超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

ヨーロッパに住んでいる旅行好きです。バックパッカーやキャンプなどはしません(できません)・・・。公共交通機関ばかり利用してきた、これまでの個人旅行記録と旅のHow To。

【アイスランド旅行記】1:レイキャビクからバスで行く、ゴールデンサークル

アイスランドで最初の観光です。バスに乗ってゴールデンサークルをめぐります。

アイスランドの旅行計画はこちら) tabikichi.hatenadiary.com

目次

 

ゴールデンサークル バスツアー

レイキャビク発のゴールデンサークルバスツアー。申し込んでいたのはクラシック・ゴールデンサークル観光ツアー<日本語オーディオガイド/レイキャヴィーク発>です。

バスの中ではツアー客一人ひとりに、8インチくらいのタブレットが配布されました。タブレットは10種類以上の言語の中から希望の言語を選べます。もちろん日本語もあります。(イヤホンは持参してきたものを使用。持っていない人はバスの中で購入できます。)

移動中のバスの中で、タブレットを見ながら、これから観光する場所の歴史や成り立ちについて、説明を聞いたり文章を読んだり写真を観たりできるのが便利でした。

それにやっぱり日本語はありがたい。すいすい頭に入ってきて面白かったです。

もちろんちゃんとバスガイドもいて、要所要所で説明を加えてくれます。

f:id:tabikichi:20180627215831j:plain

 

シンクヴェトリル国立公園 

f:id:tabikichi:20180627220615j:plain

ツアーの一番初めはシンクヴェトリル国立公園。このときはP2という駐車場で降り、45分後にP5の駐車場で集合でした。

f:id:tabikichi:20180627220805j:plain

この割れ目がプレートの境目ってことで良いのか?いいんだよね?と思いながら、整備された遊歩道を下る。

f:id:tabikichi:20180627220904j:plain

けっこう高低差があります。そして、広い。

f:id:tabikichi:20180627220956j:plain

f:id:tabikichi:20180627220938j:plain

f:id:tabikichi:20180627220941j:plain

すごく広い。水が澄んでいてキレイです。

f:id:tabikichi:20180628024956j:plain

バランスを取る岩。

f:id:tabikichi:20180628025004j:plain

遠くに鳥もいる。

f:id:tabikichi:20180628025009j:plain

この国立公園はダイビングスポットもあるみたいです。そういうスポーツには縁遠いのでよくわかりませんが、淡水のこういうところでもダイビングできるってなんかかっこいいです。

f:id:tabikichi:20180628025000j:plain

 

牧場アイスクリーム

ツアーガイドが次に連れて行ってくれたのは、牧場に併設されたカフェ。ハンバーガーなどの料理もありますが、アイスクリームが有名なのだそうです。

f:id:tabikichi:20180628025959j:plain

店内の様子。テーブル席のガラス窓の向こう側に牛が見えて、なごみました。

f:id:tabikichi:20180628030010j:plain

 

ゲイシール間欠泉

吹き上がる温泉の観光地、ゲイシール間欠泉に到着しました。といっても、ゲイシール間欠泉はもうほとんど出てこないのだそうです。今、ここのメインはストロックル間欠泉です。

f:id:tabikichi:20180628030415j:plain

高温注意の看板。

f:id:tabikichi:20180628030523j:plain

ストロックル間欠泉です。観光客が吹き上がる瞬間を待ち構えてます。

f:id:tabikichi:20180628030612j:plain

自分の写真技術ではこれが限界でした。ちなみに結構な高さまで吹き上がるので、風下にいると濡れます。

f:id:tabikichi:20180628030801j:plain
f:id:tabikichi:20180628030804j:plain

水の深いところが見える。

f:id:tabikichi:20180628030933j:plain

青いものもありました。

f:id:tabikichi:20180628041811j:plain

その他の名前つき間欠泉です。

f:id:tabikichi:20180628041817j:plain
f:id:tabikichi:20180628041845j:plain

 

アイスランド

途中の牧場で馬に触らせてもらえました。アイスランド固有種の馬なのだそうです。

f:id:tabikichi:20180628042205j:plain

毛がふさふさしていて可愛い。

f:id:tabikichi:20180628042209j:plain


グトルフォスの滝

f:id:tabikichi:20180628042352j:plain

グトルフォスの滝です。私たちのツアーでは、ランチを取るならここで食べるように言われました。同じようなツアーがたくさんあったようで、ビジターセンターのカフェは大混雑でした。

でもまずは、滝。二段になっていて、すごい迫力です。

f:id:tabikichi:20180628042432j:plain

滝って勢いがすごいと水しぶきがずっと煙みたいに出るものなんですね。

f:id:tabikichi:20180628042754j:plain

二段目の深い滝の方は水しぶきで煙って良く見えません。

f:id:tabikichi:20180628042836j:plain

少し遠くからみたところ。苔の緑色が鮮やかです。

f:id:tabikichi:20180628043045j:plain

崖の割れ目みたいなところを、落ちた滝が流れていくところ。

f:id:tabikichi:20180628043159j:plain

どのゴールデンサークルツアーでも解説されると思うのですが、この滝を利用した水力発電の計画に反対したという少女の像があります。

f:id:tabikichi:20180628043315j:plain

遠くから見ると二段階の滝の様子が分かりやすい。これくらいの規模の滝を間近で見たのは初めてで、本当に迫力があって、ちょっと滝ファンになりました。

f:id:tabikichi:20180628043404j:plain
f:id:tabikichi:20180628043400j:plain

 

グトルフォスの滝の下流

このあとレイキャビクに帰るのですが、途中でグトルフォスの滝の下流というところに降りました。

f:id:tabikichi:20180628043531j:plain

岩の形が面白い場所です。

f:id:tabikichi:20180628043601j:plain
f:id:tabikichi:20180628043648j:plain

f:id:tabikichi:20180628043717j:plain

 

ゴールデンサークルツアーの地図

今回のバスツアーで行った場所を後から探してみたら、こんな感じでした。

 

(続く)

アイスランドノルウェー旅行計画≫

  1. 夏は涼しいところへ①アイスランドの絶景はどこに行けば見られるのか、考える 
  2. 夏は涼しいところへ②ノルウェーのフィヨルド近くにある木造教会を見に行く 

アイスランドノルウェー旅行記≫ 

  1. レイキャビクからバスで行く、ゴールデンサークル ⇐今ココ
  2. アークレイリ空港から行くダイヤモンドサークル。ここは凄かった
  3. レイキャビク・アークレイリで食べたものと、アゥルバイル野外博物館
  4. オスロ観光1日目は、バイキング博物館→ノルウェー民俗博物館→ヴィ―ゲラン公園、そしてラーメン
  5. オスロ観光2日目。ムンク美術館→国立美術館→アーケシュフース城
  6. オスロからベルゲン経由で、ソグネフィヨルドへGO
  7. バスで行ってベルゲンに帰る、Borgund Stave Church日帰り観光
  8. ベルゲン観光