超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

ヨーロッパに住んでいる旅行好きです。バックパッカーやキャンプなどはしません(できません)・・・。公共交通機関ばかり利用してきた、これまでの個人旅行記録と旅のHow To。

【グリーンランド旅行記】2:ヌークの街で、先住民族の綺麗なミイラを見たり、先住民族の料理を食べる

グリーンランド旅行記その2。ヌークの博物館や、街歩き。

目次

 

ヌークの国立博物館

港沿いにあるヌークの博物館に行ってみました。

f:id:tabikichi:20190221074620j:plain

ここはすごく面白かったです!民族衣装からスタート。

f:id:tabikichi:20190221074857j:plain

ひと昔前の、グリーンランドの室内。

f:id:tabikichi:20190221074955j:plain

床に置いてあるのは伝統食。鯨の皮下脂肪を賽の目に切って生で食べるもののようです。Mattakというらしい。

f:id:tabikichi:20190221075630j:plain

船の模型。

f:id:tabikichi:20190221075722j:plain
f:id:tabikichi:20190221075725j:plain

アザラシのはく製が可愛い。

毛皮コレクション。

f:id:tabikichi:20190221075828j:plain

f:id:tabikichi:20190221075847j:plain

そして一番の見所、ミイラです。

f:id:tabikichi:20190221080547j:plain

女性3人と子どものミイラです。これは見ごたえありました。

f:id:tabikichi:20190221080621j:plain

この博物館の一押し展示です。けっこう綺麗にミイラになってるのがすごい。やっぱ低温だからでしょうかね。

f:id:tabikichi:20190221080920j:plain

表情のキュートな人形たち。

f:id:tabikichi:20190221082045j:plain

f:id:tabikichi:20190221082048j:plain

この博物館、トイレ表示もカラーリット(グリーンランドに住むイヌイットのこと。)で可愛かったです。

f:id:tabikichi:20190221085200j:plain

 

ヌークの美術館

f:id:tabikichi:20190221094002j:plain

次はヌークの美術館に行ってみました。

f:id:tabikichi:20190221094035j:plain

f:id:tabikichi:20190221094037j:plain

やっぱり氷河とか氷山とか、先住民に関する作品が多いです。

f:id:tabikichi:20190221094112j:plain

f:id:tabikichi:20190221094124j:plain

2階部分は企画展コーナーになってました。

f:id:tabikichi:20190221094150j:plain

 

港周辺の様子

f:id:tabikichi:20190221085412j:plain

2日目の氷河クルーズツアーが悪天候でキャンセルになったときに、港周辺をうろうろしてみました。予約時にペイパルで支払ってたので、料金は一瞬で返金されました。

確かに波が高い。

f:id:tabikichi:20190221084842j:plain

波打ち際にある謎の彫刻。人魚・・・?でもアザラシとかなんかいろいろいる。

f:id:tabikichi:20190221082116j:plain

岩の上にも何やら立派気な人の彫像あり。

f:id:tabikichi:20190221085022j:plain

これも何やら立派気な人。

f:id:tabikichi:20190221085053j:plain

港近くの教会。閉まってました。

f:id:tabikichi:20190221085338j:plain

白熊マークのカフェです。

f:id:tabikichi:20190221085521j:plain

f:id:tabikichi:20190221085532j:plain
f:id:tabikichi:20190221085535j:plain

ここは北欧風のシナモンロールとかが美味しくて、居心地よくて良かったです。

 

グリーンランド伝統料理レストラン

f:id:tabikichi:20190221090015j:plain

グリーンランドエアの機内誌にも紹介されていた、ローカル料理を洗練させた的なレストラン。シェフの顔がどーんと出ており、新進気鋭っぽい感じがビシビシ伝わってきます。

f:id:tabikichi:20190221090206j:plain

黒板にあるカラーリット語のメニュー表示。スタッフが英語でどんなものかをひとつひとつ説明してくれます。観光客はもちろんですが、地元民っぽい人も食べに来てたのが印象的でした。

エビは大量に捕れるみたいです。新鮮です!パンもホカホカで味も美味しかった。

f:id:tabikichi:20190221090312j:plain

シーフードシチュー。これも普通に美味しかったです。

f:id:tabikichi:20190221090343j:plain

何か一つは伝統料理を・・・と思って注文してみたアザラシシチュー。米と玉ねぎ、ジャガイモ?と一緒に煮込んだものらしいのですが。

f:id:tabikichi:20190221090448j:plain

ちょっとかなり癖のある味で、全部食べられなかった・・・。レバー嫌いなひとは絶対食べれないやつです。私はレバー大好きだけどダメだった。ごめんなさい。

 

そのほか街の様子

カチュアク文化センター。現代的な、北欧デザインっぽい建築でした。いろんなイベントがここで行われるらしい。

f:id:tabikichi:20190221091359j:plain

ヌークのチボリ公園

f:id:tabikichi:20190221091135j:plain

レゴブロックみたいなマンション。

f:id:tabikichi:20190221091457j:plain

マンションに絵が描いてあったり、アート活動はそれなりに盛んのようです。

f:id:tabikichi:20190221091456j:plain

少し高いところから見たところ。

f:id:tabikichi:20190221091619j:plain

見慣れてくると、ここはこれでなかなか味わいある景色です。

f:id:tabikichi:20190221095202j:plain

 

ヌークからイルリサットへ

早朝の空港。

f:id:tabikichi:20190221095248j:plain

この日はここからイルリサットへ移動します。

空港から市内までの道を振り返ったところ。うーん、何にもない!

f:id:tabikichi:20190221095314j:plain

イルリサットへの機内で、また、イルリサットから帰るときの機内でも感じたこと。

キャビンアテンダントが、まず明らかに英語じゃない言語で話しかけてくるんです。はて?という顔をすると英語になります。

カラーリットと同じく、日本人の自分たちもモンゴロイドの日本人顔。もしかして現地人と間違われている可能性が大いにあります。

イルリサット行きの機内から見た虹と飛行機。

f:id:tabikichi:20190221095539j:plain

 

(続く)

グリーンランド旅行計画≫

  1. 厳しい自然は美しいに違いない。北極圏グリーンランドに行ってみる
  2. 首都ヌークと、世界遺産の街イルリサットの行き方と観光計画

グリーンランド旅行記

  1. 首都ヌークの街並みと、絶景廃墟ツアー 
  2. ヌークの街で、先住民族の綺麗なミイラを見たり、先住民族の料理を食べる ⇐今ココ
  3. イルリサットは氷山の美しい、風光明媚な街
  4. 雨の日は博物館、晴れた日は鯨を見る。
  5. イルリサットで食べたものと帰路