超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

ヨーロッパに住んでいる旅行好きです。バックパッカーやキャンプなどはしません(できません)・・・。公共交通機関ばかり利用してきた、これまでの個人旅行記録と旅のHow To。

【スイス旅行記】2:吹雪きで街歩きどころではなかった、ザンクト・ガレンと修道院図書館

スイスの田舎メルヘンの街歩きの旅。2日目はザンクト・ガレン世界遺産の図書館を観に行きます。

(旅行計画はこちら)

【スイス】バロックな修道院図書館と、田舎っぽいメルヘンを求めてスイス辺境の街へ。(2日と半日) - 超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

【スイス】ザンクト・ガレンとその周辺の街歩き。行き方と想定観光ルート(2日と半日) - 超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

(前回の記事) 

tabikichi.hatenadiary.com

 

目次

 

吹雪きで街歩きは断念

ザンクト・ガレンに到着してみたら、雪でした。可愛い家とか探しながら街歩きのはずでしたが、寒いです。

f:id:tabikichi:20180812235111j:plain

f:id:tabikichi:20180812235120j:plain

ちらちら降ってくる雪が途中で吹雪いてきたりして、ここら辺で限界。

f:id:tabikichi:20180813000323j:plain

どこか暖かいところへ!と思って、出窓が素敵なカフェに避難しました。

f:id:tabikichi:20180812234920j:plain

そんなにお腹は空いてなかったけど、美味しそうなパンの匂いにつられて、サンドイッチなども注文。美味しかったです。

f:id:tabikichi:20180812234932j:plain
f:id:tabikichi:20180812234935j:plain
f:id:tabikichi:20180812234941j:plain
f:id:tabikichi:20180812234949j:plain

寒いときはお腹に何か入れると速攻で暖まりますね。

 

カフェの後は、近くにある教会を見学。

f:id:tabikichi:20180812235019j:plain
f:id:tabikichi:20180812235035j:plain

 

世界遺産ザンクト・ガレン修道院と図書館

そして、ザンクト・ガレン修道院へ。二つの塔は18世紀のものです。

f:id:tabikichi:20180812235054j:plain

修道院図書館へは、こちらの入り口から。

f:id:tabikichi:20180812235147j:plain

入ってみると、ここは普通に図書館としても利用できるようになってます。

なお、残念ながら内部は撮影禁止。

ロッカーに荷物を預けて、靴やブーツのまま履ける巨大スリッパを履き、いざ図書室の中へ。

f:id:tabikichi:20180812235205j:plain

すごい!素敵でした。これも18世紀のものだと思いますが、入り口の木の扉からしてもうすごく雰囲気ありました。

そして木の本棚、象嵌の木の床の感じがエレガント・・・バロックあふれる天井画は言うまでもなく。

 

写真が撮れないのにじゃあ上の写真は何なんだってことですが、これです。

f:id:tabikichi:20180812235332j:plain

出入り口近くに、「ここに行ってきたよ~」写真のための撮影スポットがあるのでした。

この足跡マークの上に立って、自撮りしたり人に撮ってもらうなどして満足せよ、ということです。

 

そのままお隣の大聖堂に入りました。ここも、装飾がすごく素敵。 

f:id:tabikichi:20180813000041j:plain

バロック特有の装飾なのですが、部分的にしか施されてなかったりするおかげで、すっきりした印象。

f:id:tabikichi:20180813000057j:plain

その中でも美しい、金属製の扉。この内側は聖歌隊席ですが、入れるのはガイドツアーのみのようです。

f:id:tabikichi:20180813000303j:plain

 

テキスタイルミュージアム

ザンクト・ガレン修道院図書館の次に行ってみたかった、テキスタイルミュージアムに行きました。

f:id:tabikichi:20180813004437j:plain

入り口上にレースをかたどったオブジェが付いているのですが、この吹雪でまさに吹き飛ばされそうな、臨場感あふれる感じに。

f:id:tabikichi:20180813004552j:plain
f:id:tabikichi:20180813004918j:plain

内部の様子とチケット。昔の布とか、服とかが展示されてました。

可愛かったのはこちら。1890‐1920年代の刺繍モチーフ。

f:id:tabikichi:20180813004619j:plain

これも。蝶々を追いかけるサンタっぽい妖精。かわゆい。

f:id:tabikichi:20180813004702j:plain

あと、ザンクト・ガレンのレースは世界中で人気だった・・・というようなことを示す絵だと思うのですが、その中に侍がいたので思わず激写。

f:id:tabikichi:20180813004807j:plain

 

歴史博物館

悪天候だけどまだ時間があるので、少し遠くの歴史博物館まで行ってみました。

f:id:tabikichi:20180813005111j:plain

入り口はこれ。なかなか雪深いところを通りました。f:id:tabikichi:20180813005322j:plain

アフリカとかエジプト関連の展示があったりするのですが、昔のザンクト・ガレンの宿屋とかを部屋ごと展示しているところが良かったです。

f:id:tabikichi:20180813010100j:plain

これは床屋。美容室かな?

f:id:tabikichi:20180813010120j:plain

 

この後は、肉屋さんの店先でソーセージ買って、夕食ってことにしました。(前日のスイス料理がまだ残っている。)

f:id:tabikichi:20180813010311j:plain

 

(続く)

 

≪スイス旅行計画≫

  1. バロックな修道院図書館と、田舎っぽいメルヘンを求めてスイス辺境の街へ。 
  2. ザンクト・ガレンとその周辺の街歩き。行き方と想定観光ルート 

≪スイス旅行記≫ 

  1. メルヘン感あふれる小さな街を、はしごして街歩き 
  2. 吹雪きで街歩きどころではなかった、ザンクト・ガレンと修道院図書館 ⇐今ココ
  3. アッペンツェルの可愛い街なみとチューリッヒ美術館