超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

ヨーロッパに住んでいる旅行好きです。バックパッカーやキャンプなどはしません(できません)・・・。公共交通機関ばかり利用してきた、これまでの個人旅行記録と旅のHow To。

【キプロス旅行記】3:古代の遺跡とモザイクのリゾート、パフォス1日観光。郊外の修道院も訪問

キプロス旅行記その3です。古代遺跡とモザイクが世界遺産のパフォスに移動。

目次

 

モザイクと遺跡とリゾートのパフォス

ニコシアから早朝のバスに乗って2時間、朝9時前にパフォスのバスターミナルに着きました。

昨日とは変わって晴れ!嬉しい!

バスターミナルからは、たくさん出ている路線バスの一つに乗車。ホテル名を出して聞いてみたら、このバスに乗れば良い、と教えてもらえました。

住宅街を抜けてリゾートホテルの並ぶ道路で降ります。

f:id:tabikichi:20190326025846j:plain

 

パフォスの古代遺跡めぐり

ホテルに荷物を預けて身軽になったら、さっそくパフォス観光です。

 

マリーナとパフォス城

f:id:tabikichi:20190326025938j:plain

ホテルの並ぶ道路をてくてく歩く。目的地は港の先っぽにあるパフォス城。

f:id:tabikichi:20190326030007j:plain

雨上がりで、冬だけどなんかぬるくてあったかくて、キプロスはいいところだなあ。

f:id:tabikichi:20190326030054j:plain

暖かいとは言っても冬。それなのに、マリーナでは海水浴してる白人がちらほらいて、驚きます。

f:id:tabikichi:20190326030420j:plain

ずっと向こうに見える小さい四角いのが、パフォス城です。

横の埠頭の先にだれか人がいる?とおもったら、よくわからない彫像でした。

f:id:tabikichi:20190326030128j:plain
f:id:tabikichi:20190326030222j:plain

後ろ手でカレイっぽい魚を持っている。

f:id:tabikichi:20190326030323j:plain
f:id:tabikichi:20190326030326j:plain

港で見つけた変な船。

f:id:tabikichi:20190326030530j:plain

到着です。中に入ったり上に登ったりするのには入場料がかかりました。

f:id:tabikichi:20190326030628j:plain

キプロス島の海岸線。

f:id:tabikichi:20190326030709j:plain

箱型の武骨な感じが良いです。

 

パフォスのモザイク

そのまま考古学公園に来ました。モザイクを見られる、野外博物館です。

f:id:tabikichi:20190326034547j:plain

パンフレットをもらいましたが、ものすごくアバウトな地図しかない。ほかの観光客の集まり具合を見ながら歩く。最初に見たモザイクは、アイオンの館。

f:id:tabikichi:20190326034614j:plain

中は床一面の素晴らしいモザイクが保存されてました。

f:id:tabikichi:20190326034649j:plain

色がきれい。この時代のモザイクはほんと、人物や動物が生き生きとしてて見ごたえがあります。

f:id:tabikichi:20190326034710j:plain

次、テセウスの館。

f:id:tabikichi:20190326034829j:plain

ここは野ざらし。この円形の、ミノタウロスのモザイクは見事でした。見た中でいちばん好き。周りを囲む模様はミノタウロスの迷宮を現しているのだそう。

床モザイクなので、なかなか全景を見るのが難しいです。

f:id:tabikichi:20190326034959j:plain

最後に、ディオニソスの館。

f:id:tabikichi:20190326035207j:plain

f:id:tabikichi:20190326035228j:plain

f:id:tabikichi:20190326035232j:plain

f:id:tabikichi:20190326035234j:plain

ここは、かなり広いけど、幾何学的なモザイクが多くて、人物の絵は上の写真くらいしかなかったです。

この考古学公園はものっすごく広いので、全部見ようとすると、すごい時間と体力を使うことになりそう。

f:id:tabikichi:20190326035035j:plain

f:id:tabikichi:20190326035057j:plain

必見のモザイクを見れたので、ここらで戻ります。

 

パウロの柱とパナギア・クリソポリティッサ教会

f:id:tabikichi:20190326051732j:plain

考古学公園を出てしばらく歩いたところにある、広大な敷地の遺跡。中央にあるのは15世紀のビザンティン教会建築です。

f:id:tabikichi:20190326051832j:plain
f:id:tabikichi:20190326051835j:plain

伝道の旅に出たパウロが縛り付けられ、むち打ちにされたという聖パウロの柱。

f:id:tabikichi:20190326051918j:plain

解説の看板。「驚くべきことに、中世の人々はこの柱に注意を払うことはなかった。」的な解説。それって・・・(偽物だからなのでは)と思いました。

f:id:tabikichi:20190326052057j:plain

教会のまわりにも美しい床モザイク。随分面積が大きくて豪華です。パフォスの総主教とか、そういう宮殿だったんじゃないかな。

f:id:tabikichi:20190326052147j:plain

15世紀の教会の形がまた、良い。

f:id:tabikichi:20190326052211j:plain

f:id:tabikichi:20190326052243j:plain

f:id:tabikichi:20190326052253j:plain

建物の周りを一周。良い教会建築は、360度美しいです。

f:id:tabikichi:20190326052435j:plain

中にも入れました。

f:id:tabikichi:20190326052348j:plain

遺跡の中にあってなかなか素敵な教会でした。

 

聖ソロモンのカタコンベ

幹線道路沿いの遺跡。木に短冊がたくさんつけられていて、異様な雰囲気でした。

f:id:tabikichi:20190326053457j:plain
f:id:tabikichi:20190326053500j:plain

門番猫。

f:id:tabikichi:20190326053527j:plain

洞窟の奥の方は水がたまっていて行けませんが、最初の洞窟にはイコンなどが飾ってありました。

 

タクシーチャーターで郊外の修道院と教会へ

パフォスの有名な遺跡では、もう少し離れたところに王族の墓ってのがあるのですが、ちょっと遠いのでやめました。

朝から観光しっぱなしですが、ここらで休憩。道路沿いのレストランで食事。

f:id:tabikichi:20190401214659j:plain

f:id:tabikichi:20190401214702j:plain
f:id:tabikichi:20190401214705j:plain

親切な店員さんだったので、親切ついでにタクシーを呼んでもらいました。

ここから、パフォスで一番行きたかった聖ネオフィトス修道院と、アギア・パラスケヴィ教会に行ってもらいます。

 

聖ネオフィトス修道院

まずは聖ネオフィトス修道院。かなり山の中にあります。

f:id:tabikichi:20190401214843j:plain

すごく静かだけど広い敷地で、ぱらぱらと観光客がいました。キプロス出身の聖人、ネオフィトスが修行した洞窟に建てられた修道院と教会です。

f:id:tabikichi:20190401214910j:plain

教会内は撮影禁止。ネオフィトスの遺骨が豪華な箱に入って、置いてありました。

f:id:tabikichi:20190401215012j:plain

教会と反対側、崖沿いに作られているのが、聖ネオフィトスが修行した洞窟。もともとの洞窟を保存するように建てられたのだと思いますが・・・こういう、崖と一体化している建物は大好きです。こちらは入場料がかかります。

f:id:tabikichi:20190401215109j:plain

近づくとこんな感じ。洞窟内も写真撮影禁止です。聖ネオフィトスがここで修行し、そして没したあと、洞窟内には聖ネオフィトスやキリストなどの壁画が描かれました。

写真がないのが残念ですが・・・すごく見ごたえがありました!狭くて天井の低い洞窟内いちめんに描かれた、鮮やかな壁画が素晴らしかったです。

f:id:tabikichi:20190401215427j:plain

静かな空間で、時間がゆったりしている。少し遠いけど、パフォスに行くならおすすめの観光地です。
 

アギア・パラスケヴィ教会

f:id:tabikichi:20190401221549j:plain

もう一つ見てみたかった、アギア・パラスケヴィ教会は街の中の広場みたいなところにありました。

アギア・パラスケヴィはローマで生まれた、2世紀ごろの修道女。この教会は9世紀の建築だそうです。

f:id:tabikichi:20190401221806j:plain

調味料入れの蓋みたいなドームがかわいい。

f:id:tabikichi:20190401222633j:plain

内部は写真撮影が禁止でしたが、古いフレスコ画やイコンなどが見ごたえのある教会でした。

 

ホテルが豪華だった

パフォスのホテルはゴージャスホテル。

f:id:tabikichi:20190401222833j:plain

客室にバルコニーが付いていて、海が見えるのです。

f:id:tabikichi:20190401222854j:plain

ベッドの奥のバスルームには大きい窓が付いていて、(電動でカーテンの開閉ができる)お風呂に入りながら海を見ることができます。

f:id:tabikichi:20190401223012j:plain

ホテルはパフォスのバス停の近くで探したのですが、適当なホテルがけっこう埋まっていて、しょうがないかー、と選んでみたリゾートホテル。意外に快適で満喫しました。海岸沿いは主な観光地から遠くて不便かな、と思ったけど、歩いてみるとそんなこともなく。

朝食ビュッフェは、ずらっと料理の並んだカウンターの向こうにシェフがいて、オムレツを焼いてくれるとか、そういうタイプ。西洋人の家族連れがたくさん泊まっていて、子供がいっぱいいて賑わってました。

www.booking.com

 

(続く)

キプロス旅行計画≫

  1. ヴィーナスの生まれた島・キプロスに行ってみる 
  2. 街の移動はバスで簡単。3都市&トロードス地方の行き方と観光ルート 

キプロス旅行記

  1. ニコシアの教会めぐりと博物館 
  2. ニコシアから日帰りでラルナカ観光 
  3. 古代の遺跡とモザイクのリゾート、パフォス1日観光。郊外の修道院も訪問 ⇐今ココ
  4. 再びラルナカへ。塩湖と教会とレースのレフカラ村