超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

ヨーロッパに住んでいる旅行好きです。バックパッカーやキャンプなどはしません(できません)・・・。公共交通機関ばかり利用してきた、これまでの個人旅行記録と旅のHow To。

【ブレーシャ】ミラノから日帰りで行くブレーシャ(5時間)

f:id:tabikichi:20180501003030j:plain

2017年1月。ミラノ滞在中に、日帰りで行って帰ってこれる都市のうち、世界遺産の博物館が見ごたえありそうなブレーシャに行ってみることにしました。

 

目次 


魅惑の北イタリア 

北イタリアには魅力的な都市がたくさんあります。どこも歴史があってなおかつ存在感もあり。必ず世界遺産の何かがあったりして、面白そう。

ミラノに何日間か滞在するうち、これらの都市のどれかに日帰りで行ってみたいと思い、近郊都市への電車での時間を調べてみました。

 ミラノから1時間未満・・・モンツァパヴィアピアチェンツァ
 ミラノから1時間前後・・・トリノベルガモ、ブレーシャ、クレモナ。
 ミラノから1時間半・・・ヴェローナジェノヴァ
 ミラノから2時間・・・マントヴァパドヴァ

 

ミラノからの日帰りにブレーシャがちょうどいい理由

日帰りするのに手軽な、片道1時間までの都市の中からブレーシャを選択したのは、距離の手頃さと、他都市に比べて観光がコンパクトそうだったから。

それと、サンタ・ジュリア博物館が世界遺産に登録されていること。とりあえずここだけ見れば主要な観光も終わるし、満足できそうです!

他の都市は旧市街全体が世界遺産だったり、面白そうな教会や美術館がたくさんあって、日帰りでは全部見切れず消化不足に陥りそう。こういう都市は別途、日帰りではなく日を改めて訪れたいところです。

 

ブレーシャの見所

サンタジュリア博物館 

f:id:tabikichi:20180501001954j:plain

Brescia Musei

世界遺産に登録されている博物館です。古代ローマ時代の邸宅跡に建てられたサン・サルヴァトーレ教会を含む複合施設。この施設だけでかなり見ごたえがありそう。

ロトンダ

f:id:tabikichi:20180501002038j:plain

Duomo Vecchio。この街の旧ドゥオーモです。

ドゥオーモ

f:id:tabikichi:20180501002103j:plain

Duomo Nuovo。新ドゥオーモ。大理石のファサードが威厳たっぷり。ロトンダと新旧並んで建っています。

カピトリーノ神殿

f:id:tabikichi:20180501002155j:plain

ローマ時代、ウェスパシアヌス帝が建てた神殿跡。

ロッジア

f:id:tabikichi:20180501002219j:plain

現在も市庁舎として使われている、15世紀の建物。

トジオ・マルティネンゴ市立絵画館

f:id:tabikichi:20180501002239j:plain

Brescia - Brescia Tourism

1500年代のマルティネンゴ・ダ・バルダ宮内にある絵画館。(9年間修復中だったものを、最近再オープンしたようです)

ブレーシャの城塞博物館

f:id:tabikichi:20180501002314j:plain

Brescia Musei - Musei del Castello

ブレーシャの丘の上にある城塞。内部が博物館になっています。

 

ミラノからブレーシャへの行き方

Trenitaliaのサイトで調べてみると、ミラノ中央駅からブレーシャは、大体20分に1本の割合で電車が出ていて、本数は十分。ヴェネツィア行きの電車に乗れば良いみたいです。(2017年1月時点)

かなりの本数が出ているので、電車は特段予約はせず、駅で切符を買うことにしました。一応、11時にブレーシャに到着することを想定。帰りは16時の電車でミラノに帰る予定です。

 

ブレーシャ想定観光ルート  

f:id:tabikichi:20180501002438j:plain

滞在時間5時間を想定した観光ルートです。メインはサンタ・ジュリア博物館。他の観光地に行けなくても、ここは時間をかけて見学したい。

もし時間が余りそうだったら、城塞の方へ足を延ばしてみるのも面白そうです。

 

(続く)