超個人的★ヨーロッパ旅行のHow To

ヨーロッパに住んでいる旅行好きです。バックパッカーやキャンプなどはしません(できません)・・・。公共交通機関ばかり利用してきた、これまでの個人旅行記録と旅のHow To。

【ベルギー】ブリューゲルを見に、ベルギーへ行こう。(丸1日と10時間)

2016年7月。ベルギーに行ったことがなかったのと、フランドル派の絵画の中でもわりと好きな画家、ブリューゲルを見に行こうと思い立ち、土日を使ってベルギー旅行に行くことを決めました。
まずはガイドブックを見ながら、ベルギー国内で行くところをピックアップ。

 

目次

 

ベルギーの主な観光地

ブリュッセル

f:id:tabikichi:20180213091824j:plain

首都です。グランプラスや、小便小僧が有名。

 

ブルージュ

f:id:tabikichi:20180213091900j:plain

フランドル地方の水の都。行った人行った人、皆口をそろえて「いいところだったよ~」と絶賛の嵐。

 

ゲント

f:id:tabikichi:20180213091931j:plain

ブリュージュと並んで美しい景色だと評判のようです。

 

アントワープ

f:id:tabikichi:20180213091959j:plain

何が有名って、フランダースの犬の舞台で、ネロ少年のあこがれだった大画家、ルーベンスの地元でもある街。

 

リエージュ

f:id:tabikichi:20180213092026j:plain

長い階段が有名。「観光地化されていないベルギー」というのを色々なサイトで見つけましたが、ブリュッセルブルージュとは雰囲気が違うみたい。

 

ベルギーでやってみたら面白そうなこと

フランドル派絵画巡り

今回の主目的はこれです。特にブリューゲルが好きです。ルーベンスも有名ですが、画風があんまり好きではない。。。ちなみにルーベンスは、才能豊かで人脈もあり、自らの工房で弟子たちを従え、絵画を量産していた、社会的な成功者なのだそうです。フランダースの犬と共に死んでいった貧しいネロ少年が、権威と富の象徴のようなルーベンス大先生の絵に憧れたというところに、より一層悲哀を感じます。

もしネロ少年がブリューゲルの絵を見たくて見たくてしょうがなかったとしたら?そもそもブリューゲルの絵は教会には置かれなかっただろうし、農民の生活を描いたものが多かったですから、普通に見せてもらえたのではないかと思います。

”死ぬ前に・・・最後に一度だけ、ブリューゲルの「ネーデルラントの諺」が見たい・・・!”

f:id:tabikichi:20180213092242j:plain

やっぱ宗教がテーマじゃないと、あんまり感動的な話にならないですね。

そんな自分はブリューゲル派。ちなみにブリューゲルの絵は、ブリューゲル(本物)だと思って鑑賞していると、同じような絵を描いていた息子だったりして、なかなか油断のならない画家です。


チョコレートショップ巡り

f:id:tabikichi:20180213093317j:plain

ベルギーチョコレートって有名ですよね。チョコレート好きには見逃せないと思います。ただ・・・個人的理由になりますが、このベルギー旅行前1年~1年半の間に、近しい人たちが立て続けにベルギー旅行に行っており、「日本に出店してない」というショップのものも含め、大量のベルギーチョコレートをお土産にいただいたばかりでした。しばらくチョコは良いかも。。。という気分。


ベルギービール巡り

f:id:tabikichi:20180213093359j:plain

ベルギーと言えば、チョコレートよりもビールの方に反応してしまう自分。これも実はほとんどの種類を日本で飲めるのですが、やっぱ現地でビール醸造元を巡ったりすると違うのかな。。。そういう旅行も楽しそうです。しかし!

これについては、大量にお酒が飲める人を含めた大人数で行かないと、自分(少しだけ飲める)と主人(ほんの少しなら飲める)の二人だけではかなり厳しいこと間違いなし。ということでビールは、お店で売っている瓶のものを買うくらいにしておきます。


ベルギーワッフル、ベルギーフリッツ食べ歩き

f:id:tabikichi:20180213093429j:plain

さっきから出てくることが全部食べ物関連ですね。ベルギーワッフルは絶対食べたい。ふわふわのブリュッセルタイプと硬めのリエージュタイプがあるらしい。

f:id:tabikichi:20180213093443j:plain

フリッツは要するにフライドポテトですが、マヨネーズが添えられているのがベルギー風なんでしょうか。

 

ベルギーの観光時間と宿泊地

とりあえず、ブリュッセルは必ず観光するだろう。ということで、ブリュッセル空港発着の航空便を予約しました。

 1日目(土)08:20 ブリュッセル空港着
 2日目(日)20:40 ブリュッセル空港発

観光できる自由時間は、1日と10時間。結構長め。

 

ホテルは駅の近く、安心のホテルチェーン、イビス ホテル ブリュッセル オフ グランプラスを予約しました。

www.booking.com

駅から近いところにしたのは、上にあげたブリュッセル以外の都市に行くかもしれないため、です。

 

(続く)

≪ベルギー旅行計画≫

  1. ブリューゲルを見に、ベルギーへ行こう。 ⇐今ココ
  2. ブリューゲル作品を訪ねて。ブルージュも含めた観光ルート

≪ベルギー旅行記≫

  1. 充実のフランドル絵画を堪能したアントワープとブリュッセル
  2. ブルージュの街歩き、ベルギーで食べたもの