超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

ヨーロッパに住んでいる旅行好きです。バックパッカーやキャンプなどはしません(できません)・・・。公共交通機関ばかり利用してきた、これまでの個人旅行記録と旅のHow To。

【パドヴァ旅行記】3:日曜のパドヴァはアンティーク市から。植物園とサンタントニオ聖堂付属博物館

2017年10月。ジョットのフレスコ画が有名なスクロヴェーニ礼拝堂を見たくて、パドヴァに行くことにしました。

 

目次

 

プラート・デッラ・ヴァッレは日曜のアンティーク市

パドヴァの超有名見どころは見てしまったので、この日はのんびり散策を楽しむ日。

まずは前日に市場の白いテントだらけだったプラート・デッラ・ヴァッレに来ました。前日に引き続き、やっぱり市場が開かれてました。

f:id:tabikichi:20180601040945j:plain

でもよく見ると、この日はアンティークマーケット。これは面白そう。

気が付いたら観光も忘れてぐるりと一周してました。

f:id:tabikichi:20180601040751j:plain
f:id:tabikichi:20180601040719j:plain

 

サンタ・ジュスティーナ教会

f:id:tabikichi:20180601041247j:plain

アンティークマーケットを見た後は、すぐ近くにある、サンタ・ジュスティーナ教会に行ってみました。この教会も大きくて広いです。

f:id:tabikichi:20180601041512j:plain
f:id:tabikichi:20180601041516j:plain


植物園

そのまま歩いてパドヴァ大学の植物園に来ました。

f:id:tabikichi:20180601041813j:plain

緑に癒されます。ここは天気のいい日に来たいですね。

f:id:tabikichi:20180601041914j:plain

f:id:tabikichi:20180601041943j:plain
f:id:tabikichi:20180601042006j:plain

日本の柿がありました。

f:id:tabikichi:20180601042040j:plain
f:id:tabikichi:20180601042037j:plain

春頃に行ったら、花がきれいなのかも。

f:id:tabikichi:20180601041938j:plain

ゲーテが絶賛したという棕櫚の木は、温室で保護されてます。

f:id:tabikichi:20180601042208j:plain

f:id:tabikichi:20180601042221j:plain

 

ランチ Osteria Ai Scarponi

f:id:tabikichi:20180602092903j:plain

日曜のランチ。日曜でも開いている店を調べておいたので、ほぼ開店と同時に行ったけれど、席はほぼ全部予約で埋まっていました。食事を終えて出る頃には満席で、外にも待っている人がいました。

f:id:tabikichi:20180602093233j:plain

美味しかったです!混雑も納得の味。

f:id:tabikichi:20180602093143j:plain
f:id:tabikichi:20180602093146j:plain
f:id:tabikichi:20180602093152j:plain
f:id:tabikichi:20180602093150j:plain




 

サンタントニオ聖堂博物館

f:id:tabikichi:20180601042740j:plain

再び、サンタントニオ聖堂まで来ました。目的は、前日に入れなかった大聖堂の付属博物館です。

入り口に大聖堂の模型を発見。やっぱり、半球型、というか逆さにしたお椀を集めたようなドームが目を引きます。広いと思ったら中庭が二つもある敷地でした。

f:id:tabikichi:20180601051129j:plain
f:id:tabikichi:20180601051125j:plain

中庭にある像。聖アントニオスさんということで良いのでしょうか。何をしているところなのでしょうか。

f:id:tabikichi:20180601051304j:plain

博物館内部はそんなに広くなく、宗教画や木象嵌(タルシア)をまったりと見学。

f:id:tabikichi:20180601051422j:plain

f:id:tabikichi:20180601051426j:plain

f:id:tabikichi:20180601051429j:plain
f:id:tabikichi:20180601051454j:plain

美術品のエリアから、サンタントニオ聖堂への寄付品などの展示エリアに入りました。教会や大聖堂の付属の博物館では、寄付・寄贈品の展示ゾーンというのをたまに見かけます。

ここでは、洗礼の時に着た子供のドレスとか、その時の子供の髪の毛とか、寄贈された古い、さび付いた宝飾品とか、大量にところ狭しと並べられていて、生々しい。特段美しいわけでもないし、正直、過去の人々の信仰心に当てられて、少し気持ち悪いです。
(個人的には、記念の落書きだらけの壁とか、南京錠でびっしり覆われている橋なども気持ち悪いポイントです。)

でも見るのが好きなものもあります。

それがこれ。「Per Grazia Ricevuta」、あるいは「P.G.R」とだけ書かれている絵です。

f:id:tabikichi:20180601051747j:plain

詳しいことはわからないけれど、何かの危機的な状況で助かったということを、その人の信じる聖人や教会のおかげだということで、感謝のしるしに奉納したものっぽい。・・・と勝手に解釈してますが、違うかもしれません。

f:id:tabikichi:20180601052504j:plain

f:id:tabikichi:20180601052534j:plain
f:id:tabikichi:20180601052533j:plain

昔のイタリア人の様々な危機的状況や熱心な信仰が想像できて、生々しいけど、興味深いのです。

 

(続く)