超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

ヨーロッパに住んでいる旅行好きです。バックパッカーやキャンプなどはしません(できません)・・・。公共交通機関ばかり利用してきた、これまでの個人旅行記録と旅のHow To。

【ミストラとモネンバシア旅行記】引き続きミストラ。遺跡の中の充実のビザンティン教会群をじっくり堪能

ミストラ遺跡の教会めぐり、後半です。ビザンティン教会を見に、ミストラ遺跡へ。

 

目次

 

ミストラ遺跡内の教会めぐりを堪能中

前回の記事に引き続き、ミストラでビザンティン教会建築をじっくり見学中です。

 

ペリブレプトス修道院 

f:id:tabikichi:20180913050229j:plain

ペリブレプトス修道院に来ました。ここは、教会が岩によりかかるように建っていて格好いい!

f:id:tabikichi:20180913050421j:plain

こんな形のようです。

f:id:tabikichi:20180913052124j:plain

回り込んで見てみるとこんな感じ。岩との一体感がたまりません。

f:id:tabikichi:20180913050453j:plain

この角度も素晴らしいです。

f:id:tabikichi:20180913050543j:plain

これも良い・・・すごく良いです。

f:id:tabikichi:20180913050623j:plain

内部のフレスコ画もすごく良かったです。ここと、この前に見たパンタナッサ修道院は、ミストラで外せないトップ1,2だと思います。

f:id:tabikichi:20180913050802j:plain

ここは14世紀の建築です。キリストの洗礼は登場人物がたくさんいてゴージャス。ヨルダン川に魚も泳いでいて楽し気です。

f:id:tabikichi:20180913051009j:plain

マリアの死の場面かな。違うかもだけど、背景にたくさんの人物が描かれていて、精霊ぽいもので覆われている感じとか、面白い。f:id:tabikichi:20180913051130j:plain

最後の晩餐。背景の建物が描きこまれている感じ、使徒たちの表情や顔の向きが異なっている感じ、それまでのビザンティン様式からの発展を感じます。f:id:tabikichi:20180913051421j:plain

こちらも背景の建物が特徴的。f:id:tabikichi:20180913051800j:plain

この絵がすごく良かったです。そそり立つ岩とマリアと幼子イエスf:id:tabikichi:20180913051901j:plain

この建物は、外から行ける二階があったのですが、係の人に止められて入れませんでした。何か工事していたのかもしれません。

外観も内部も見ごたえある、大満足の修道院でした。

 

ミストラの街、ビザンティンの家その2

修道院を出て道沿いに歩きます。

個人の礼拝堂?みたいな小さなビザンティン建築。こういうのもかなり好き。

f:id:tabikichi:20180913054239j:plain
f:id:tabikichi:20180913054242j:plain

途中、倉庫みたいな教会を発見しました。

f:id:tabikichi:20180913054325j:plain
f:id:tabikichi:20180913054354j:plain

アギオス・クリソストモス聖堂。閉まってました。

しばらくして修復中の大きな建物を発見。

f:id:tabikichi:20180913054515j:plain

先ほど見たのよりもだいぶ贅沢な、ビザンティン様式の家です。

f:id:tabikichi:20180913054556j:plain

これもそうでしょうか。こんな感じで修復中のものがけっこうありました。

f:id:tabikichi:20180913054613j:plain

小道。

f:id:tabikichi:20180913055322j:plain

これはミストラの街の共同の井戸?か、貯水施設だそうです。

f:id:tabikichi:20180913054751j:plain

説明もありました。

f:id:tabikichi:20180913055421j:plain

この道をまっすぐ行くとミトロポリ聖堂(府主教座聖堂)が見えてきます。

f:id:tabikichi:20180913055611j:plain

 

ミトロポリ聖堂(アギオス・ディミトリオス教会)

f:id:tabikichi:20180913070850j:plain

いつの間にか下の方の入口近くまで歩いてきてました。ミトロポリ聖堂です。ミストラに残る教会の中で一番古く、13世紀後半のものだそうです。ミトロポリとは府主教座という意味。

f:id:tabikichi:20180913071013j:plain

この教会はバシリカ型の建築プランにドームが載っているという、ミストラでしか見られない形なのだそうです。 

f:id:tabikichi:20180913071247j:plain

内部です。

f:id:tabikichi:20180913071047j:plain

後ろに説教壇?っぽいもの。

f:id:tabikichi:20180913071201j:plain

中央の床に、ギリシャ正教会の紋章のレリーフが埋まってます。

f:id:tabikichi:20180913071335j:plain

ドームのパントクラトールは星が瞬いていてファンタスティック。

f:id:tabikichi:20180913071522j:plain

この教会もフレスコ画が面白かったです。

f:id:tabikichi:20180913071605j:plain

最後の審判かな。

f:id:tabikichi:20180913071621j:plain

太った人とキリスト。ここでも背景が描きこまれているのが面白い。

f:id:tabikichi:20180913071814j:plain

魚をかたどった本置き場?魚が本を支えている。

f:id:tabikichi:20180913071919j:plain

ここは敷地内の建物の2階が博物館になっています。展示物は少ないです。

f:id:tabikichi:20180913072116j:plain
f:id:tabikichi:20180913072213j:plain

2階から中庭を見下ろすとこんな感じ。

f:id:tabikichi:20180913072252j:plain

エヴァンゲリストリア聖堂の付近から、ミトロポリ聖堂の屋根を眺められます。もこもこたくさんあるドームが可愛い。

f:id:tabikichi:20180913082401j:plain

やたらと人懐っこかった猫。後ろからと、前から。

f:id:tabikichi:20180913072548j:plain
f:id:tabikichi:20180913072334j:plain

 

アギイ・テオドリ聖堂

f:id:tabikichi:20180913074905j:plain

ミトロポリ聖堂を後ろにしてしばらく進むと見えてくる、大きなドームを持つ典型的なビザンティン建築です。

f:id:tabikichi:20180913075008j:plain

入口はこちら。

f:id:tabikichi:20180913075150j:plain

でも、少し回り込んで、後陣部から見たところが最高です。

・・・もう、惚れ惚れします。典型的なビザンティン建築。この形、このドーム、そしてバランスの良さ。

f:id:tabikichi:20180913075226j:plain

ダフニ修道院やオシオス・ルカス修道院と同じ八角形のドームを載せたタイプで、この様式だと一番年代が新しいものだそうです。14世紀の建築です。

f:id:tabikichi:20180913075632j:plain

内部の装飾はほとんどなくなってます。

f:id:tabikichi:20180913075623j:plain

巨大なドーム内部のパントクラトールも失われていました。

f:id:tabikichi:20180913075740j:plain

わずかに残ったフレスコ画

f:id:tabikichi:20180913075814j:plain
f:id:tabikichi:20180913075817j:plain

 

エヴァンゲリストリア聖堂

f:id:tabikichi:20180913082008j:plain

ここは、閉まっていて入れませんでした。

f:id:tabikichi:20180913082058j:plain

なので、行ける範囲で周囲から外観を愛でました。

この角度が一番バランス良くて良いです。

f:id:tabikichi:20180913082050j:plain

後陣部から、角度をつけて。

f:id:tabikichi:20180913082211j:plain
f:id:tabikichi:20180913082217j:plain

最初の角度から見た感じがやはり良いです。

f:id:tabikichi:20180913082305j:plain


アフェンディコ聖堂(オディギトリア聖堂)

f:id:tabikichi:20180913085015j:plain

最後の教会です。

f:id:tabikichi:20180913085153j:plain

正面です。

f:id:tabikichi:20180913085233j:plain

修道院を構成する教会ということで、周りにも色々建物の廃墟がありました。 

f:id:tabikichi:20180913085254j:plain

内部です。

f:id:tabikichi:20180913085329j:plain

シリカ型にドーム、という様式です。ここが元祖のようです。

f:id:tabikichi:20180913085420j:plain

数は多くないですが、ところどころ残っているフレスコ画はなかなか面白いです。

f:id:tabikichi:20180913085455j:plain

太った人。太った人の描き方がなんかリアル。

f:id:tabikichi:20180913085603j:plain

壺が気になります。

f:id:tabikichi:20180913085610j:plain

外の後ろの方には、よくわからない用途の建物がありました。

f:id:tabikichi:20180913085653j:plain

ロバがつながれてました。

f:id:tabikichi:20180913085916j:plain

近寄ってみて、後ろから、前から。

f:id:tabikichi:20180913085847j:plain
f:id:tabikichi:20180913085850j:plain

 

ミストラ遺跡の観光終了(4時間)

f:id:tabikichi:20180913090055j:plain

下の方のメインゲートから出て、ミストラ観光の終了です。朝8時のオープンからたっぷり4時間かけての見学でした。すごく楽しかった!

f:id:tabikichi:20180913091326j:plain

5月でしたが、日が高くなるとかなり暑かったです。ここは盛夏に来てはいけない場所ですね。

あと、特に城塞の辺りは登山道かっていうくらいの坂でした。靴もトレッキングシューズでちょうど良い感じ。歩き回る見学としてのボリュームもちょうど良かったと思います。来てよかった。大満足です。

 

ランチ

ミストラ遺跡を出たら、道沿いに街の方向に下って行って、一番初めにあったレストランに入りました。

f:id:tabikichi:20180913091456j:plain

4時間歩いたあとの炭酸が体にしみます。料理はギリシャのラザニア、ムサカ。

f:id:tabikichi:20180913091459j:plain
f:id:tabikichi:20180913091501j:plain

食後に、お店の人にタクシーを呼んでもらいました。ここからスパルタのKTEL.Lakonia バスターミナルまで10分程度。この後バスでモネンバシアに向かいます。

 

 

(続く)

≪ミストラとモネンバシア旅行計画≫

  1. 東ローマ帝国最後の都市の遺跡と天然要塞の半島。ギリシャのペロポネソス半島へ
  2. アテネから行くミストラ遺跡、モネンバシアへの行き方

≪ミストラとモネンバシア旅行記

  1. アテネからスパルタ経由でミストラへ。遺跡内の教会・修道院めぐり
  2. 引き続きミストラ。遺跡の中の充実のビザンティン教会群をじっくり堪能 ⇐今ココ
  3. 歴史的な要塞は、そのまま迷路みたいな隠れ家リゾートに。モネンバシア滞在記