超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

ヨーロッパに住んでいる旅行好きです。バックパッカーやキャンプなどはしません(できません)・・・。公共交通機関ばかり利用してきた、これまでの個人旅行記録と旅のHow To。

【カリアリ旅行記】2:サルデーニャ島は、山の幸が美味しかった。カリアリ旅行記後半

サルデーニャ島の州都カリアリ、食べて歩くだけの旅行記の2日目です。

目次

 

眠い午前中は観光に向かう 

2日目の朝。相変わらず景色が素敵。

f:id:tabikichi:20190704055019j:plain

いい天気です!

f:id:tabikichi:20190706230013j:plain

アパートメントから歩いてすぐの、考古学博物館に向かって歩きます。

f:id:tabikichi:20190706230100j:plain

壁と壁に挟まれたみたいな門から、内部へ入城。

f:id:tabikichi:20190706230103j:plain


考古学博物館

f:id:tabikichi:20190706231248j:plain

最初っから、あまり観光するつもりではなかったカリアリ旅行。ですが、時間がたっぷりあるので、午前中に考古学博物館だけ行ってみることにしました。 

f:id:tabikichi:20190706231431j:plain

f:id:tabikichi:20190706231436j:plain

f:id:tabikichi:20190706231446j:plain
f:id:tabikichi:20190706231449j:plain

なんか可愛げのある、サルデーニャ島の発掘品。

サルデーニャって書いてある石板が展示されてました。

f:id:tabikichi:20190706231606j:plain

考古学博物館を出た後は、ベンチでしばし休憩。・・・というか、気持ちよかったのでちょっと寝ました。

f:id:tabikichi:20190706231714j:plain

そのあと、だらだら丘を降りていきます。

f:id:tabikichi:20190706231758j:plain

 

ドゥオモ、路地、テラッツァ・ウンベルト

f:id:tabikichi:20190706233310j:plain

見晴らしの良いポイントから見るカリアリ

建物は南イタリアっぽいカラフルさと、少しくたびれた感じが雰囲気あります。

f:id:tabikichi:20190706233341j:plain

例えばこんなかんじ。

f:id:tabikichi:20190706233450j:plain

窓が埋められて、手すりだけ残ってました。

f:id:tabikichi:20190706233511j:plain

これは市庁舎?っぽい。

f:id:tabikichi:20190706233534j:plain

何かイベントがある日だったみたいで、マーチングバンドみたいな演奏者が楽器を持ってうろうろしてました。

その隣に見えてきたのが、ドゥオモ。

f:id:tabikichi:20190706233628j:plain

ファサード、素敵です!

f:id:tabikichi:20190706233656j:plain

少し後ろに下がったところから見上げるドゥオモも、街に溶け込んでてまた素敵。

f:id:tabikichi:20190706233809j:plain

このあたりは路地の雰囲気もすごくいい感じのところでした。

f:id:tabikichi:20190706233903j:plain

f:id:tabikichi:20190706233907j:plain

f:id:tabikichi:20190706233909j:plain

路地を辿って、海が見えてくるまで。

通りを抜けると、テラッツァ・ウンベルトの展望台に出ます。広い!

f:id:tabikichi:20190706233953j:plain

手すりから覗いたところ。

f:id:tabikichi:20190709223320j:plain

ここ、昨日アパートメントに向かう途中に見た、壮麗な建築物の上の広場でした。

見下ろすと道路、街、向こうに海。

f:id:tabikichi:20190709223413j:plain

反対側もすごく広い。

f:id:tabikichi:20190709223452j:plain

このあたりのイタリアっぽい景色。

f:id:tabikichi:20190710003010j:plain

f:id:tabikichi:20190710003016j:plain

f:id:tabikichi:20190710003028j:plain 

サルデーニャの家庭料理は山の幸がうまかった

そろそろお昼です。この日は日曜日なので、街の中はけっこう閑散としてました。

f:id:tabikichi:20190710003202j:plain

閉まってるお店も多い中、大人数で賑わうレストランを見つけたのが、ここ。

f:id:tabikichi:20190710003257j:plain

中は地元住民?親戚一同でしょうか、大勢でテーブルを囲んで座ってます。子供もいる。

f:id:tabikichi:20190710003350j:plain

メニューには単品料理の値段が書いてなくて、前菜・パスタ・デザートでいくら、前菜・パスタ・メインとデザートでいくら、というような値段が書いてました。どのコースもハウスワインが付いてます。海系のメニューがあったかどうか、忘れてしまいました。

f:id:tabikichi:20190710003752j:plain
f:id:tabikichi:20190710003755j:plain

前菜。左は豆と羊の腸の煮込み。右はカタツムリです。

タツムリは最初どうやって食べるのかわかりませんでしたが、隣のテーブルを見ると、殻をフォークで抑え、テーブルにあるつまようじで身を取り出す、ということをやってました。なんなら手とつまようじでもいいみたい。

この2皿は、すっごく美味しかったです!普段食べたい。

f:id:tabikichi:20190710004055j:plain

パスタは細長いプレートに二人分乗ってきました。詰め物パスタ、クルルジョネスとつぶつぶのフラゴラ。フラゴラの具はまたしてもカタツムリを選びました。手前の詰め物パスタ、中身はペコリーノ・ロマーノとすりおろしたジャガイモでした。これらもとっても美味しかったです。

f:id:tabikichi:20190710004408j:plain

そしてデザート。これも、すっごく美味しかった!

手前のミニケーキみたいなのは温めてあって。ポットの中身は甘い系のリキュール。クッキーも、はちみつを使ってるっぽくて、素朴だけど完璧なスイーツ。

食事も含めてかなり感動の美味しさでした。

島ってことで魚を食べなければ!と思ってたところがあったけど、チーズとかカタツムリとか羊とか、山の幸の方が美味しかったのはちょっとした発見でした。

 

最後までのんびり

f:id:tabikichi:20190710005023j:plain

相変わらず紫がきれいな並木道。

f:id:tabikichi:20190710005158j:plain

港沿いの通りでは、子供のバレーボール祭りみたいなのが開かれてました。

f:id:tabikichi:20190710005216j:plain

カフェトリノで休憩。ちなみに、隣にはカフェローマがあります。

f:id:tabikichi:20190710013038j:plain

港沿いをフラフラしたら空港へ。

f:id:tabikichi:20190713200619j:plain

f:id:tabikichi:20190713200623j:plain

食べて歩いて、昼寝するくらいしかしなかったけど、楽しかったです。市場に行けなかったのがちょっとだけ心残りでした。