超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

ヨーロッパに住んでいる旅行好きです。バックパッカーやキャンプなどはしません(できません)・・・。公共交通機関ばかり利用してきた、これまでの個人旅行記録と旅のHow To。

【アイルランド旅行記】2日目:ダブリンからバスでグレンダーロッホに日帰りしてみた感想

アイルランド4日間の旅行記、2日目はダブリンから日帰りでグレンダーロッホ。セントケビンズ社のバスで往復してみた感想です。

(旅行計画) 

【アイルランド】ケルト色濃いキリスト教・アイルランドロマネスクを巡ってみる(4日間) - 超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

【アイルランド】ダブリン拠点で行ける初期キリスト教・アイルランドロマネスク観光ルート(4日間) - 超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

 (これまでの旅行記)

tabikichi.hatenadiary.com

目次

 

グレンダーロッホ行きのバス

旅行計画を立てたときに調べたとおり、グレンダーロッホへの往復はセントケビンズ社のバスが出ています。

(参考)

tabikichi.hatenadiary.com

 

(セントケビンズ社のウェブサイト)

Glendalough St Kevins Bus Services http://www.glendaloughbus.com/

バスの出発地だという、St. Stephen’s Green North。

f:id:tabikichi:20180114015059j:plain

これグーグルストリートビューです。左側に見えるのがセントスティーブンスグリーン、大きい公園です。この公園沿いの道にたくさんの観光バスやツアーバスが発着しているようでした。

 

余談ですが、2016年11月時点のバス会社のホームページ情報では、停留所の場所が間違ってました。

しばらく間違ったバス停で待ってて、あまりにもバスが止まる雰囲気がないので、目の前のカフェに入って聞いたところ、正しいセントスティーブンスグリーンのバス停を教えてもらい、無事に乗車できたのでした。

親切な店員さん、ありがとう!そのカフェがこちら、BeanHive。

f:id:tabikichi:20180114015806j:plain

f:id:tabikichi:20180114020524j:plain

ここでカプチーノっぽいものを頼むと「チョコレートを追加するか?」と聞かれます。ぜひイエスと答えましょう、なぜならお客さんの似顔絵を描いてくれるから。

      f:id:tabikichi:20180114020140j:plain

こんな感じ。

 

グレンダーロッホの初期キリスト教修道院

f:id:tabikichi:20180114020737j:plain

グレンダーロッホにつきました。

f:id:tabikichi:20180114031258j:plain

バス停はビジターセンターの目の前に止まってくれます。帰りもここから出発。

ビジターセンターは、受付より中に入らなければお金を払う必要はありません。受付で地図を購入できます。トイレは無料。 

 

観光開始。これが11世紀のセントケビン教会です!

f:id:tabikichi:20180114021458j:plain

屋根まで石で積みあがっている。でも、農家の小屋のようだ。。。(失礼)

11世紀といえば、東方ではビザンティン様式の教会建築が大流行し、イタリアではピサの奇跡の広場にある、ピサ・ロマネスク様式の大聖堂の建築が始まった時代。

       パナギア・ハルケオン(テッサロニキ

      f:id:tabikichi:20180114023911j:plain

      ピサの大聖堂(ピサ)

      f:id:tabikichi:20180114024040j:plain

それに比べてこれは、・・・かなり素朴です。

f:id:tabikichi:20180114021911j:plain

ただ、アイルランドの初期キリスト教会群のなかで、このように完全に屋根が残っているのはかなり貴重なんだそう。 

三角形の相似がかわいい。入り口は鉄柵で覆われ、中には入れませんでした。

f:id:tabikichi:20180114022325j:plain

 

続いて大聖堂跡地。

f:id:tabikichi:20180114024531j:plain

もしもここが完全体で残っていたら、相当見ごたえのある建物だったかもしれない。かなり大きいです。 

f:id:tabikichi:20180114024803j:plain

アイルランドロマネスク装飾っぽいものの痕跡がありました。

 

周りはお墓です。この修道院跡だけなら、ガイドツアー付きでも1時間もあれば十分すぎるぐらいでしょう。

 

f:id:tabikichi:20180114025411j:plain

また、グレンダーロッホに限らずですが、ラウンドタワーは壊れにくい構造なのか、どこもきれいに残っていました。

f:id:tabikichi:20180114025615j:plain

 

グレンダーロッホはトレッキングとの組み合わせと考えるべし

ということで一番見たかった修道院・教会跡は早々に見終わってしまいました。セントケビンズ社の帰りのバスは16:30出発。あと3時間くらいあるぜよ。

なるほど、ここと何かを組み合わせたツアーしかないというのも納得です。

ビジターセンターで買った地図はそのままトレッキングコースのマップになっているので、地図を片手に2つの湖をめぐるトレッキングに出発。

f:id:tabikichi:20180114060844j:plain

f:id:tabikichi:20180114061204j:plain

思いがけず健康的な活動に。幸運なことに、天気にも恵まれたのですごく楽しかったです。雨だったら厳しかった。

ハイキングコースの途中にもキリスト教関係の廃墟があるので、飽きません。

f:id:tabikichi:20180114061459j:plain

かわゆい小鳥も見れた。

      f:id:tabikichi:20180114061113j:plain

      f:id:tabikichi:20180114061745j:plain

 

時間を見て、ビジターセンターまで戻りました。

f:id:tabikichi:20180114061933j:plain

 

結論:バス往復、初期キリスト教修道院跡を見るだけだと時間が余る

セントケビンズ社のバスを使ってグレンダーロッホに日帰する場合、現地に着くのが13時、現地を出発するのが16時30分。初期キリスト教修道院跡はそこまで大きくないので、それそ見ただけでは時間が余ります。なので、ビジターセンターで地図を買って、トレッキングと組み合わせましょう。

ただし、天気が悪かったりすると、何をすることもできないまま無為な時間を過ごすことになってしまいます。(ビジターセンターもそんなに大きくない。)

天気が不安な場合は、ツアー会社の日帰りツアーなどを使ったほうが便利かもしれません。ダブリンにはその手の一日ツアーがたくさんあるし、ホテルにもパンフレットを置いてあるので、すぐ見つかると思います。

 

 

(続く) 

Booking.com