超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

ヨーロッパに住んでいる旅行好きです。バックパッカーやキャンプなどはしません(できません)・・・。公共交通機関ばかり利用してきた、これまでの個人旅行記録と旅のHow To。

Tips★日本語と異なるヨーロッパ各都市の英語発音(教養のある人はスルーで。)

f:id:tabikichi:20180322005517j:plain

ミュンヘン」は英語ではない

これは英語のできない自分が遭遇した事案をきっかけにした記事です。
英語の素養のある人、教養のある人はスルーしてください。

ヨーロッパの各都市名は日本では全部カタカナで発音&表記可能です。
カタカナで書いてあるから、何となくそのまま英語でも通用するのでは、と思いませんか?!
自分がそうでした。

なので、空港のトランジットで「ミューニック」と言われて、??・・・。何のことを言っているかさっぱりわからなかったのです。後でミュンヘンが英語でミュニックと言うのを知って衝撃でした。

日本語で広く流通している都市名が、英語発音の読みではないことに初めて気が付いたのです。
日本語読みでは、だいたい、現地の国の読み方をそのままカタカナにしてるみたいですね。カタカナって便利~。

 

そこで、自分の教養のなさを戒めるためにも、日本語と英語で読みが異なる代表的都市をピックアップしてみました。
今後の旅行先などによって、更新予定です。

 

日本語と英語で読みが異なる都市

ドイツ

ミュンヘン →Munich ミュニック
ライプツィヒ →Leipzig ライプツィク

オーストリア

ウィーン →Vienna ヴィエナ

フランス

パリ →Paris パリス
ニース →Nice ナイス

チェコ

プラハ →Prague プラーグ
(国名ですが、チェコ →Czech チェック)

イタリア

ローマ →Rome ローム
ジェノヴァ →Genoa ジェノア
トリノ →Turin テュリン
ベネチア →vennice ヴェニス
ナポリ →Naples ネイプルズ
シチリア →Sicily シシリー
パドヴァ →Padua パドゥア
フィレンツェ →Florence フローレンス

スイス

チューリッヒ →Zurich ズューリック
ジュネーブ →Geneva ジニーヴァ

ギリシャ

アテネ →Athens アセンス

ポーランド

ワルシャワ →Warsaw ワルソウ

オランダ

デンハーグ → The hague ザヘイグ

ロシア

サンクトペテルブルク →Saint Petersburg セントピーターズバーグ


ざっとこんなところです・・・

オランダ、ロシアの最後の2つは英語の無機質さが際立ちますね。

ミュンヘン、パリ、ローマ、ウィーンの空港なんかは、乗り換えで利用することも多いので、これらの英語発音は頻繁に聞くことになるでしょう。

 

英語以外の各国語の都市名はもっと自由

ちなみに、英語以外の各国語による都市発音もすごい乖離が生じていて、例えば、

イタリア語
ロンドン →Londra ロンドラ、パリ →Parigi パリージ

フランス語
ジェノバ →Gênes ジェン、ワルシャワ →Varsovie ヴァルソヴィ

ドイツ語
ジュネーブ →Genf ゲンフ、ニース →Nizza ニッツァ

もう、好き勝手呼んでますって感じ。

 

なお、調べてみると、こんなことが。

イタリア語のミュンヘン → Monaco モナコ
イタリア語のモナコ →Monaco モナコ

まさかの発音一緒。これ、どうしてるんだろう。。。