超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

ヨーロッパに住んでいる旅行好きです。バックパッカーやキャンプなどはしません(できません)・・・。公共交通機関ばかり利用してきた、これまでの個人旅行記録と旅のHow To。

【イスタンブール旅行記】気になるところにもう一回。2度目のイスタンブール観光

ワンとイスタンブール旅行、ワンに行く前後に寄ったイスタンブール編です。前回気になっていたところをもう一度訪問・・・とは言っても、あまり時間がなかったので、本当に限られた観光になりました。

ワン旅行記はこちら。

 
 
目次

 

エミノニュ広場近くでジャーケバブを食べる 

f:id:tabikichi:20190620081636j:plain

イスタンブールについて、真っ先に行ったのがこのお店。前回のイスタンブール旅行で美味しかったから、もう一回行きたいと思っていたお店です。

ここに行くためだけに、このお店に一番近いホテルを予約しました。

f:id:tabikichi:20190620081727j:plain
f:id:tabikichi:20190620081729j:plain

美味しかった!美味しかった・・・けど、なんか前回食べたときより量が少なくなったような。

ちなみに、至近の距離にあるホテルがこちら。

f:id:tabikichi:20190620081844j:plain

このエリアは、ジャーケバブ以外にも食堂が密集しているので、食べるところには困りません。あと、アヤソフィアとかのエリアにも簡単にアクセスできる立地です。

www.booking.com

リーズナブルで、最低限のものはあるし、清潔で良かったです。

 

フェネル・バラット地区(Fener・Balat)

f:id:tabikichi:20190620082004j:plain

この地区は前回旅行時、歩いててたまたま見つけたインスタ映えスポットです。インスタやってないけど。

単なるおしゃれカフェエリアと思ってましたが、ここ、かつてギリシャ人コミュニティがあったという、古い伝統的なエリアでした。ちょっと裕福なギリシャ人がここにフェネルハウスという家を建て始め、それが見どころとなってます。

建物の壁をカラフルにしたり、カフェがたくさん出来たり、というのは最近の話のようです。それで観光客を呼び込もうとしているみたい。

f:id:tabikichi:20190620084248j:plain

カラフル具合はこんなかんじ。

f:id:tabikichi:20190620084306j:plain

坂も多く、歩くのが楽しい場所です。

ブルガリア正教

まず行ったのがこれ。ネットでこのエリアのウォーキングツアーをいくつか調べたのですが、ここを始点にすべし、というものが多かったです。

f:id:tabikichi:20190620084435j:plain

バラット地区の金閣湾沿いにあります。白い、端正な装飾が美しい教会。

f:id:tabikichi:20190620084538j:plain

内部では洗礼が行われていました。入口から見たところ。

f:id:tabikichi:20190620085437j:plain

扉のメタルな質感の装飾が素敵です。

フェネルハウス

もう一度このエリアを観光しよう!と思って調べたとき、「ここを見るべし」というメインストリートがはっきりしなくて、けっこう困りました。

いろんなガイドツアーの内容などを確認して、たぶんここがそうかな・・・と目星を付けたのがこちらの坂道。

f:id:tabikichi:20190620085038j:plain

一応、観光案内みたいな看板があるので、たぶんここがその、フェネルハウスだと思いたい。

f:id:tabikichi:20190620085126j:plain

壁のカラフルさは、最近塗ったからかな。

坂を上ったところの建物。窓枠を囲った感じとか、トルコっぽくなくて異国な雰囲気です。

f:id:tabikichi:20190620085641j:plain

ただしこの近辺、ちょっと離れると、こんな風に荒れ果てた感じになります。

f:id:tabikichi:20190620085804j:plain

野良犬がうろついてたりもするので、暗い時間は行きたくない場所。

フェネルハウスとは関係ないと思うけど、タイル貼りが美しい家もありました。

f:id:tabikichi:20190620085859j:plain

f:id:tabikichi:20190620090038j:plain

 

カフェで休憩

このエリア、内陸側に行けば行くほど、丘になっていて坂が多いです。一方、金閣湾に近いところは平坦で、金角湾沿いの道路から一本入った辺りに、カフェがずらっと並んでます。

f:id:tabikichi:20190620090218j:plain

そのうちの1軒に入りました。

f:id:tabikichi:20190620090258j:plain

アンティークの並んだ店内。

f:id:tabikichi:20190620090552j:plain

この日はすごく暑くて、体力を消耗しました。自家製レモネード。

f:id:tabikichi:20190620090611j:plain

 

ギリシャ正教高等学校

暑いけど、頑張って最後の目的地に向けて坂を上ります。

f:id:tabikichi:20190620092243j:plain

f:id:tabikichi:20190620092246j:plain

途中に通った、カラフルな階段と無防備な猫。

f:id:tabikichi:20190620092324j:plain

これです!Greek Orthodox College。ギリシャ正教の高等学校。この赤いレンガの美しい建物、前回遠くから見つけて、近くで見たかったんですよね。

広大な敷地を回り込むと、こんな砦みたいなのが見えてきます。かっこいい。

f:id:tabikichi:20190620092442j:plain

裏手には塔。この手前にある裏口っぽい門の前は、それを塞ぐようにモスクが建ってました。

f:id:tabikichi:20190620092440j:plain

高校ってことなので、門は開いてませんでした。時間を選べば、中を見学出来たりするのだろうか。

この辺りの坂はかなり急傾斜。金閣湾が見えます。

f:id:tabikichi:20190620092809j:plain

ふもとのきれいな色の建物と、猫。

f:id:tabikichi:20190620092839j:plain
f:id:tabikichi:20190620092842j:plain

 

新市街観光。は、できなかった

さて、ここからはワンに2泊した後のイスタンブール。もともとの計画では、前回あんまり見てなかった新市街やアジア側を観光しよう!と思ってたのですが・・・

f:id:tabikichi:20190620095900j:plain

トルコ東部のワン(Van)から朝の飛行機で帰ってきて、タクシム広場の近くのホテルにチェックインできたのが昼過ぎ。

このホテルでは、最上階のバルコニー付きの部屋を予約してました。

f:id:tabikichi:20190620095932j:plain

全面窓!

そして・・・この景色!!

f:id:tabikichi:20190620095949j:plain

窓を開けたまま観光も忘れて、がっつり昼寝しました。冷たいベッドと風が気持ちよかった。

www.booking.com

 

新市街の魚料理レストラン

f:id:tabikichi:20190620100250j:plain

起きたのは夕方ごろ。

f:id:tabikichi:20190620100108j:plain

ディナーを食べに出かけました。トルコ料理がちょっと飽きてきたので、シーフードのレストランを目指します。

イスティクラール通りの横道。

f:id:tabikichi:20190620100232j:plain

ここに入りました。

f:id:tabikichi:20190620100425j:plain

けっこう美味しかったです!前菜はショーケースから選ぶタイプ。

f:id:tabikichi:20190620100502j:plain
f:id:tabikichi:20190620100505j:plain
f:id:tabikichi:20190620100601j:plain
f:id:tabikichi:20190620100604j:plain

魚は季節によって無いものもあるので、店員さんに聞けば教えてくれます。地元の名士っぽい、おじさんたちがわいわい集まって飲んで食べてました。

帰りに焼き栗を購入。

f:id:tabikichi:20190620101135j:plain

夜のボスポラス海峡

f:id:tabikichi:20190620101200j:plain

充実のトルコ旅行でした。結局新市街の宮殿とか見れていないので、またいつか行きたいです。

 

 ≪ワンとイスタンブール旅行計画≫

  1. ワン湖のアクダマル島に建つアルメニア教会を見たくて、トルコへ 
  2. 2度目のイスタンブール、行きたいところと観光日程 

≪ワンとイスタンブール旅行記

  1. でっかい聖人や動物で飾られた10世紀の教会を見よう。ワンからアクダマル島への行き方 
  2. アクダマル島からワンへの帰り方。それからワン猫と触れ合う 
  3. 気になるところにもう一回。2度目のイスタンブール観光 ⇐今ココ