超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

ヨーロッパに住んでいる旅行好きです。バックパッカーやキャンプなどはしません(できません)・・・。公共交通機関ばかり利用してきた、これまでの個人旅行記録と旅のHow To。

【ヴェネツィアの島】ムラーノ島・ブラーノ島・トルチェッロ島をめぐる、1日観光ルート(丸1日)

f:id:tabikichi:20181003095024j:plain

2018年6月。11世紀~12世紀のビザンティン教会目当てに、ヴェネツィアの島だけを観光しに行くことに。航空券とムラーノ島のホテルを予約したので、それぞれの島の観光ルートを検討しました。

 

目次

 

ムラーノ、ブラーノ、トルチェッロの位置関係

f:id:tabikichi:20181005215505j:plain

 

まずは、空港からホテルまでの行き方

ヴェネツィア空港到着は19時過ぎ。まずはここから、予約したムラーノ島のホテルに行かねばなりません。

あまり何も考えずにホテルをムラーノ島に取ったのですが、ムラーノ島は空港から出ているアリラグーナ社の水上バスで一駅、30分でした。

アリラグーナ社のウェブサイト:
https://www.alilaguna.it/

f:id:tabikichi:20181003074241j:plain

一番本数の多い青ラインという船に乗ります

ちなみに以前のヴェネツィア本島のみの観光のとき は、空港からサン・マルコ広場近くのサン・ザッカリアという駅まで1時間半かかったのでした。

・・・これに比べると手頃な距離感です!

ホテルも本島と比べると安かったし、ムラーノ島からヴェネツィア本島まではACTV社の水上バスで10分だし、普通にヴェネツィアを観光する場合にも便利かもしれない。

空港からの路線はこのような感じ。

f:id:tabikichi:20181003074438j:plain

そして、時刻表はこちら。
Orario Linea Blu | Alilaguna

 

教会や観光施設のオープン時間

行きたい教会や観光施設のオープン時間です。

朝早くから活動するつもりでいたけれど、どこもオープンは10時台。(観光するのは日曜日。)サンティ・マリア・エ・ドナート教会に至っては、12時半にならないと開かない・・・。ということで、朝はゆっくりできそうです。

ムラーノ島:サンティ・マリア・エ・ドナート教会

平日(土曜含む):9:00-18:00
日曜・祝日   :12:30-18:00
Communio » Orari visite turistiche
(上記ページの「SS.Maria e Donato」のところが紹介ページです)

ムラーノ島:ガラス博物館(Museo del Vetro)

毎日:10:00-18:00
Venice Glass Museum | Murano | Official Website

トルチェッロ島:サンタ・マリア・アッスンタ教会

3月-10月:毎日10:30-18:00
11月-2月:毎日10:00-17:00
Basilica di Santa Maria Assunta di Torcello - turismovenezia.it

ブラーノ島:レース博物館(Museo del Merletto)

火曜-日曜:10:00-18:00
月曜:休み
Venice Lace Museum Official Website


ランチの予約

f:id:tabikichi:20181003092002j:plain

以前のヴェネツィア旅行時に、美味しそうなレストランを予約しようとしたら、軒並み満席でした。このことを思い出し、今回は早めにちゃんと予約して美味しいものを食べよう!島めぐりだから、もちろん島で食べよう!と、日曜オープンのランチ場所を調査。

複数の口コミサイトを調べたところ、レストランの数は、多い順にブラーノ島ムラーノ島>トルチェッロ島という感じ。

トルチェッロ島のゆったり何にもなさそうな雰囲気の中で、農家が兼業でやっているレストランで・・・というのも素敵そうだけど、ここは無難に、一番観光客の多そうなブラーノ島で、日曜も開いていて、さらに評判の良さげなレストランを予約することにしました。

ここです。Ristorante RivaRosa:
rivarosa-ristorante

 

島めぐりに必須。ACTV社の水上バス時刻表

空港とヴェネツィアをつなぐ水上バスはアリラグーナ社(Alilaguna)という会社ですが、ヴェネツィアまわりのこまごました交通は、ACTVという会社の水上バスを使います。

ムラーノ、ブラーノ、トルチェッロの全部に止まってくれる、12番という水上バスが本数も多く、便利そうでした。

ACTV社の路線別時刻表:
ORARI SERVIZIO DI NAVIGAZIONE | ACTV

上記URLから、12番を開いたところを抜粋。

f:id:tabikichi:20181003094102j:plain

f:id:tabikichi:20181003094255j:plain

ムラーノ島ヴェネツィア本島を行き来するだけならば、4.1番、4.2番が便利そうです。

それから、最初に乗るときに、この会社の一日乗車券を買うことにしました。これで好きなだけ水上バスに乗れるってわけです。


ムラーノ島スタートの、ヴェネツィア島めぐりルート

ムラーノ島の教会は12:30にならないと入れないので、まずはトルチェッロ島に行きます。そのあと、ブラーノ島のランチを挟んでムラーノ島に戻ることにしました。

空港からの水上バス(青ライン)は、ムラーノコロンナという停留所に止まります。そこからホテルを目指し、1日目は終了。

f:id:tabikichi:20181003104052j:plain

翌朝はチェックアウトしたら、ACTV社の12番の水上バスが出る、ムラーノファロという停留所へ。そこからトルチェッロ島に行きます。

f:id:tabikichi:20181003104537j:plain

トルチェッロ島でまずサンタ・マリア・アッスンタ教会を見ます。そのあと、ブラーノ島にわたって、ランチと観光。そしたらムラーノ島にもどって、サンティ・マリア・エ・ドナート教会などを見ます。

f:id:tabikichi:20181003105154j:plain

かなり多めに見積もっても、時間が余りそうな観光ルート。暇を持て余したら、ヴェネツィア本島にもちょっと行ってみようかと思います。

 

(続く)

ヴェネツィアの島≫

  1. 水の都の下町。ヴェネツィアの島めぐりに行ってみる 
  2. ムラーノ島・ブラーノ島・トルチェッロ島をめぐる、1日観光ルート ⇐今ココ

ヴェネツィアの島旅行記