!

f:id:tabikichi:20190128220843j:plain
f:id:tabikichi:20190128220858j:plain
f:id:tabikichi:20190128220845j:plain
f:id:tabikichi:20190128220848j:plain
f:id:tabikichi:20190128220903j:plain
f:id:tabikichi:20190128220854j:plain

肉とかワインとかも美味しくて、店員さんも親切で、デザートまでがっつりいただきました。週末だったので、帰るときにはすごい混雑になってました。

 

フィレンツェから帰る

f:id:tabikichi:20190128224927j:plain

ウルビーノから始まった今回の旅行、アレッツォで終了です。

最終日はアレッツォ駅からフィレンツェSML駅まで電車で1時間、そこからさらに空港バスで30分。フィレンツェ空港から帰ります。

鉄道駅がなくて躊躇していたウルビーノやレカナーティに、思い切って行けたのは本当に良かったです。街も絵もすごく良くて、大満足。

ただ、アレッツォからサンセポルクロやモンテルキに行けなかったのが少し心残りです・・・もしまた行けたら行ってみたい。

 

ウルビーノマルケ州とアレッツォ旅行計画≫

  1. ピエロ・デッラ・フランチェスカとロレンツォ・ロットを見に行く 
  2. 各都市への行き方と5日間の観光ルート 

ウルビーノマルケ州とアレッツォ旅行記

  1. ピエロ・デッラ・フランチェスカ目当てにウルビーノへ 
  2. 小さいけどけっこう面白い。城壁で囲まれた、ルネッサンスの理想都市 
  3. アンコーナ経由。ロレンツォ・ロットの絵を見に、丘の上の城壁の街レカナーティへ行く 
  4. スピリチュアルってだけではなさそう。ロレートの聖なる家 
  5. 2時間弱のアンコーナ観光。岬のてっぺんの大聖堂と、坂の途中の魅力的な教会 
  6. アレッツォ半日観光。グランデ広場周辺と、古い教会 
  7. 聖十字架伝説ほか、ピエロ・デッラ・フランチェスカのフレスコ画を見る ⇐今ココ