超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

ヨーロッパに住んでいる旅行好きです。バックパッカーやキャンプなどはしません(できません)・・・。公共交通機関ばかり利用してきた、これまでの個人旅行記録と旅のHow To。

【アイルランド旅行記】3日目:クロンマクノイズとクロンファート教会をタクシーで回った結果

f:id:tabikichi:20180114084605j:plain

アイルランド4日間の旅行記、3日目はクロンマクノイズとクロンファート教会。アスローン駅からタクシーチャーターで2か所回ってもらい、駅に戻ってもらいました。

(旅行計画) 

【アイルランド】ケルト色濃いキリスト教・アイルランドロマネスクを巡ってみる(4日間) - 超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

【アイルランド】ダブリン拠点で行ける初期キリスト教・アイルランドロマネスク観光ルート(4日間) - 超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

 (これまでの旅行記)

【アイルランド旅行記】1日目:ダブリンの観光 - 超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

【アイルランド旅行記】2日目:ダブリンからバスでグレンダーロッホに日帰りしてみた感想 - 超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

目次

 

アスローン駅までの電車、タクシーとの交渉

3日目はクロンマクノイズとクロンファート教会。この二つは(地図上は)近いので、最寄りの鉄道駅アスローンからタクシーで行ってもらう計画です!

f:id:tabikichi:20180110101900j:plain

ダブリンからアスローンまでは電車で1時間半。

ホテル(ドゥルーリー コート ホテル (アイルランド ダブリン) - Booking.com)からヒューストン駅までは歩いて行きました。15分くらいかかります。

(ちなみにこの日の朝は出発が遅かったので、初日のダブリン観光で見られなかった、セントパトリックチャーチとクライストチャーチを見学しました。)

 

事前に11時台の電車があると調べておいたので、電車の切符はヒューストン駅の自動券売機で、出発の40分前頃に買いました。券売機では座席指定のやり方がわかりませんでした。

Ireland rail travel information - Iarnród Éireann - Irish Rail

駅の様子。行く前に写真を撮り忘れて、これは帰りに撮った写真なので暗くなってます。ヒューストン駅は始発駅なので、簡単です。掲示板を見て自分の乗る電車が入ってくるホームに行けば良い。

f:id:tabikichi:20180114071517j:plain

電車内の様子。結構予約で埋まっていました。こうやって、予約座席の上には「どこどこ駅から予約済み」と出るのです。

      f:id:tabikichi:20180114081628j:plain

アスローンで降りる我々はちょうどよく、「アスローンから予約済み」の席を見つけたので、無事1時間半を座って過ごせました。  

 

アスローン駅に着いたら、駅前に止まっているタクシーと交渉。

f:id:tabikichi:20180114081436j:plain

クロンファート教会とクロンマクノイズに行って、16時のダブリン行き電車に間に合うよう駅に戻ってほしい。

しばらく考えたりどこかに問い合わせたりしていた運転手曰く、200ユーロで行ける、とのこと。クロンマクノイズのみだったら70ユーロだよ、とも言いました。

値切る相場もよくわかんないので、200ユーロで行ってもらうことにしました。クロンマクノイズのみが70ユーロというのはガイドブックに書いてある情報の通りです。

ちなみに!「クロンファート・カテドラル」という発音ではなかなか分かってもらえませんでした。「クロンフェルト・カテドラル」という感じの発音で通じます。

 

クロンファート教会の内部見学は完全に運

クロンファート教会に行くまで、何度か地元住民に道を聞いたタクシー運転手。周りの景色もちょっと不安になるくらい、すごい田舎を走りました。

30~40分迷いながら走って、やっと着きました!クロンファート教会。

f:id:tabikichi:20180114083441j:plain

小雨交じりの天気でおどろおどろしいです。手前の煙突みたいな塔の形も、焼却炉のような不穏な形に見えてしまいます。

この教会の入り口ドア上部、三角形の部分。

 

    f:id:tabikichi:20180114084127j:plain

拡大するとこれです。このぼこぼこしたのが全部人の頭。

f:id:tabikichi:20180114084305j:plain

うーん、クレイジー。これが見たかった、アイリッシュロマネスク。

      f:id:tabikichi:20180114084755j:plain

      f:id:tabikichi:20180114084808j:plain

      f:id:tabikichi:20180114085831j:plain

      f:id:tabikichi:20180114085853j:plain

どことなく土着の呪術っぽさを残す独特のキリスト教装飾。良いです。

 

そしてもう一つ、この教会の中を見学したい。そのためには「教会の右側の白い家の住人に鍵を借りる」ということらしいのです。(事前のネット調べによる)

f:id:tabikichi:20180114085143j:plain

これです。この家で間違いないのは、別の家から出てきた人に、鍵を借りる家はここで良いのか?と聞いたから。しかし、ノックしても、チャイムを押しても、誰も出てきません。

そうです、事前に心配していたとおり「不在」なのです。以下、近所の人との会話。

 Q 教会の鍵を持っているのはあの家の人か?
 A そうだ。
 Q あの家、今誰もいないんだけど。
 A 買い物にでも行ってるんじゃないかなあ。
 Q あなたは持っていない?
 A 持っていない。(いないならしょうがないよ的な笑顔)

・・・完全に運です、これは。中を見たかったけどしょうがないです。外観を見れただけでも良しとして、タクシーに戻りました。

 

クロンマクノイズ。できれば天気がいいときに来たかった

タクシーを走らせて、次の目的地、ハイクロスが有名なクロンマクノイズへ。こちらはとても有名な観光地です。なんといっても巨大なハイクロスがすごい。

    f:id:tabikichi:20180114090929j:plain

ハイクロスのうち、特に彫刻が見事な2体は建物内に移築されていて、雨風から守られています。とにかく大きくて、かなり見ごたえがありました。

また、外は広いです。外もたくさんの修道院や教会跡、ハイクロス、ラウンドタワーで見ごたえたっぷりです。

      f:id:tabikichi:20180114091858j:plain

      f:id:tabikichi:20180114092222j:plain

      f:id:tabikichi:20180114091409j:plain

      f:id:tabikichi:20180114091502j:plain

しかし、見てお分かりのとおり舗装された道があるわけではありません・・・小雨交じりの11月は足元もぬかるみ、そして寒い!天気がいいときか、暖かい時期に来るのがおすすめです。

 

(続く) 

アイルランド旅行計画≫

  1. ケルト色濃いキリスト教・アイルランドロマネスクを巡ってみる
  2. ダブリン拠点で行ける初期キリスト教・アイルランドロマネスク観光ルート

アイルランド旅行記≫

  1. ダブリンの観光
  2. ダブリンからバスでグレンダーロッホに日帰りしてみた感想
  3. クロンマクノイズとクロンファート教会をタクシーで回った結果 ⇐今ココ
  4. キャッシェルで満たされたアイルランドロマネスク欲