超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

ヨーロッパに住んでいる旅行好きです。バックパッカーやキャンプなどはしません(できません)・・・。公共交通機関ばかり利用してきた、これまでの個人旅行記録と旅のHow To。

【オランダ】美術館の予約とアムステルダム・デンハーグの想定観光ルート(丸2日間)

2016年7月。オランダに行ったことがなかったのと、フランドル派の絵画、特にフェルメールなどの名画を見に行ってみよう!と思い立ち、週末3日間でオランダへ行くことにしました。

(前の記事)

tabikichi.hatenadiary.com

 

飛行機の時間とホテルが決まったので、美術館の行き方や観光ルートを決めます。

 

目次

 

 

美術館の入館情報

アムステルダム絵画を堪能するために絶対に行くべきところは、やっぱり国立美術館。そしてゴッホ美術館。この二つは絶対に外せません。 

 

アムステルダム国立美術館Rijksmuseum Amsterdam

アムステルダム国立美術館情報です。

f:id:tabikichi:20171216074119j:plain


さすが一大観光地だけあって、ほぼ年中無休で開いていました。しかも9:00から開いています。(2016年時点)

 

スキポール空港には朝の9時頃に到着する予定なので、これはこのまま美術館に直行することにしました。こういうとき、ライトトラベラーは楽ですよ。

リュックサック一個なら余裕で美術館のロッカーに預けられます。

 スーツケースの場合、美術館によっては預けられないところもあるので、駅やツーリストインフォなど、預け場所をあらかじめ考えておく必要があります。

アパートメントホテルではなく、24時間フロント受付対応のホテルを取っているなら、チェックイン前に預けるのもありですね。

 

さて、国立ミュージアムをインターネットで検索すると、イーチケットなるものを発見。行くのは7月という繁忙期。混雑で朝から並ぶのも嫌なので、オンラインで予約しておくことにしました。日付を指定して予約できます。

 

アムステルダム・国立ミュージアム(RIJKS Museum)のオンラインチケット予約

https://www.rijksmuseum.nl/en/online-tickets-and-shop

RIJKS Museumの公式サイトの中にある、オンラインチケットのページから。

 

ゴッホ美術館(Van Gogh Museum

国立ミュージアムの後は、すぐ近くのゴッホ美術館に行きましょう。

f:id:tabikichi:20171216074629j:plain

やはりここも、チケットをオンラインで買っておくことで、行列を避けることが出来るらしい。

これも予約することにしました。ゴッホ美術館のチケットは入場時間の制限があります。30分刻みで、人数調整しているようですね。

 

アムステルダムゴッホ美術館のオンラインチケット予約https://www.vangoghmuseum.nl/ja/visitor-information-japanese

ゴッホ美術館は日本語ページがあります。「チケットを購入する」のリンクから、手順通りに進めていけば買えます。

 

何時ごろ行くか?については、その前の国立ミュージアムがすごく広そうなので、途中ランチしたりすることも考えて、15時に予約しました。

 

二つの美術館を見た後、アパートメントホテルにチェックイン。その後夕ご飯、その前後に街ブラ、1日目はそういう計画にしてみました。

 

マウリッツハイス美術館

フェルメールがある、デンハーグマウリッツハイス美術館は事前予約制度がありません。開館時間は、月曜日 13 am - 6 pm、火曜日~日曜日 10 am – 6 pm、木曜日 10 am - 8 pmとのこと。

f:id:tabikichi:20171216081109j:plain

アムステルダムの朝一の電車に乗り、10時過ぎに美術館に行くことにしました。予約ができないから並んでいてもしょうがない。でもさすがに開館前から行列が出来てるってことはないだろう、と予想。

 

アムステルダムからデンハーグへ日帰り旅行

アムステルダムからデン・ハーグまではオランダ国鉄で約50分。

https://www.ns.nl/en

トップページの「Plan your Journey」で、出発時刻や値段を調べられます。

電車に乗る時間が決まっているなら、ここでチケットも買えますよ。

ただ、アムステルダムデン・ハーグ間の電車は結構な頻度であるようなので、時間を決めて予約せず、朝起きてから適当な時間に行って、駅で切符を買うことにしました。

デンハーグの観光地ハイライトはやっぱりマウリッツハイス美術館フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」はここにあります。

そして、国会議事堂などの建物が集まるビネンホフ。近代絵画を集めたハーグ市立美術館。だまし絵のような版画が有名なエッシャーの作品を集めたエッシャー美術館。

 

今回は朝いちばんにマウリッツハイス美術館を訪れることにします。その後は、距離的に遠くにあるハーグ市立美術館はあきらめ、近くにあるエッシャー美術館にも足を延ばしてみることにしました。そして、ビネンホフの周りをぐるっと一周して、駅まで徒歩で戻る。

アムステルダムに戻ってからは、街歩きしながらオランダのパンケーキでお茶する、と。2日目はそんな感じにしました。

 

アムステルダムデンハーグの観光ルート

そんなこんなで、アムステルダムデンハーグの観光ルートが固まりました。

まずアムステルダム

f:id:tabikichi:20171216082208j:plain

 9時頃に空港についたら、そのまま電車でアムステルダム中央駅へ。そしてタクシーで国立美術館へ向かいます。

事前予約チケットでそのまま入ったら、じっくり鑑賞。

その後、カフェかどこかで軽くランチを取ったら、15時の予約をしてあるゴッホ美術館に向かいます。

ゴッホ美術館を見終わったら、地図を見ながら徒歩でアパートメントホテルへ。

チェックインして一休みしたら、街中をうろうろ・・・。いくつかピックアップしたレストランのうちどこかでディナーです。

 

デンハーグ

f:id:tabikichi:20171216082249j:plain

 アムステルダムデンハーグ間は大体50分。9時ごろの電車に乗れば、10時ちょっと前にはデンハーグ駅へ到着です。

そこから徒歩で、マウリッツハイス美術館へ。フェルメールをじっくり見学したら、ちょっと近くにあるエッシャー美術館に行ってみます。

それが終わったら、ビネンホフの周りの池沿いの道を散策。ぐるっと一周したらそのまま駅方向へ歩きます。途中でどこかランチを取ります。

 

なお、アムスに戻ってからは、前日に行けなかったエリアだとか、パンケーキ屋(これは絶対!)に行く予定、としました。

  

Booking.com