超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

ヨーロッパに住んでいる旅行好きです。バックパッカーやキャンプなどはしません(できません)・・・。公共交通機関ばかり利用してきた、これまでの個人旅行記録と旅のHow To。

【マドリードとグラナダ】マドリードからグラナダの移動方法・アルハンブラ宮殿の予約、それぞれの街の観光ルート(5日間)

2018年11月。マドリードグラナダを半分ずつ観光する5日間の旅で、必要な予約などと、2都市の観光ルート。

目次

 

マドリードからグラナダへの行き方

マドリードグラナダはけっこう距離が離れていて、ざっと調べたところ鉄道で4時間、バスで4~5時間、飛行機で1時間。ただし飛行機の場合は市内から空港の距離や、搭乗前の手続きに必要な時間を考えると、合計で4時間くらいはかかる見込みです。

鉄道

Renfeというスペインの国鉄のサイトで時刻を検索、チケットを予約できます。

Renfe

トップページはこんな感じ。

f:id:tabikichi:20181218075040j:plain

上の方にあるWELCOM をクリックすると、何となく英語に切り替わってくれます。DEPARTURSにMADRID、DESTINATIONにGRANADAを入れて、「BUY」で検索できます。

マドリードの出発駅はプエルタ・デ・アトーチャ(Puerta de Atocha)駅。

なお、2018年11月時点、グラナダ駅が工事中で使えないようです。このため、マドリッドからアンテケーラ・サンタアナ(Antequera Santa Ana)という駅まで鉄道、そこからはバスに乗り換えなければなりません。詳細なルートは例えばこのような感じ。

f:id:tabikichi:20181218075416j:plain

アンテケーラまでは2時間20分、それからバスでグラナダまで1時間15分。検索した感じでは、乗り換え時間も含めて4時間弱で到着します。

このままウェブサイトで切符を予約できます。電車の方はAVEという高速鉄道で、座席が勝手に指定されましたが、バスの方は座席指定はありませんでした。

Renfe公式サイトの予約がハードルが高い場合は、安心の日本語サイトで。

レイルヨーロッパ

トップページはこのような感じ。

f:id:tabikichi:20181218090124j:plain

出発地にマドリッド、目的地にグラナダ、とカタカナで入力すればOKです。

バス

ALSAというサイトで検索できます。電車に比べると本数が多いです。深夜便もあるので時間を節約したいのなら便利かもしれません。

We make travelling by coach easier - ALSA

トップページはこんな感じ。

f:id:tabikichi:20181218080331j:plain

マドリード発のバスは時間帯によってバス停が異なるようです。時間は4時間半から5時間ほど。

飛行機

マドリードグラナダ間の航空券は、スカイスキャナー を使って検索できます。

スカイスキャナーの航空券比較

このサイトは日本語で検索できて、通貨単位も自由に変えられるのが便利です。出発地を日本以外の世界中の空港に設定できるので、ヨーロッパ住まいの自分にとってなくてはならないサイトです。

f:id:tabikichi:20181218083750j:plain

トップページはこういう感じ。直行便はイベリア航空から出ていて、1時間5分で到着します。

と、このように3種類の移動方法がありますが、安くて移動時間の短い電車&バスで行くことにして、14:35発の電車を予約しました。ひとり30ユーロでした。 

 

アルハンブラ宮殿の一番シンプルな予約方法

アルハンブラ宮殿は公式のチケットサイトで予約できます。

tickets.alhambra-patronato.es

初めて見てみるとたくさんの種類のチケットが並んでいてよくわかりません。

f:id:tabikichi:20181218094542j:plain

どうしてこんなに種類があるのか?

それは、アルハンブラ宮殿というのがひとつの建物ではなく、敷地内の複数の建物や庭園を合わせたものだからです。

そしてその中に無料で入れるエリア(チケットを見せなくても見学できる)と、有料チケットで入れるエリアが混在してます。これが大事。

以下が有料の3つの施設です。

ナスル宮殿(Nasrid Palace)=いわゆるアルハンブラ

f:id:tabikichi:20181218093248j:plain

アルハンブラ、と聞いて思い描くイスラムな装飾。こういうのが見れるのがナスル宮殿です。むしろナスル宮殿でしか、こういうものは見れません。

だからアルハンブラっぽいものを見るなら、ナスル宮殿がセットになっているチケットを買わないと、大変残念な結果になります。

アルカサバ(Alcazaba

f:id:tabikichi:20181218093926j:plain

要塞の跡地です。イスラムな装飾はありませんが、見晴らしがよく、グラナダの街やアルバイシン地区を見渡せます。

ヘネラリフェ(Generalife)=庭園

f:id:tabikichi:20181218094336j:plain

これは建物ではなく、庭です。

この3つの有料エリアを全部見られるのが、最上段に出てくる「Alhambra General」です。これを買っておくのが一番簡単、間違いなしです。

Purchase Ticketをクリックして、画面に従って進み、希望日時などを入力できます。日にちを選ぶと「Access Time To The Nasrid Palaces」と出てくるので好きな時間を選びます。

ナスル宮殿(Nasrid Palace)だけ時間制

一番メジャーで一番観光客が殺到するナスル宮殿のみ、30分単位の時間予約制です。

f:id:tabikichi:20181218095219j:plain

入場前には行列が出来てました。ナスル宮殿の予約時間の1時間前にはアルハンブラ宮殿の敷地内にいること、30分前には列のところに並んでおくのがよさそうです。

日本語ガイド付き現地ツアーを利用する

公式サイトの予約はハードルが高い・・・入場時間までにちゃんと入れるか不安。。。と言う場合は、安心の日本語ガイドツアーもおすすめです。 

【プライベートツアー】アルハンブラ宮殿(+ナスル宮殿)&へネラリーフェ離宮1日観光ツアー<日本語・英語/コスタ・デル・ソルまたはグラナダ発>

トップページはこんな感じ。

f:id:tabikichi:20181219010308j:plain

日本語ガイドが付くので、目で見て楽しむだけじゃなく、宮殿にまつわる歴史などの知識も深まります。口コミ評価もけっこう高いです。 

 

マドリードの観光ルート

マドリードの想定観光ルート1日目です。初日は10時頃市内に到着する予定なので、それからの観光ルートです。

f:id:tabikichi:20181218110137j:plain

マドリードの旅行目的は美術館めぐり。無謀かもしれませんが、1日目に3つの美術館を見るというスケジュール。無理だったら翌日に後ろ倒し、ということです。

2日目の観光ルートです。

f:id:tabikichi:20181218110550j:plain

美術館を1日目に見終わった前提で、王宮と、修道院2つ。修道院の内部見学は、二つともガイドツアーのみなので、この3つだけでけっこう時間が拘束される予感。

 

グラナダの観光ルート

旅行4日目、グラナダ1日目はアルハンブラ宮殿がメイン。

f:id:tabikichi:20181219004123j:plain

ナスル宮殿の予約が14:30なので、午前中は街歩きしながら徒歩でアルハンブラ宮殿に向かい、宮殿見学後は夕方のアルバイシン地区を歩き回る予定です。

旅行5日目、グラナダ2日目はカルトゥハ修道院に行ってみたいと思います。

f:id:tabikichi:20181219004249j:plain

最後は、カテドラルの近くから空港行きのバスが出ているので、それに乗る予定。 

 

(続く)

マドリードグラナダ旅行計画≫

  1. マドリードの美術館とアルハンブラ宮殿に行くスペイン旅行 
  2. マドリードからグラナダの移動方法・アルハンブラ宮殿の予約、それぞれの街の観光ルート ⇐今ココ

マドリードグラナダ旅行記

  1. プラド美術館とゲルニカと、抜群にセンスの良い貴族の個人コレクション
  2. 美術館の合間に食べた、マドリードのバル・タパスやスペイングルメ
  3. マドリードからグラナダへ、電車(+バス)で移動
  4. アルハンブラ宮殿と、アラブな雰囲気のアルバイシンの街歩き
  5. 大聖堂とカルトゥジオ会派の修道院

アルハンブラ物語 上 (岩波文庫)