超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

ヨーロッパに住んでいる旅行好きです。バックパッカーやキャンプなどはしません(できません)・・・。公共交通機関ばかり利用してきた、これまでの個人旅行記録と旅のHow To。

【北マケドニア旅行記】2:スコピエ近郊の3つのビザンティン教会を、タクシーで回る

北マケドニア旅行記、1日目。首都スコピエのビザンティン教会を見に行きます。

 

目次

 

聖パンテレイモン修道院@ゴルノ・ネレヅィ

ホテルにタクシーを呼んでもらって、15時頃から出発です。運転手さんは、英語でたくさん話しかけてくれて、物腰の低い、丁寧な態度のとっても好感の持てる人でした。

まずは市内から一番近いという、山の上の聖パンテレイモン修道院に到着です。

f:id:tabikichi:20190405234137j:plain

5つのドームを乗せた、典型的な美しいビザンティン教会。いい形です!

f:id:tabikichi:20190405234156j:plain

真ん中のドームを除く4つのドームが、四角柱ってところが面白い。丸いドームを乗せるため、支柱は8角形や12角形を取ったりするのが多いと思うのだけど、デザイン的にあえて四角くしたのかな~

f:id:tabikichi:20190405234225j:plain

正面です。2ユーロ(120デナリ)の入場料がかかりました。内部の撮影は禁止。

f:id:tabikichi:20190405234403j:plain

裏から見たところ。

f:id:tabikichi:20190405235025j:plain

逆光ですが、後陣部。

f:id:tabikichi:20190405235058j:plain

良いです。やはりビザンティン教会建築は美しいです。

内部のフレスコ画も凄く良かったです。

最後、修道服の人が話しかけてきました。12世紀の教会であること、地震で天井が落ちて、その部分は再建されてること。

あとで本を確かめてみたら、かなり色鮮やかで最近の絵なんじゃないの?と思ってた、壁の低い部分の絵が12世紀のフレスコ画で、色あせて古そうに見えた天井付近の絵が、再建後のフレスコ画でした。

 

アンドレア教会@マトカ渓谷

山を降りたら、スコピエ市内と反対方向に向かいます。

目的地はマトカ渓谷。マトカ渓谷というのは、週末にスコピエ市民が遊びに行くレジャー場所なんだそう。この道も土曜に来たら車だらけで全然進まないよ、と運転手。

f:id:tabikichi:20190406051809j:plain

湖や、良さげな渓流を横目に、谷間の駐車場で停車。ここから先は歩いてしか行けないのだそうです。

けっこう日が傾いてきてるので、早足にて歩きますが・・・

f:id:tabikichi:20190406051925j:plain

ちょっと早足がもったい!凄い景色。

f:id:tabikichi:20190406051939j:plain

ダムです。

f:id:tabikichi:20190406052009j:plain

せり出した崖の下を、ダム沿いに歩く。

f:id:tabikichi:20190406052041j:plain

大分行ったところに、マトカキャニオンの門。

f:id:tabikichi:20190406052112j:plain

門をくぐると、崖の下に小さなビザンティン教会がありました。このロケーション、素晴らしすぎる。

f:id:tabikichi:20190406052144j:plain

f:id:tabikichi:20190406052142j:plain

ドームが一つだけのひっそりと小さな教会です。

f:id:tabikichi:20190406052226j:plain

ここも2ユーロの入場料がかかりました。中は撮影禁止。小さい聖堂ですが、青色がキレイな、印象的なフレスコ画でした。

f:id:tabikichi:20190406052358j:plain

すぐ側にはホテルとレストラン。

f:id:tabikichi:20190406052414j:plain

カヤック体験?の案内かな。

f:id:tabikichi:20190406052459j:plain

船に乗って渓谷の奥のほうに行ってみたい!

f:id:tabikichi:20190406052520j:plain

景色を堪能してゆっくりしたい場所でしたが、日没までに最後の修道院を見学したいので、後ろ髪引かれつつ、早足にて戻りました。

f:id:tabikichi:20190406052603j:plain

ダム湖のアヒル。 

 

聖マルコ修道院@マルコフ・スシチャ

タクシーはもと来た道を戻り、スコピエ市内に向かいます。最後はヴォドノ山をぐるっと回って反対側、マルコフ・スシチャという地域にある修道院を目指すのです。

日没が近づいてきて、焦ります。中に入れなかったら、せめて真っ暗になる前に外観だけでも・・・

途中、大規模な工場の廃墟ばかり集まったエリアを通りました。社会主義だったときの、ガラス工場とか、化学系の工場でした。けっこう走ってるのに、なかなか工場地帯が終わらない。かつて国民はみんなここに勤めていたそうです。タクシー運転手の両親もここで働いていたという話を聞く。

工場を抜けるとだんだん田舎になってきて、途中、牛の群れに道を塞がれそうになりながら、到着しました。

f:id:tabikichi:20190406072028j:plain

ぎりぎり日が出てます。ありがとう!運転手さん。

f:id:tabikichi:20190406071647j:plain

近くに川があるみたいで、心地よい音が聞こえる。

f:id:tabikichi:20190406072059j:plain

しかも開いてました。

f:id:tabikichi:20190406072113j:plain

ドアの外側にフレスコ画

ここは3つの修道院の中でも一番大きく、内部装飾も最も素晴らしかったです。内部の壁・柱・天井が一面フレスコ画に覆われてました。

相変わらず写真が禁止なので、中の写真はありません。しかし・・・力強いタッチの絵ですごく魅力的でした。損傷している部分がほとんどなく、古そうなイコノスタシスも良かったです。

f:id:tabikichi:20190406073118j:plain

横の入口の上にも絵。

f:id:tabikichi:20190406073137j:plain

拡大してみました。

f:id:tabikichi:20190406074648j:plain

後ろからみたところ。細長い形。軍艦巻きっぽいです。

入口の三角屋根の部分は後からつけられたものだと思います。

f:id:tabikichi:20190406074724j:plain

ちょっと田舎の地域にある、大きな敷地を持つ美しい建物でした。 川の音と周りの田舎感も雰囲気良くて、大満足。

 

オールドバザールで下車

最後はオールドバザールで下ろしてもらいました。もう真っ暗です。

気になるメーターは2500マケドニアデナリでした。ユーロだと40ユーロくらいです。予定してたのより大分安かった。運転手さんに感謝。

 

ディナー

再びオールドバザールでディナー。夜も賑わってるのかと思いきや、けっこう店じまいしてて、暗くなってました。

f:id:tabikichi:20190407071957j:plain

f:id:tabikichi:20190407072001j:plain
f:id:tabikichi:20190407072006j:plain
f:id:tabikichi:20190407072027j:plain
f:id:tabikichi:20190407072024j:plain

Destanというレストランで食事。ケバブと、チキンと、マケドニアの豆のオーブン焼き。この豆料理、優しい味で美味しかった。それと、マケドニアワインがなかなか美味しかったです。

f:id:tabikichi:20190407072949j:plain

闇に浮かぶミレニアム十字。

f:id:tabikichi:20190407073012j:plain

スコピエは夜景の綺麗な街です。

f:id:tabikichi:20190407073028j:plain

 

(続く)

北マケドニア旅行計画≫

  1. バルカン半島のマケドニアでビザンティン教会めぐり 
  2. スコピエとオフリドのビザンティン教会を辿る。行き方と観光ルート 

北マケドニア旅行記

  1. スコピエは彫像だらけの街 
  2. スコピエ近郊の3つのビザンティン教会を、タクシーで回る ⇐今ココ
  3. 日帰りで行くオフリドは湖がキラキラ
  4. オフリド湖畔の教会めぐり。そしてバスに乗り損ねる。