超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

ヨーロッパに住んでいる旅行好きです。バックパッカーやキャンプなどはしません(できません)・・・。公共交通機関ばかり利用してきた、これまでの個人旅行記録と旅のHow To。

【マントヴァ旅行記】マントヴァのドゥカーレ宮殿リベンジ

エミリア・ロマーニャ州パルマ・モデナ・フェラーラの観光を始める前に、以前のマントヴァ観光で入れなかったドゥカーレ宮殿のコルテ・ヴェッキアを見に、マントヴァへ行ってきました。

 

目次

 

冬のマントヴァ

ボローニャ駅から約2時間でマントヴァに到着。

f:id:tabikichi:20180925064640j:plain
f:id:tabikichi:20180925064643j:plain

マントヴァ駅から一直線にドゥカーレ宮殿を目指します。

 

ドゥカーレ宮殿・コルテヴェッキア

f:id:tabikichi:20180925064717j:plain

コルテヴェッキアのみのチケットを購入して無事中に入れました。良かった。

最初はピサネロの部屋です。

f:id:tabikichi:20180925064822j:plain

色も少なくて、下書きにしか見えないところもありますが、目を凝らすといろいろな人物が見えてきて面白かったです。

f:id:tabikichi:20180925064923j:plain
f:id:tabikichi:20180925064926j:plain
跪く人の間後ろ、仰向けになる人
f:id:tabikichi:20180925064928j:plain
f:id:tabikichi:20180925064931j:plain
四つ這いになる人、馬上の人

下書きみたいな部分では、マントヴァっぽい城と、他のお城が描かれています。

f:id:tabikichi:20180925065133j:plain

f:id:tabikichi:20180925065136j:plain

ピサネロの絵を見たかったので嬉しい。もう少し復元されればもっと嬉しかった。

次の部屋では、ルーベンスの描いたゴンザーガ一家について解説している部屋。

f:id:tabikichi:20180925071101j:plain
f:id:tabikichi:20180925071104j:plain

真面目に読んだら興味深いのかもしれません・・・が、英語は3行以上あるともう脳がシャットアウトしてしまうので、詳しいところはよくわからないまま。

ここから、怒涛のゴージャスルームが続きます。 
天井の豪華な部屋。これぞ宮殿です。

f:id:tabikichi:20180925071917j:plain

次は天井が迷路になっている部屋。とりあえず、上を見上げて迷路を解いてみる。

f:id:tabikichi:20180925072036j:plain

f:id:tabikichi:20180925071954j:plain
f:id:tabikichi:20180925073311j:plain

部屋にはこのような彫刻も並んでいました。

f:id:tabikichi:20180925073357j:plain
f:id:tabikichi:20180925073359j:plain

次の部屋。

f:id:tabikichi:20180925073431j:plain

次です。途切れることのない豪華な天井の部屋。

f:id:tabikichi:20180925073722j:plain

f:id:tabikichi:20180925073737j:plain
f:id:tabikichi:20180925073740j:plain

次です。

f:id:tabikichi:20180925073923j:plain

目の保養になります。廊下も素敵。

f:id:tabikichi:20180925073953j:plain

f:id:tabikichi:20180925074022j:plain
f:id:tabikichi:20180925074025j:plain

星座の部屋です。

f:id:tabikichi:20180925141921j:plain

f:id:tabikichi:20180925141928j:plain
f:id:tabikichi:20180925141924j:plain

大広間。ゴージャスです。

f:id:tabikichi:20180925141957j:plain

f:id:tabikichi:20180925142000j:plain
f:id:tabikichi:20180925142003j:plain

ここからいくつか、タペストリーが壁紙みたいになった部屋が続きます。

f:id:tabikichi:20180925142041j:plain

タペストリーって、その時代は貴重だったのかもしれないけど、今見られるものはだいたい色あせてるし、素材の劣化が激しいし、あまり見てて面白いものではない・・・と思ってました。

f:id:tabikichi:20180925142134j:plain

でもこの宮殿のタペストリーは割と色鮮やかで、フレスコ画と変わらないくらい人物描写も陰影も丁寧で、見てて楽しめます。

魚を拡大。

f:id:tabikichi:20180925142530j:plain

ラファエロが下絵を描いたものらしいです。

f:id:tabikichi:20180925142632j:plain
f:id:tabikichi:20180925142635j:plain


ライトアップされたドゥカーレ宮殿をしばし鑑賞

f:id:tabikichi:20180925145342j:plain

外は真っ暗ですが、ライトアップされたサン・ジョルジョ城とドゥカーレ宮殿がかっこよくて、いろいろな角度から見てみました。

f:id:tabikichi:20180925145427j:plain

城は堅牢なものがカッコいいです。

f:id:tabikichi:20180925145516j:plain

この長い廊下みたいなのは宮殿ゾーンかも。

f:id:tabikichi:20180925145528j:plain

水路もあります。

f:id:tabikichi:20180925145611j:plain

ということで、前回のマントヴァ旅行で見られなかったコルテ・ヴェッキア観光は終了です。

もう一回マントヴァに行くことを計画したときは、まだ心のどこかで、わざわざ再訪するのめんどくさくない・・・?という思いがありましたが、やっぱり来てよかったです。前回のマントヴァ旅行で見た素晴らしいルネッサンス壁画と比べても遜色のない、印象深い宮殿でした。

f:id:tabikichi:20180925145709j:plain

 

ディナー

エルベ広場付近にあるカフェでパスタ。

f:id:tabikichi:20180925145856j:plain

f:id:tabikichi:20180925150200j:plain
f:id:tabikichi:20180925150205j:plain

ご飯を済ませたら、電車でモデナへ移動しました。翌日からのパルマ・モデナ・フェラーラエミリア・ロマーニャ州3都市観光は、以前の記事をどうぞ。

tabikichi.hatenadiary.com

 

パルマ・モデナ・フェラーラ旅行計画≫

  1. フェラーラとエミリア・ロマーニャ州の都市めぐり 
  2. 3都市+マントヴァの旅行日程と観光ルート 

パルマ・モデナ・フェラーラ旅行期≫

  1. 芸術と美食の街、パルマ。美味しいものも見どころも堪能する日帰り街歩き 
  2. モデナのエステンセ美術館、ロマネスク彫刻の大聖堂を観光 
  3. 修復中、あるいは修復前夜のフェラーラ。世界遺産のルネッサンスの街を観光・街歩き 
  4. 番外編:マントヴァのドゥカーレ宮殿リベンジ ⇐今ココ