超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

ヨーロッパに住んでいる旅行好きです。バックパッカーやキャンプなどはしません(できません)・・・。公共交通機関ばかり利用してきた、これまでの個人旅行記録と旅のHow To。

【イスタンブール旅行記】5:都会を離れてひと息。イズニク日帰り旅行

イスタンブール旅行記その5です。天気に恵まれたので、イズニクへ日帰り観光。

目次

 

イェニカピ(Yenikapi)フェリーターミナル 

この日は晴れ予報だったので、朝早くからイズニクへ日帰り観光に出かけました!

イズニクへはフェリーで行きます。行き方はこちら。

tabikichi.hatenadiary.com

 

f:id:tabikichi:20190210111437j:plain

イェニカピフェリーターミナルまでは、ホテルのすぐ近くのスィルケジ駅から、マルマライという鉄道に乗って一駅。スィルケジ駅のホームはすごく深いところにありました。切符は窓口で購入。

f:id:tabikichi:20190210111558j:plain
f:id:tabikichi:20190210111602j:plain

イェニカピ駅で降りたら、たくさんの「ido」の看板があるので、これを目印に歩くと迷いません。

でっかい駐車場みたいなのを横切る。

f:id:tabikichi:20190210111756j:plain

着きました。

f:id:tabikichi:20190210111820j:plain

切符売り場は整理券システム。番号が表示された窓口に行きます。

f:id:tabikichi:20190210111851j:plain

イェニカピからヤロワまでの往復で買いたいことを告げると、時間を聞かれます。全席指定のようで、帰りのフェリーも時間をばっちり決める必要があるみたい。

行きは9:45発、帰りは16:45発のフェリーを予約しました。

出発時間までカフェでお茶を飲む。

f:id:tabikichi:20190210112552j:plain

f:id:tabikichi:20190210112557j:plain
f:id:tabikichi:20190210112558j:plain

勝手に猫カフェ状態。

f:id:tabikichi:20190210112627j:plain

この船に乗ります。かなり大きい。

f:id:tabikichi:20190210112650j:plain

フェリーの中にもカフェテリアがあって、パンとかコーヒーとか買えます。

ヤロワに到着。11時でした。

f:id:tabikichi:20190210112755j:plain

降りて右方向に歩いていくと、ワゴン車みたいなのがたくさん集まってる駐車場があります。運転手が声をかけてくるので、行き先を告げればOK。それぞれバスに行き先が書いてあるから分かりやすいです。

 

アヤソフィア・ジャーミィ

イズニクまでのバスはヤロワから1時間。途中、大きな湖が見えてきたらすぐです。

f:id:tabikichi:20190210200016j:plain

この時計台みたいなのが見える道路で降りました。すぐそこがアヤソフィアジャーミィです。

f:id:tabikichi:20190210200101j:plain

これがそれです!ガイドブックなどによると、4世紀にローマ時代の神殿跡に建てられた教会で、787年に第7全地公会議が開かれた場所。第2ニカイア公会議、とも言います。

第7回というとイコノクラスム(聖像破壊運動)を否定した会議です。

世界初の全地公会議、325年の第1ニカイア公会議についての記述が、看板にも、ガイドブックにも書かれてません。

第1ニカイア公会議が行われた場所だと思ってわくわくしながら来たのですが、ここじゃないのかも。

f:id:tabikichi:20190210201512j:plain
f:id:tabikichi:20190210205544j:plain

できれば1回目の公会議が開かれたという教会を見てみたかった。湖に沈んでる教会がそれだったりするのかな。

内部です。その当時のものそのままではないにせよ、公会議をするには少し狭いように感じますがどうでしょう。

f:id:tabikichi:20190210200740j:plain

現役モスクなので、絨毯が敷いてあります。

f:id:tabikichi:20190210201222j:plain

3身廊のバシリカ式。

奥の方に2つのドームがあり、内側にうっすらとフレスコ画が見えました。

f:id:tabikichi:20190210200819j:plain

ドームの窓の周り。聖人らしきものがいます。

f:id:tabikichi:20190210201027j:plain

f:id:tabikichi:20190210201058j:plain

真ん中のアプスには何もなし。

f:id:tabikichi:20190210205930j:plain

もう一つのドーム内側。こっちはけっこうわかります。

f:id:tabikichi:20190210201132j:plain

11世紀の地震の後に建て直されたらしいので、フレスコ画はその時のものかもしれません。

奥には何か石棺がありました。

f:id:tabikichi:20190210201253j:plain

入口入ってすぐのところには、古そうなモザイクタイル。

f:id:tabikichi:20190210201354j:plain

一部を拡大。

f:id:tabikichi:20190210201427j:plain

外側を一周してみました。

f:id:tabikichi:20190210205625j:plain

f:id:tabikichi:20190210205629j:plain

ビザンティン風の屋根の瓦は、あとでそれっぽく付け足したんだろうなあ。

f:id:tabikichi:20190210205632j:plain

ちなみに昼過ぎに前を通ってみたら礼拝の時間だったようで、びっしり入口まで人がいるのが見えました。

f:id:tabikichi:20190210205748j:plain

こうしてみると、修復された屋根部分がくっきり。見るものはほとんど残ってなかったけど、なかなか興味深い場所でした。

 

ランチ

f:id:tabikichi:20190210205810j:plain

f:id:tabikichi:20190210205814j:plain
f:id:tabikichi:20190210205817j:plain

アヤソフィア・ジャーミィの目の前のトルコピザ屋さん。美味しくてお腹いっぱいになるのにずいぶんと値段が安かったです。

 

イズニクのんびり観光

アヤソフィア・ジャーミィの隣のインフォメーションで、ヤロワ行きのバスの乗り場と出発時刻を教えてもらい、イズニク観光を再開。あと2時間ほどあります。

久しぶりの天気の良い外の観光なので、楽しい。

f:id:tabikichi:20190210213203j:plain

この道をまっすぐ行くだけ

観光と言っても、アヤソフィア・ジャーミィの横の通りを歩くだけ。主要な見どころがそこに集まってるので、らくちんです。

この通りにはイズニクタイルのお土産屋さんなどもたくさんあって、見てるだけでも退屈しない通りでした。

ハジュ・オズベク・ジャーミィ

f:id:tabikichi:20190210213310j:plain

緑色のドームとそれを乗せている多角形が美しいジャーミィ。イズニクで最も古いモスクだそうです。

f:id:tabikichi:20190210213401j:plain
f:id:tabikichi:20190210213409j:plain

イズニクタイルの美しい看板と、水飲み場

ちょうど礼拝の時間で、中には入れませんでした。

後で正面に回ってみると、趣ある古い建物の前に新しい部分がくっついていて、あんまり見た目はよろしくない感じになってました。

f:id:tabikichi:20190210213521j:plain

 

イズニク博物館・・・閉館中

f:id:tabikichi:20190210213654j:plain

広い敷地内に、歴史的っぽい雰囲気の美しい建物があります。

f:id:tabikichi:20190210213731j:plain

イズニク博物館ですが、改修中のため閉鎖してました。2015年のガイドブックで「改修中」とあったので、さすがに2018年はもう入れるかと思ってたから、けっこう残念です。

 

イェシル・ジャーミィ

f:id:tabikichi:20190210213935j:plain

その向こう側に見える綺麗な建物が、グリーンモスクと言われるイェシル・ジャーミィです。

f:id:tabikichi:20190210214024j:plain

ミナレットのタイル模様が可愛い。

こちらも礼拝中で中には入っていません。礼拝終了後のタイミングで撮った、正面の写真。

f:id:tabikichi:20190210214222j:plain

白っぽい石の美しい建物です。

 

レフケ門

f:id:tabikichi:20190210214829j:plain

お土産屋さんの並ぶ通りの突き当りは、このレフケ門です。近づいてみると三重の門になってました。こういう遺跡っぽいものは好きです!

f:id:tabikichi:20190210214913j:plain

中に入ってみると、けっこう大きいのがわかります。

f:id:tabikichi:20190210215857j:plain

二番目の門。

f:id:tabikichi:20190210215738j:plain

ギリシャ語の銘を発見。

f:id:tabikichi:20190210215810j:plain

3番目の門を出て、外から見たところ。

f:id:tabikichi:20190210215943j:plain

f:id:tabikichi:20190210220016j:plain
f:id:tabikichi:20190210220019j:plain

外側にはレリーフっぽいものがありました。こういうレリーフとか彫刻の保存状態の良いやつが、イズニク博物館で見れる予定だったんですが・・・。

この門はなかなか見ごたえがありました。城壁で囲まれたイズニクには、こういう門が他にもあるらしい。やっぱり古い街は面白いです。

大幅に時間が余りましたが、元来た道を引き返します。

f:id:tabikichi:20190210220544j:plain

 

イズニクのバスターミナル

f:id:tabikichi:20190210222752j:plain

街の真ん中にあるバスターミナル。出発時間まで30分以上あります。

f:id:tabikichi:20190210222844j:plain
f:id:tabikichi:20190210222846j:plain

バスターミナルの横にあったローカルな売店でチャイを飲んで待ちました。

f:id:tabikichi:20190210222927j:plain

これで15時出発です。

イズニクは、イスタンブールよりのんびりしてて道が広いし、昔の城壁や古い建物が良い感じの街でした。フェリーで1時間半、バスで1時間と、片道2時間半くらいかかるけど、日帰りにもちょうど良くて楽しかったです!

こういうところが楽しいと、トルコの他の街もいろいろ行ってみたくなります。

4 地球の歩き方 aruco トルコ 2014~2015 (地球の歩き方aruco)

 

(続く)

イスタンブール旅行計画≫

  1. 古代から中世まで、キリスト教の痕跡が残るトルコ・イスタンブールへ 
  2. イスタンブールのビザンティン教会建築と観光ルート 

イスタンブール旅行記

  1. イスラム教の街の中を、教会跡地をめぐって歩き回りまくり 
  2. アヤソフィアとか考古学博物館とか、1日博物館めぐり 
  3. 夏向け宮殿を冬に見る。涼感タイルの鮮やかなトプカプ宮殿 
  4. ボスポラス海峡を挟んで新旧市街をうろうろ。ガラタ塔とか、グランドバザールとか 
  5. 都会を離れてひと息。イズニク日帰り旅行 ⇐今ココ
  6. 歩いてわかる、この街の奥深さ。ちょっと変わった博物館、カフェ、現役キリスト教会