超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

ヨーロッパに住んでいる旅行好きです。バックパッカーやキャンプなどはしません(できません)・・・。公共交通機関ばかり利用してきた、これまでの個人旅行記録と旅のHow To。

【ブダペスト】カフェと美術館、ついでに観光。ブダペスト1泊観光ルート(丸1日)

f:id:tabikichi:20190326090309j:plain

2019年3月。ハンガリーの首都ブダペストのゴージャスなカフェに行くことにしました。

 

目次

 

ブダペストの観光地

ブダペストの老舗カフェ目当てに、1泊旅行に行くことにしました。観光できる自由時間はちょうど丸1日。ほんのちょっとの時間しかありませんが、カフェのほかに観光地を調べてみたら、魅力的な観光名所がたくさん出てきました。

ブダペストの定番観光地をピックアップ。

 

セーチェーニ鎖橋

f:id:tabikichi:20190326001420j:plain

ドナウ川に最初に架けられた橋。ライオン像が立派です。

 

王宮

f:id:tabikichi:20190326001501j:plain

長いことハンガリーの歴史の中心地だった、ブダ王宮。この王宮のある一帯が王宮の丘として見どころたっぷりです。

 

マーチャーシュ教会

f:id:tabikichi:20190326001837j:plain

モザイク屋根とゴシック様式の尖塔が美しい教会。ブダペストのランドマークのひとつ。

 

漁夫の砦

f:id:tabikichi:20190326002014j:plain

マーチャーシュ教会の裏手にある砦。ここから見下ろすドナウ川は絶景の観光スポット。

 

国会議事堂

f:id:tabikichi:20190326002144j:plain

ドナウ川のほとりに建つ、壮麗な建物。

 

聖イシュトバーン大聖堂

f:id:tabikichi:20190326002243j:plain

ブダペストで最も大きな大聖堂。イシュトバーンはハンガリーの初代国王でありつつも、ハンガリーキリスト教化に尽力したため、カトリックの聖人に列聖されてます。

 

英雄広場

f:id:tabikichi:20190326002628j:plain

アンドラーシ通りの終点にある、ハンガリー建国1000年を記念して建てられた広場。

 

温泉とスパ

f:id:tabikichi:20190326003354j:plain

火山があるわけでもないのに、どうしてかはよくわかりませんが、ハンガリーは温泉が湧くのだそうです。ブダペスト市内にも有名な温泉(水着着用)がいくつかあります。

 

ハンガリー国立歌劇場

f:id:tabikichi:20190326003426j:plain

宮廷文化といえば、の豪華な歌劇場。2019年3月時点では、改装中でした。

 

ハンガリー国立美術館

f:id:tabikichi:20190326003748j:plain

ブダ城内にある美術館。ハンガリー美術の作品を集めた美術館です。

 

国立西洋美術館

f:id:tabikichi:20190325235652j:plainMuseum of Fine Arts - Budapest Museums - Museum in Budapest

ヨーロッパの美術作品を集めた美術館。ムリーリョやエル・グレコ、ほかにラファエロレンブラントブリューゲルなども所蔵。

 

ハンガリー国立博物館

f:id:tabikichi:20190326000037j:plainHungarian National Museum - Budapest Museums - Museum in Budapest

ハンガリー最大の博物館。ハンガリーの歴史を辿る展示が見ごたえありそうです。古代ローマ時代の発掘品から、初代国王イシュトバーンの装飾品、王妃エリザベートのドレスなどが展示されています。

 

地下鉄とトラム

f:id:tabikichi:20190326004331j:plain

ブダペストの街を走る、角張ってて可愛い黄色いトラム。また、ブダペストの地下鉄1号線は世界で3番目に古く、地下鉄として唯一の世界遺産に登録されています。観光の交通手段としてだけじゃなくても、乗ってみたい。

 

中央市

f:id:tabikichi:20190326004540j:plain

美食の国ハンガリーのあらゆる食材がそろう市場。ハンガリーの料理に欠かせないパプリカや、名物のフォアグラも販売されているそう。 

 

カフェをめぐって、合間に観光

今回の旅行の目的は、老舗カフェ。自由時間も丸1日と、あんまり時間もないので、観光できるのはほんのちょっとだけです。

f:id:tabikichi:20190326105641j:plain

そこで、数ある観光地の中から、アンドラーシ通りの突き当りにある国立西洋美術館だけ行ってみることにしました。ブリューゲルの作品があるようなので、ちょっと楽しみ。

 

ブダペストの観光ルート

1日目はこんな感じ。 

f:id:tabikichi:20190719020724j:plain

空港から100Eというバスに乗って、終点のデアーク・フェレンツ広場で下車。歩いてカフェジェルボーに行きます。カフェでまったりしたら、アンドラーシ通りを歩いて西洋美術館を目指します。

美術館の帰りは、途中まで地下鉄に乗ってみたい。ホテルで一休みしたら、24時まで営業しているニューヨークカフェで、ディナーです。カフェなので、お腹がそんなに空いてなくても、レストランみたいにちゃんと注文しなくていいのが便利。

2日目は川を渡ります。

f:id:tabikichi:20190719020952j:plain

ホテルの近くのバス停からバスに乗って、王宮の丘の裏側あたりで下車。当日は5番のバスに乗りました。歩いて丘を登って、ルスヴルムでカフェタイム。

マーチャーシュ教会や漁夫の砦は、もし時間があれば中を見たいですが、時間がなければ外を見るだけにします。歩いて丘を降りてセーチェーニ鎖橋を渡り、空港行きバスの出発するデアーク・フェレンツ広場がゴールです。

 

(続く)