超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

ヨーロッパに住んでいる旅行好きです。バックパッカーやキャンプなどはしません(できません)・・・。公共交通機関ばかり利用してきた、これまでの個人旅行記録と旅のHow To。

【パドヴァ】スクロヴェーニ礼拝堂のフレスコ画を見に、パドヴァに行く(丸1日と8時間)

f:id:tabikichi:20180524212111j:plain

2017年10月。ジョットのフレスコ画が有名なスクロヴェーニ礼拝堂を見たくて、パドヴァに行くことにしました。

 

目次

 

スクロヴェーニ礼拝堂とジョット

今回行くのは、ヴェネツィアに近いある北イタリアの都市、パドヴァです。観光の目玉はスクロヴェーニ礼拝堂です。

スクロヴェーニ礼拝堂を知ったのは、昔本屋で何気なく立ち読みしたCREA Traveller 2014年秋号。この誌面の見開きに、ドーンと青色の印象的なスクロヴェーニ礼拝堂の写真があり、これに目を奪われたのがきっかけです。


なんというか・・・青い!この礼拝堂を生で見てみたい。美しい青いフレスコ画はジョットの手によるもの。

f:id:tabikichi:20180525052557j:plain

それまで自分の中でジョットと言えば、アッシジのサンフランチェスコ聖堂にある「サン・フランチェスコの生涯」を描いた画家であって、正直、色あせた古いフレスコ画、のイメージしかなかったのです。

でもこのスクロヴェーニ礼拝堂は、色鮮やか。登場人物は中世っぽく、堅苦しい姿勢ですが、にぎやかです。

 

パドヴァの見どころ

スクロヴェーニ礼拝堂以外の、パドヴァの主な観光地を調べました。


エレミターニ博物館(市立博物館)

f:id:tabikichi:20180524212206j:plainPala del Romanino esposta ai Musei Civici di Padova

1階の博物館と2階の絵画館に分かれています。絵画館にはヴェネツィア派の作品が多くて、見ごたえありそう。 

f:id:tabikichi:20180525053349j:plainMuseo d'Arte Medievale e Moderna | Padova Cultura

 

エレミターニ教会

f:id:tabikichi:20180524212503j:plain

損傷が激しいですが、マンテーニャのフレスコ画が残っているそう。

f:id:tabikichi:20180524215951j:plain

 

ジョーネ宮

f:id:tabikichi:20180524212944j:plain

パドヴァの中心にある大きな建物。広間のフレスコ画が有名。

 

パドヴァ大学

f:id:tabikichi:20180524212601j:plainTeatro anatomico dell'università di Padova - Blog

ボローニャ大学に次いで世界に2番目に古い大学。解剖学教室が有名。見学はガイドツアーのみとのこと。 

 

ドゥオーモと洗礼堂

f:id:tabikichi:20180525055517j:plainDidier Descouens - Opera propria, CC BY-SA 4.0, Collegamento

パドヴァのドゥオーモと洗礼堂。洗礼堂内部は1300年代のフレスコ画で覆われています。

f:id:tabikichi:20180525060056j:plainPadua’s Baptistery of Saint John: Giusto de’ Menabuoi’s masterpiece | Italian Ways

 

サンタントニオ聖堂

f:id:tabikichi:20180524213308j:plain

別名バジリカ・デル・サントとも言います。聖アントニオという聖人の墓の上に建てられた大聖堂。説教が大変上手だったとのことで、聖アントニオの舌という聖遺物が残されているそうです。巡礼地のひとつ。

 

サン・ジョルジョ礼拝堂とサンタントニオ同信組合

f:id:tabikichi:20180524213548j:plainOratorio di San Giorgio | Basilica di sant'Antonio di Padova

サンタントニオ聖堂の横にある礼拝堂。2階にはティツィアーノティエポロフレスコ画があります。

f:id:tabikichi:20180525003024j:plainScuola del Santo | Basilica di sant'Antonio di Padova

 

植物園

f:id:tabikichi:20180524213739j:plain

パドヴァ大学の薬草園で、ヨーロッパ最古の植物園。世界遺産に登録されています。

 

・・・と、こんな感じで見どころが盛沢山です。街歩きを楽しみながら、一つ一つ観光したいところ。

 

パドヴァの行き方

北イタリアの各都市の中で、パドヴァの位置関係はこのような感じ。

f:id:tabikichi:20180525061340j:plain

ヴェネツィアが一番近い大都市で、その次がミラノです。ミラノからだと特急に乗ってぎりぎり2時間。ヴェネツィア・サンタ・ルチア駅からは、特急で30分です。ということで、今回はヴェネツィアから行くことにしました。

 

パドヴァの観光時間と宿泊地については、次の記事で。

 

 

(続く)

 

パドヴァ旅行計画≫

  1. スクロヴェーニ礼拝堂のフレスコ画を見に、パドヴァに行く ⇐今ココ
  2. スクロヴェーニ礼拝堂の予約方法と、パドヴァ想定観光ルート

パドヴァ旅行記≫

  1. 思わずため息が出る、スクロヴェーニ礼拝堂のフレスコ画
  2. パドヴァ観光初日は、巨大でゴージャスなサンタントニオ聖堂が終点。
  3. 日曜のパドヴァはアンティーク市から。植物園とサンタントニオ聖堂付属博物館
  4. ポルティコと運河、街歩きのパドヴァ