超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

ヨーロッパに住んでいる旅行好きです。バックパッカーやキャンプなどはしません(できません)・・・。公共交通機関ばかり利用してきた、これまでの個人旅行記録と旅のHow To。

歌劇場★ベルリン国立歌劇場(Staatsoper Unter den Linden)

f:id:tabikichi:20180501221452j:plain

ベルリン国立歌劇場(Staatsoper Unter den Linden:シュターツオーパー ウンターデンリンデン)は、プロイセン王国時代の王立歌劇場として、1742年に初演が行われたという、古い歴史を持つ歌劇場です。

ベルリンでクラシック音楽と言えば、ベルリンフィルハーモニーが有名ですが、この国立歌劇場では主に歌劇場付きのオーケストラ(Staatskapelle Berlin:シュターツカペレ ベルリン)が活動しています。 

実際にチケットを取って、行って観てきた感想です。

 

1.場所

ベルリン国立歌劇場は、ベルリンの中心部にあります。博物館島、ベルリン大聖堂のすぐ近く。地下鉄だったらU6番の Französische Straße駅、バスなら観光に便利な100番、200番のバスで、StaatsOper が最寄り駅です。

 

2.チケット購入

まずはシュターツオーパーのホームページをチェック。英語に切り替え可能です。

Programme & tickets | Staatsoper Berlin

演目を見ながら、観たいものを選択し、「Order Ticket」をクリックすると座席ページへ飛びます。

≪注意!≫ 歌劇場付きのオーケストラ  Staatskapelle Berlin(シュターツカペレ・ベルリン)のプログラムは、ここベルリン国立歌劇場だけではなく、他のオーケストラホールでの公演についても掲載されています。

f:id:tabikichi:20180502182156j:plain

例えばこれ、Abonnement Konzert(定期公演)は2日続けてスケジュールが組まれてますが、11月12日はベルリン国立歌劇場(StaatsOper Unter den Linden)、11月13日はフィルハーモニー(Philharmonie Berlin)での公演となっています。

クラシック音楽が好きで、とにかくシュターツカペレの演奏が聴きたい、というのなら、会場こだわりなくスケジュールとプログラムでチケットを選べばよいですが、”ベルリン国立歌劇場”でコンサートを聴きたい、という場合は、場所を確認してからチケット購入まで進んでください。

 

ベルリン国立歌劇場での公演であることを確認した後、Order Ticketから進むと、このような座席指定のページになります。

f:id:tabikichi:20180501034433j:plain

この座席マップを拡大して、好きな座席を選択したら、「Into the Shopping Cart」を選択して、購入手続きへ進めます。

もう一つ、座席を選択せずに「To the best seat booking」というページに進む方法もあります。このページでは、それぞれの座席のカテゴリー(値段が異なる)から必要な枚数を選ぶと、そのカテゴリーの空席の中から自動的に席が割り振られるものです。大人数の座席を予約したいときなどは便利なのかもしれません。

購入手続き中に、サイトの会員登録が必要です。また、チケットは2.5€の手数料を上乗せすると、郵送してもらうことも可能です。

 

3.座席

劇場内の座席図は、上記のようにオンラインでのチケット購入時に表示されます。購入手続きまで行かなくても、シーズンごとの座席とその価格を確認できます。

(SERVICE→Seating Plans & Prices→STAATSOPER UNTER DEN LINDEN 2018/19)

Seating Plans & Prices | Staatsoper Berlin

f:id:tabikichi:20180501035351j:plain

上の図は2018-2019シーズンのオペラの座席図と、その価格表です。

座席用語

Bühne 舞台。上の図だと一番上です。ここを見ます。
Parkett 平土間。平らなところに座席が並んでいるところ。
Rang ~階。(日本でいう2階はヨーロッパでは1階。)
Links 左。
Rechts 右。
Tür ドア。

実際の座席

f:id:tabikichi:20180501041709j:plain

2Rang(2階席)のLinks(左)側から見た座席の写真です。見た通り、西洋のオペラ座の代名詞とも言える、豪華なボックス席がありません。でもその分、1階席・2階席・3階席とも広々していて、舞台を見るには、どの席からでも見やすそうです。

 

4.クローク

入り口を入って左の半地下になっているところに、大きなクロークがあります。ここ一か所のみのようです。終演後はかなりの混雑になります。  

 

5.字幕

舞台上部の二か所の字幕モニターを見ることになりました。イタリアオペラの場合、ドイツ語と英語字幕がそれぞれ出ます。この時座った席が1Rang(1階席、日本で言う2階席)だったので、見やすかったです。

f:id:tabikichi:20180501190027j:plain

舞台上部に2か所ある黒いのが字幕モニター

 

6.チケットとパンフレット

ベルリン国立歌劇場のチケットとパンフレットです。パンフレットは公演によって値段が異なるようでした。廊下などでパンフレットを持っている劇場スタッフから、現金で買いました。

f:id:tabikichi:20180501073629j:plain
f:id:tabikichi:20180501073633j:plain

 

7.休憩時間

バーカウンターは1つは入り口のロビーの奥です。もう一つは二階で、わりと大きなホールがあって、立食テーブルが並んでいます。そこの左右の壁沿いにあります。

開演前にこれらの立食テーブルと、軽食・ドリンクを予約出来ます。予約時の注文は英語が通じます。 だいたい1つの立食テーブルを4組くらいの予約者で使う感じ。休憩時間になると予約番号のテーブルに、名前のカードと予約した軽食・ドリンクが用意されてます。

f:id:tabikichi:20180501044550j:plain
f:id:tabikichi:20180501044554j:plain
入口ロビー奥のホールと立食テーブル。ピンクの紙に予約者の名前が書いてある

あとびっくりしたのが、歌劇場の外にプレッツェル売りがやって来ること。(当たり前ですが中までは入ってきません。)バーで軽食を予約しなくても、飲み物だけ購入して、入り口付近でプレッツェルを買って食べたりとか、できます。

 

8.その他

この歌劇場は2010年から改修工事を行っていて、2017年の秋にリニューアルオープンしたばかりの新しい建物です。新しいのでどこも隅々まできれいです。元々の面積のせいか、こぢんまりとした劇場でした。 

 

♪♪この歌劇場の旅行記♪♪

tabikichi.hatenadiary.com

 

♪♪他の歌劇場はこちら♪♪ 

【ヨーロッパの歌劇場】 カテゴリーの記事一覧 - 超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To